<   2015年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

クリヌム・ペデュンクラツム

d0125765_1322367.jpg

クリヌム・ペデュンクラツムはヒガンバナ科ハマオモト属(クリヌム属)の常緑多年草である。
クリヌム属は世界の熱帯・亜熱帯地域などに180種くらいが分布する。
日本にも浜万年青(ハマオモト)などが分布し、属名の和名をハマオモト属という。
本種の原産地はオーストラリアニューギニア南太平洋諸島などで、湿地に生える。
英名はスワンプリリー(swamp lily)やリバーリリー(river lily)である。
浜万年青(ハマオモト)の近縁種で、分類の仕方によっては変種同士とされる。
草丈は2メートルから3メートルくらいである。17)
根際から生える葉は広い線形で、厚みと艶がある。
葉は幅が15センチ、長さが2メートルに達するものもある。
開花時期は11月から3月である。
太い花茎の先に花径10センチくらいの白い花を10輪から25輪くらい開く。
6枚の花被片は細長く、そり返っている。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
全草にアルカイドを含み有毒である。
写真は園芸品種のフェスティブ(Festive)で、葉が斑入りとなるのが特徴である。
属名の Crinum はギリシャ語の「krinon(ユリ)」からきている。花の姿がユリによく似ていることから名づけられた。
種小名の pedunculatum は「花柄のある」という意味である。
写真は12月に夢の島熱帯植物館の温室で撮った。
学名:Crinum pedunculatum(syn. Crinum asiaticum var. pedunculatum)


★浜木綿と似ているけれど大形だ
 ムード満点熱帯育ち

d0125765_1325689.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-12-06 13:08 | 冬の花

キャベツの木(キャベツノキ)

d0125765_10325548.jpg

キャベツの木(キャベツノキ)はオシロイバナ科ウドノキ属(ピソニア属)の常緑高木である。
ピソニア属は世界に50種くらいが分布する。
日本にも独活の木(ウドノキ)が沖縄と小笠原諸島に分布し、属名の和名をウドノキ属という。
(この独活の木(ウドノキ)はウコギ科タラノキ属の独活(ウド)とは異なる。)
本種はインド洋南太平洋の珊瑚礁の島々などに分布する。
また、東南アジアなどで植栽されている。
別名をサラダの木(サラダノキ)ともいう。
葉はレタスのような味がして、野菜として利用される。
また家畜の飼料にもされる。
樹高は5メートルから20メートルくらいである。
樹皮は灰褐色である。
葉は大きくて長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は柔らかく肉質で、毛は生えていない。
開花時期は6月から8月くらいである。
枝先に集散花序(枝先に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの)を出し、小さな緑白色の花をつける。
花径は4ミリくらいである。
花冠は漏斗形である。
花の後にできる実は、溝がある棍棒状のそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
表面は粘り気があってべたつく。
属名の Pisonia はオランダ人の医師で自然科学者でもある「ウイレム・ピソ(Willem Piso, 1611-1678)さん」の名からきている。
種小名の grandis は「大きな」という意味である。
園芸品種名の Alba は「白い」という意味である。
写真は12月に夢の島熱帯植物館の温室で撮った。
学名:Pisonia grandis 'Alba'


★柔らかな葉っぱの味はどんなかな
 木の葉と言えぬ大きさだよね

d0125765_1033383.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-12-01 10:40 | 果物・野菜