タグ:茶色い花 ( 32 ) タグの人気記事

角榛(ツノハシバミ)

d0125765_14321518.jpg

角榛(ツノハシバミ)はカバノキ科ハシバミ属(コリルス属)の落葉低木である。
コリルス属は世界に10数種が分布する。
日本にも榛(ハシバミ)と本種が分布し、属名の和名をハシバミ属という。
本種は北海道から九州にかけて分布し、山地に生える。
海外では朝鮮半島にも分布する。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
樹形は株立ち状となる。
樹皮は灰褐色で滑らかである。
葉は幅の広い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は急に尖り、縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
葉の表面は淡い緑色、裏面は緑色である。
葉の柄や葉の裏面には毛が生える。
開花時期は3月から5月である。
雌雄同株である。
葉の展開する前に花を咲かせる。
雄花序は垂れ下がる。
雌花序は芽鱗に包まれた赤い柱頭が見えて目立つ。
花の後にできる実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、棘のある角のような総苞に包まれる。
実は食用になる。
ヘーゼルナッツを採取する西洋榛(セイヨウハシバミ)は本種の近縁種である。
花言葉は「和解」である。
属名の Corylus はギリシャ語の「korus(ヘルメット)」からきている。
種小名と変種名の sieboldiana はドイツ人で日本植物の研究者だった「シーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold, 1796-1866)さんに関連した」という意味である。
花の写真は4月につくば植物園で撮った。
実の写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Corylus sieboldiana var. sieboldiana


★カバノキの仲間も少し知ってきた
 雄花を見ればこれもそうかな

d0125765_14323643.jpg

d0125765_1435173.jpg


花図鑑
植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2016-04-03 14:36 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

ディプカディ・セロティヌム

d0125765_10555682.jpg

ディプカディ・セロティヌムはユリ科ディプカディ属の多年草である。
分類体系によっては(APGIII)クサスギカズラ科とされる。
ディプカディ属は南アフリカや地中海沿岸などに40種くらいが分布する。
オオアマナ属(オルニトガルム属)に統合されることもある。
本種の原産地は南ヨーロッパや北アフリカである。
草丈は10センチから40センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
開花時期は3月から5月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、緑色の花をつける。
花の色は赤褐色のものもある。
花径は2センチくらいで、花被片は6枚である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Dipcadi の由来は調べているところだがまだ発見できていない。
種小名の serotinum は「遅咲きの」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Dipcadi serotinum


★どのような由来あるのかディプカディ
 知られぬ花に光を当てて

d0125765_10561912.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2016-01-27 10:59 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

筑紫油萱(ツクシアブラガヤ)

d0125765_18222157.jpg

筑紫油萱(ツクシアブラガヤ)はカヤツリグサ科ホタルイ属(スキルプス属)の多年草である。
スキルプス属は世界に120種くらいが分布する。
日本にも蛍藺(ホタルイ)などが分布し、属名の和名をホタルイ属という。
本種は日本固有種である。
九州の熊本県、鹿児島県に分布し、丘陵地や山地の渓流沿いなどに稀に生える。
環境省のレッドリスト(2012)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
基本種のスキルプス・ロストホルニーは中国の四川省、雲南省などに分布する。
草丈は60センチから100センチくらいである。
茎の断面は角のはっきりしない三角形である。
根際から生える葉は幅が6ミリから8ミリくらいの線形である。
開花時期は5月から6月である。
花序は褐色の小穂が2つから5つずつ集まる。
秋に赤褐色に熟し、小さなそう果(果実の中に1つだけ種子があり開かない)をつける。
属名の Scirpus はイグサかそれに似た植物のラテン名を転用したものである。
種小名の rosthornii はオーストリアの外交官で植物採集家だった「ロストホルン(Arthur von Rosthorn, 1862-1945)さんの」という意味である。
変種名の kiushuensis は「九州の」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Scirpus rosthornii var. kiushuensis


★とりあえず撮っておこうか油萱
 違いを知るは後に譲って

d0125765_18224184.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-06-15 18:26 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

