<   2015年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

紫玉(シギョク)

d0125765_1245252.jpg

紫玉(シギョク)はバラ科バラ属の落葉低木である。
オールドローズ(Old Rose:O)のガリカ系(Gallica:P)と呼ばれるものの1つで、一季咲きの中輪である。
ガリカ系というのはフランス薔薇(フランスバラ, Rosa gallica)が交配にかかわっている品種群で、花の色が濃い赤い花となり、棘が少ないのが特徴である。
作者は不詳だが19世紀の後半に日本で作出された。
樹高は120センチから180センチくらいである。
樹形は半横張りである。
開花時期は5月である。
花径6センチくらいのポンポン咲きの八重である。
花の色は紅紫色で、咲き進むと青味がかった紅紫色から黒味のある紅紫色へと変化する。
花弁数は100枚から150枚くらいである。
花にはダマスク系の中香がある。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Rosa 'Shigyoku'


★名の通り玉を思わす咲き方に
 日本の技の冴えを感じて

d0125765_12462719.jpg

薔薇図鑑
花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-05-30 12:49 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

ゼフィリーヌ・ドルーアン

d0125765_12464840.jpg

ゼフィリーヌ・ドルーアン(Zephirine Drouhin)はバラ科バラ属の落葉低木である。
1868年にフランスのリヨンのビゾ(Bizot)さんによって作出された園芸品種である。
オールドローズ(Old Rose:O)のブルボン系(Bourbon Rose:B)と呼ばれるものの1つである。
ブルボン系は全体的に大輪・多花性で、甘い芳香があるのが特徴である。
樹高は200センチから300センチくらいである。
樹形はつる性である。
刺はほとんどない。
開花時期は5月である。
丸弁カップ咲きの八重で、花径は6センチから7センチくらいの中輪である。
花の色は濃いローズピンクで、花弁数は20枚くらいである。
花には強い香りがある。
別名をシャルル・ボネ(Charles Bonnet)という。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
品種名の Zephirine Drouhin は園芸愛好家であったゼフィリン・ドルーアンさんの名からきている。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Rosa 'Zephirine Drouhin'


★あれこれと歴史の舞台に顔を出す
 オールドローズは華やかに咲き

d0125765_1247468.jpg

薔薇図鑑
花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-05-27 12:51 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

パパ・メイアン

d0125765_12294652.jpg

パパ・メイアン(Papa Meilland)はバラ科バラ属の落葉低木である。
1963年にフランスのアラン・メイアン(Alain Meilland)によって作出された園芸品種である。
ハイブリッドティ系(Hybrid Tea:HT)と呼ばれるものの1つで、四季咲きの大輪である。
黒薔薇と呼ばれる暗い紅色をした薔薇の代表的品種である。
1988年に世界ばら会連合(World Federation of Rose Societies)の殿堂入り品種に選ばれている。
樹高は150センチから180センチくらいである。
樹形は半直立性である。
開花時期は5月から11月である。
半剣弁高芯咲きの八重で、花の色はビロードのような暗い紅色である。
花弁数は25枚から30枚くらいで、花径は15センチくらいである。
花にはダマスク系の強い香りがある。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
園芸品種名の Papa Meilland は作出者の祖父にあたる「アントワーヌ・メイアン(Antoine Meilland, 1884-1971)」の愛称である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Rosa 'Papa Meilland'


★滑らかな生地と香りに歩み止め
 二人味わう至福の時間

d0125765_12302559.jpg

薔薇図鑑
花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-05-26 12:32 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

ロサ・ダマスケナ

d0125765_13323697.jpg

ロサ・ダマスケナはバラ科バラ属の常緑低木である。
古い時代に西アジアで作出された交配品種で、主に香水の原料として栽培されてきた。
英名はダマスクローズ(Damask rose)という。
ヨーロッパには、十字軍の遠征などで持ち込まれたものが多い。
1867年以前からあるバラをオールドローズというが、その中でダマスク系(Damask:D)と呼ばれるグループの基本種となっている。
ロサ・ガリカ(Rosa gallica)、ロサ・モスカタ(Rosa moschata)、ロサ・フェドチェンコアナ(Rosa fedtschenkoana)の3原種が関係していることがわかっている。
樹高は150センチから200センチくらいである。
樹形は木立性である。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
楕円形の小葉5枚で1組の葉となるが、稀に7枚のこともある。
小葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
枝には鉤型の刺と剛毛が多い。
開花時期は5月である。
花の色は明るいピンクで、半八重から八重の平咲きの中輪である。
花径は8センチくらいである。
花には濃厚なダマスクの香りがある。
花言葉は「美しい姿」である。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
種小名の damascena は「(トルコの)ダマスカスの」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Rosa x damascena


★突然に出てきた名前が十字軍
 彼方の歴史身近に触れて

d0125765_133254100.jpg

薔薇図鑑
花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-05-25 13:36 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

