大反魂草(オオハンゴンソウ)

d0125765_691777.jpg

大反魂草(オオハンゴンソウ)はキク科オオハンゴンソウ属の多年草である。
原産地は北アメリカで、ケベック州からフロリダ州にかけて分布する。
日本へは明治時代の中期に園芸植物として渡来した。
逸出したものが川岸や草地などに広がり、旺盛な繁殖力で野生化している。
種子とともに地下茎で繁殖をする。
北海道と本州を中心に分布している。
2006年2月から「外来生物法」で特定外来生物に指定され、栽培や移動ができなくなった。
草丈は1~3メートルくらいである。
茎には毛は生えておらず、白っぽい。
葉は羽状に5つから7つに深く裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は7~9月である。
茎の上部で枝分かれをし、先に黄色い花(頭花)をつける。
花径は5~7センチくらいあり、筒状花の周りに舌状花がつく。
舌状花は細長く、やや垂れ下がっている。
種子には冠毛があって風で散布される。
和名は反魂草(ハンゴンソウ)に似て花が大きいというところからきているが、実際にはあまり似ていない。
「反魂」は魂を呼び戻すという意味で、手のひら状に裂ける葉を幽霊の手に見立てたともいう。
ということは、大反魂草(オオハンゴンソウ)の名の由来も葉っぱのほうにあるのかもしれない。
写真は9月上旬に北大農学部の花木園で撮った。
学名:Rudbeckia laciniata


★草原を鮮やかな黄に染め上げて
 やりすぎたかなと大反魂草
d0125765_6105822.jpg

花図鑑
[PR]
# by sikino-hana | 2007-09-18 06:11 | 秋の花

長実の蔓黄華鬘(ナガミノツルキケマン)

d0125765_8242147.jpg

長実の蔓黄華鬘(ナガミノツルキケマン)はケマンソウ科キケマン属の越年草である。
別名を長実の蔓華鬘(ナガミノツルケマン)ともいう。
北海道から九州にかけて分布し、山地の林の中や林の縁などに生える。
海外では、朝鮮半島、中国アムールなどにも分布する。
環境省のレッドデータブックでは。「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧に登録されている。
茎は蔓状に長く伸び、100~150センチくらいになって他の草にもたれかかる。
葉は2~3回3出複葉である。
3出複葉というのは、1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形のことである。
これを2~3回繰り返すので、1つの葉は6~9枚の小葉で構成される。
小葉は3つに深く裂ける。
開花時期は8~10月である。
濃い黄色い花で、長さは2センチくらいある。
花の後につく実は細長いさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、種子は1列に並ぶ。
写真は9月に信州の上高地で撮った。
学名:Corydalis ochotensis var. raddeana(=Corydalis raddeana)


★ちょっと見は見逃しそうな花だけど
 じっくり見れば何と可愛い
d0125765_8245048.jpg

花図鑑
[PR]
# by sikino-hana | 2007-09-17 08:25 | 秋の花

洞庭藍(トウテイラン)

d0125765_2117280.jpg

洞庭藍(トウテイラン)はゴマノハグサ科ルリトラノオ属の多年草である。
クワガタソウ属とする場合もある。
日本固有種で、京都府、兵庫県、鳥取県に分布し、海岸近くに生える。
生育地が少ないことから、環境省のレッドデータブックでは、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧Ⅱ類に登録されている。
草丈は40~50センチくらいになる。
葉は長めの楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は少し尖り、縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉も茎も白い綿毛で覆われている。
開花時期は8~10月である。
茎の先に青紫の花を穂状につける。
名の由来は、瑠璃色の花の色を中国の洞庭湖の美しい水の色にたとえたものである。
江戸時代にはすでに園芸植物として栽培され、そのころにつけられた名だという。
写真は9月に都立薬用植物園で撮った。
学名:Pseudolysimachion oranatum(=Veronica ornata)


★彼方な湖水の色に憧れて
 洞庭藍の名を冠せられ
d0125765_21173041.jpg

花図鑑
[PR]
# by sikino-hana | 2007-09-16 21:17 | 秋の花

反魂草(ハンゴンソウ)

d0125765_5554372.jpg

反魂草(ハンゴンソウ)はキク科キオン属の多年草である。
北海道から本州の中部地方にかけて分布し、山地に生える。
草丈は1~2メートルになる。
葉は互い違いに生え(互生)、羽状に3つから7つに深く裂ける。
近縁種の黄苑(キオン)とよく似ているが、こちらは葉が裂けない。
開花時期は7~9月である。
茎先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、たくさんの頭花をつける。
頭花は黄色く、花径は2センチくらいである。
真ん中にたくさんの筒状花があり、周りに4~5個の舌状花がつく。
アイヌの人びとは葉を食用や薬用にしたという。
名の由来としては、薬効から「魂を甦らせる草」としたという説がある。
写真は8月に日光植物園で撮った。
学名:Senecio cannabifolius


★湿原を黄色に染めて花開く
 反魂草に目を奪われて
d0125765_5582133.jpg

花図鑑
[PR]
# by sikino-hana | 2007-09-15 05:56 | 秋の花

夏海老根(ナツエビネ)

d0125765_5314115.jpg

夏海老根(ナツエビネ)はラン科エビネ属の多年草である。
北海道の南部から九州にかけて分布し、山地のやや湿った林の中に生える。
海外では朝鮮半島の南部に分布し、台湾や中国に分布するものについても同一種とする見解もある。
環境省のレッドデータブックでは、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は20~50センチくらいである。
長い楕円形の葉を数枚つける。
葉は白みがかっていて、縦に皺がある。
開花時期は7~9月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、淡い紅紫色の花を10輪くらいつける。
垂れ下がる唇弁は紅紫色で大きく、3つに裂けている。
横に伸びる側花弁は糸状である。
上に反り返る萼片は白く、淡い紅紫色を帯びる。
距はない。
写真は9月に山中湖村の花の都公園で撮った(植栽)。
学名:Calanthe reflexa


★少しだけ時期をずらして咲く海老根
 どんな由来の隠れあるやら

d0125765_5325754.jpg

花図鑑
[PR]
# by sikino-hana | 2007-09-14 05:33 | 夏の花