ファレノプシス・ベノサ

d0125765_15533279.jpg

ファレノプシス・ベノサはラン科コチョウラン属(ファレノプシス属)の多年草である。
ファレノプシス属は東南アジアを中心に70種くらい分布する着生種である。
また、多くの園芸品種がある。
ファレノプシス・アフロディテ(Phalaenopsis aphrodite)に胡蝶蘭(コチョウラン)の和名があり、属名の和名もコチョウラン属という。
本種の原産地はインドネシアである。
スラウェシ島(セレベス島)の標高500メートルから700メートルくらいの森に生える着生種である。
草丈は20センチから30センチくらいある。
葉は分厚い楕円形である。
開花時期は夏から秋である。
花茎を伸ばし、花径4センチから7センチくらいの花を数輪つける。
花の色は黄色で、茶系の斑点が入る。
唇弁は白く、黄色や紅紫色の斑点が入る。
黄色系の胡蝶蘭(コチョウラン)の交配親となっている。
花には強い香りがある。
属名の Phalaenopsis はギリシャ語の「phalaina(蛾)+opsis(似る)」からきている。花の形が蛾に似ていることから名づけられた。
種小名の venosa は「目立った脈のある」という意味である。
写真は12月に夢の島熱帯植物館で撮った。
学名:Phalaenopsis venosa


★色合いがとてもシックで南国を
 肌に感じるベノサの花は

d0125765_1554055.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-02-10 15:56 | 秋の花 | Trackback | Comments(0)

ウォールフラワー

d0125765_15203444.jpg

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の植物の総称である。
多くの園芸品種が生まれているが、主にオールド系、ハワイアン系、コーラル系の3系統に分類されている。
ウォールフラワー(Wall Flower)は、ハワイアン系に属する。
ハワイアン系はハワイで交配された大輪種で、鑑賞価値が高く数も多い。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は周年である。
一重咲きの大輪で、花径は15~20センチくらいある。
花の色は茶系で、花冠の真ん中は赤い。
花冠はほぼ円形で、深く5つに裂けて重なり合う。
花柱は紅茶色で、柱頭は紅色、葯は黄色である。
属名の Hibiscus はギリシャ語由来で「Hibis(エジプトの女神)」の名からきているとの説があり、大形のゼニアオイ属につけられた名である。
写真は5月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Hibiscus 'Wall Flower'


★花色がとっても渋いハイビスカス
 光の加減で違って見える

d0125765_15194490.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-08-23 15:24 | 四季咲きの花 | Trackback | Comments(0)

スタンホペア・コスタリケンシス

d0125765_13374690.jpg

スタンホペア・コスタリケンシスはラン科スタンホペア属の多年草である。
スタンホペア属はメキシコからアルゼンチンにかけて55種くらい分布する着生種である。
ゴンゴラ属(Gongora)やコリアンテス属(Coryanthes)に近い仲間である。
本種の原産地は中央アメリカである。
コスタリカ、パナマ、ニカラグア、ニカラグアなどの標高700~1400メートルの林の中に生える。
草丈は20~40センチくらいである。
葉は長い楕円形である。
開花時期は4~6月くらいである。
花茎を垂らし、先に大形の花を数輪つける。
花色は淡い黄褐色で、赤褐色の斑が入る。
花径は10~12センチくらいある。
花はバニラのようなよい香りがする。
属名の Stanhopea はイギリスの貴族でロンドンの薬用植物協会の理事長だった「スタナップ(Philip Henry Stanhope, 1781-1855)さん」の名からきている。
種小名の costaricensis は「コスタリカの」という意味である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Stanhopea costaricensis



★垂れ下がる花は生気がたりないな
 いつか逢いたい元気な花に

d0125765_1338887.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-06-16 13:43 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