白満天星 (シロドウダン)

d0125765_8504246.jpg

白満天星 (シロドウダン)はツツジ科ドウダンツツジ属(エンキアンツス属)の落葉低木である。
エンキアンツス属はアジアに10数種が分布する。
日本にも満天星躑躅 (ドウダンツツジ)などが分布し、属名の和名をドウダンツツジ属という。
本種は日本固有種である。
本州の関東地方から四国、九州にかけて分布し、山地の岩の上などに生える。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
樹皮は淡い褐色で滑らかである。
葉は楕円形で、枝先に輪生状に集まって互い違いに生える(互生)。
葉の先は鈍く尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4月から5月である。
枝先に壷形の花を数輪下垂して咲かせる。
花の色は白いが、緑白色のものや紅色が交じるものもある。
花の長さは7、8ミリで、花冠の先は浅く5つに裂け、更に不揃いに細かく裂ける。
雄しべは10本である。
雌しべは花冠から少し突き出る。
花の後にできる実は楕円形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
秋には紅葉をする。
近縁種に紅満天星 (ベニドウダン)がある。
属名の Enkianthus はギリシャ語の「enkyos(妊娠する)+anthos(花)」からきている。膨らんだ花の形からつけられた名である。
種小名と品種名の cernuus は「前屈みの」という意味である。
写真は5月に長崎県の雲仙地獄で撮った。
撮影地のものは国の天然記念物に指定されている。
学名:Enkianthus cernuus f. cernuus


★不規則に裂けた花びら繊細で
 一味違う味わい見せて

d0125765_8505725.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-05-24 08:53 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

唐樒(トウシキミ)

d0125765_1133469.jpg

唐樒(トウシキミ)はシキミ科シキミ属(イリキウム属)の常緑高木である。
分類体系によっては(APGIII)マツブサ科とされる。
イリキウム属は東アジアや北アメリカに40種くらいが分布する。
日本にも樒(シキミ)などが分布し、属名の和名をシキミ属という。
本種の原産地は、中国の広西チワン族自治区やベトナムの北部である。
また、中国の南部やベトナム、インドなどで商品栽培されている。
別名を、大茴香(ダイウイキョウ)や八角(ハッカク)という。
英名はスターアニス(star anise)である。
古くから中華料理の香辛料として用いられてきた。
また、生薬名を大茴香(だいういきょう)といい、健胃薬、鎮痛薬としても利用される。
最近では、インフルエンザの治療薬タミフルの原料として脚光を浴びている。
樹高は10メートルから15メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は3月から5月で、秋にも花を咲かせる。
花は球形の両性花である。
花の色は黄白色、赤、濃い紅色などがある。
実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)で、6個から8個が放射状につく集合果である。
実の形が有毒な樒(シキミ)と紛らわしいため誤食事故が起きている。
属名の Illicium はラテン語の「illicio(誘惑する)」からきている。植物体に芳香があることから名づけられた。
種小名の verum は「純正の」という意味である。
写真は5月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Illicium verum


★なるほどねこれがいわゆる唐樒
 欠かせぬ味を中華に添えて

d0125765_1134569.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-05-17 11:39 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

八重咲き草の王(ヤエザキクサノオウ)

d0125765_1031254.jpg

草の王(クサノオウ)ケシ科クサノオウ属(ケリドニウム属)の越年草である。
ケリドニウム属については狭義の見解と広義の見解がある。
違いはアジアに分布するものとヨーロッパに分布するものを区別するかどうかである。
広義の場合は1属1種としてとらえる。
狭義の場合は、日本と朝鮮半島、中国に分布するものだけを草の王(クサノオウ)と呼ぶ。
日本では北海道から九州にかけて分布し、林の縁や土手などに生える。
これに対してヨーロッパから西アジアにかけて分布するを洋種草の王(ヨウシュクサノオウ:Chelidonium majus subsp. majus)と呼んでいる。
八重咲き草の王(ヤエザキクサノオウ)はこの洋種草の王(ヨウシュクサノオウ)から作出された園芸品種である。
草丈は30センチから90センチくらいである。
茎は中空である。
葉は羽状に1回から2回深く切れ込み、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5月から9月である。
葉の脇から散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、数輪の花をつける。
花の色は鮮やかな黄色で、雄しべが花弁化している。
花径は3センチくらいである。
茎や葉の黄色の汁液にはアルカロイドを含み、有毒である。
なお、「草の王」の名の由来については、「薬草の王様」説などいくつかの説がある。
属名の Chelidonium はギリシャ語の「chelidon(ツバメ)」からきている。母ツバメがこの草の汁で雛鳥の眼を洗って視力を強めるとされた。
種小名と亜種名の majus は「巨大な」という意味である。
園芸品種名の Flore Pleno は「八重咲きの花の」という意味である。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Chelidonium majus subsp. majus 'Flore Pleno'


★八重咲きの姿はどこか洋風か
 草の王とは思えぬ姿

d0125765_10312482.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-05-16 10:35 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

風鈴大根草(フウリンダイコンソウ)

d0125765_9211843.jpg

風鈴大根草(フウリンダイコンソウ)はバラ科ダイコンソウ属(ゲウム属)の多年草である。
ゲウム属は北半球やニュージーランドに50種くらいが分布する。
日本にも大根草(ダイコンソウ)などが分布し、属名の和名をダイコンソウ属という。
なお、表記の名は流通名である。
したがって、学名のゲウム・リバレで表示するものもある。
英名はウォーターアビンズ(water avens)という。
アビンズはダイコンソウの仲間のことである。
本種の原産地はヨーロッパである。
標高2100メートルまでの湿った草地や川沿いなどに生える。
草丈は15センチから40センチくらいである。
根際から生える葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)である。
茎につく葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)となる。
開花時期は5月から9月くらいである。
花弁数は5枚で、花の色はサーモンピンクである。
花は全開はせず鐘状に垂れ下がる。
萼片も5枚で紫褐色をしており、毛がたくさん生える。
雌しべの花柱は先が鉤状に曲がる。
花の後にできる実は集合果である。
属名の Geum はラテン語の「geuo(美味)」からきている。
種小名の rivale は「川に生える」という意味である。
写真は4月に京都府立植物園で撮った。
学名:Geum rivale


★色合いに個性が出てる花姿
 俯き咲けばシックに見えて

d0125765_9214389.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-05-15 09:24 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

ベルゲニア・リグラタ

d0125765_15443582.jpg

ベルゲニア・リグラタはユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属(ベルゲニア属)の多年草である。
ユキノシタ科はAPG分類体系で移行するものが多いが、この属はユキノシタ科のままである。
ベルゲニア属は中国、ヒマラヤ、中央アジアなどに10種くらいが分布する。
同属のベルゲニア・ストラケイ(Bergenia stracheyi)にヒマラヤ雪の下(ヒマラヤユキノシタ)の和名があり、属名の和名もヒマラヤユキノシタ属という。
本種の原産地はヒマラヤで、カシミール地方やブータンなどに分布する。
異名をベルゲニア・パクンビス(Bergenia pacumbis)という。
草丈は15センチから30センチくらいである。
根際から生える葉は円形ないし楕円形で、互い違いに生え(互生)てロゼット状となる。
葉の質は厚くて艶がある。
自生地での開花時期は5月から6月である。
葉の間から花茎を伸ばして総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、小さな紅紫色や白の花をつける。
花弁は5枚、雄しべは10本である。
花茎はヒマラヤ雪の下(ヒマラヤユキノシタ)より短く、萼片に毛がないのが特徴である。
そのため撮影地では毛なしヒマラヤ雪の下(ケナシヒマラヤユキノシタ)の名称を用いている。
また、文献によっては和名をカガミユキノシタとするものもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
インド大陸の伝統的医学であるアーユルヴェーダで薬用植物として多用され、止血、解熱、鎮咳などの薬効がある。
また、花の色が美しいことから園芸品種の交配親として利用されている。
属名の Bergenia はドイツ人の植物学者「ベルゲン(Karl August von Bergen, 1704-1759)さん」の名からきている。
種小名の ligulata は「舌状の」という意味である。
写真は5月に北大植物園で撮った。
学名:Bergenia ligulata(syn. Bergenia pacumbis)


★いろいろな名前があって迷いそう
 ヒマラヤ生まれは間違いないが

d0125765_15445148.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-05-14 15:47 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

錦アカリファ(ニシキアカリファ)

d0125765_11104762.jpg

錦アカリファ(ニシキアカリファ)はトウダイグサ科エノキグサ属(アカリファ属)の常緑低木である。
アカリファ属は世界の熱帯・亜熱帯地方を中心に450種以上が分布する。
日本にも榎草(エノキグサ)が分布し、属名の和名をエノキグサ属という。
本種の原産地はフィジー諸島やニューブリテン島である。
日本へは明治時代の末期に渡来した。
紅紐の木(ベニヒモノキ)と同じ仲間だが、花は目立たず葉に観賞価値がある。
英名はビーフステーキプラント(beefsteak plant)である。
若い葉は全体に赤みが強く、特に葉脈の赤い様子がレアステーキを連想させるということで名づけられた。
樹高は2メートルから3メートルくらいである。
葉は幅の広いへら形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉はつやがって大きく波打ち、葉脈に沿って赤い斑が入る。
開花時期は4月から6月である。
葉の脇から尾状花序(単性の花が穂状につき、垂れ下がる)を出す。
花には花弁はない。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Acalypha はギリシャ語の「acalephe(イラクサ)」からきている。
種小名の wilkesiana はアメリカ海軍の士官で探検家だった「ウィルクス(Charles Wilkes, 1798-1877)さんの」という意味である。
写真は6月に富山県中央植物園の温室で撮った。
学名:Acalypha wilkesiana


★ぎらぎらと輝く陽射し大好きな
 南国育ちの錦アカリファ

d0125765_11111824.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2015-05-05 11:15 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)