笠萓(カサスゲ)

d0125765_103844.jpg

笠萓(カサスゲ)はカヤツリグサ科スゲ属の多年草である。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、水辺や湿地に生える。
海外では、朝鮮半島、中国、サハリンなどにも分布する。
草丈は40~100センチくらいである。
葉は幅4~8ミリの線形である。
開花時期は4~7月である。
先のほうにつく雄花は茶色っぽく、下のほうにつく雌花は緑色である。
花の後にできる実は小堅果である。
実は結実しないことが多い。
葉が丈夫なので萓笠などをつくるのに利用されたため、この名がつけられた。
別名を蓑萓(ミノスゲ)という。
これも同様に蓑をつくるのに用いたところからきている。
属名の Carex はギリシャ語の「keirein(切る)」からきている。葉が鋭いことから名づけられた。
種小名の dispalata は「分割した」という意味である。
写真は4月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Carex dispalata


★水際を生めて笠萓花盛り
 いいのこれでも花は花よと

d0125765_10382421.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-05-03 10:39 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

カフェラテ

d0125765_14152571.jpg

カフェラテ(Caffe Latte)はバラ科バラ属の落葉低木である。
品種名はエスプレッソにミルクを入れたイタリア生まれの飲み物の名からきている。
ハイブリッドティ系(Hybrid Tea:HT)と呼ばれるものの1つで、四季咲きの大輪である。
2005年にオランダのデ・ルイータ社(De Ruiter)で作出された。
樹高は120~150センチくらいである。
樹形は半直立性である。
開花時期は5~11月である。
花径13センチくらいの丸弁ロゼット咲きの半八重である。
花の色は明るい薄茶色である。
花弁数は35~40枚くらいである。
花にはよい香りがある。
写真は11月に京成バラ園で撮った。
学名:Rosa 'Caffe Latte'

★カフェラテの名前どおりの色合いで
 ミルクのように渦巻く花びら

d0125765_14160321.jpg
花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング

[PR]
by sikino-hana | 2013-11-28 14:17 | 秋の花 | Trackback | Comments(0)

姫蒲(ヒメガマ)

d0125765_1015444.jpg

姫蒲(ヒメガマ)はガマ科ガマ属の多年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、池や沼の水辺に生える。
海外では、北半球の温帯地域から熱帯地域にかけて広く分布する。
蒲(ガマ)に比べて海岸近くに多く、内陸部には少ない。
和名の由来は、蒲(ガマ)に比べて葉が細いことからきている。
草丈は1~2メートルくらいである。
根際から生える葉は線形である。
葉の先は鋭く尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉には平行脈が走る。
開花時期は6~8月である。
茎先に円柱状の花序を伸ばす。
下につく雌花群は茶色、上につく雄花群は黄色である。
花の後にできる実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)である。
蒲(ガマ)によく似ているが、雄花群と雌花群の間に隙間があることで区別できる。
属名の Typha はギリシャ語の「沼(tiphos)」からきている。
種小名の domingensis はドミニカ共和国の「サントドミンゴ(Santo Domingo)の」という意味である。
写真は7月につくば植物園で撮った。
学名:Typha domingensis


★優しげな名前で少し救われる
 役に立つけど地味な存在
d0125765_10161471.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-07-07 10:19 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

ミレリーパーク

d0125765_12225719.jpg

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の植物の総称である。
多くの園芸品種が生まれているが、主に3系統に分類されている。
ミレリーパーク(Milree Park)もその1つで、ハワイアン系に属する。
ハワイアン系はハワイで交配された大輪種で、鑑賞価値が高く数も多い。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で互い違いに生える(互生)。
手のひら状に裂けるものもあり、葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は周年である。
花の色はオレンジがかった淡い茶色である。
花弁は大きく、ほぼ円形に咲く。
花柱はピンクで、柱頭は赤い。
タヒチで交配された。
属名の Hibiscus はギリシャ語由来で「Hibis(エジプトの女神)」の名からきているとの説があり、大形のゼニアオイ属につけられた名である。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯ドリームセンターで撮った。
学名:Hibiscus 'Milree Park'


★花色がとっても渋いハイビスカス
 名前の由来謎とけぬけど
d0125765_12231341.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-01-13 12:25 | 四季咲きの花 | Trackback | Comments(0)