<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

フリズルシズル・ブルー

d0125765_7382489.jpg

パンジーはスミレ科スミレ属の園芸品種の総称である。
園芸品種の数は数千とも言われ、膨大である。
フリズルシズル・ブルーはそうした仲間の1つである。
タキイ種苗から発売されているF1フリズルシズル系に属する。
F1は First Filial Hybrid の略称で、交配された(Hybrid)雑種の(Filial)一代目(First)のことである。
優れた性質を持つ個体を掛け合わせ、両方の良い部分を受け継いだ次世代を意味する。
花弁の縁が波打つフリンジ咲きをするのが特徴である。
草丈は10~20センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は11~5月くらいである。
開花の遅いフリンジ系の中では早生である。
花径は5~7センチくらいである。
ブロッチ(花の中央に円形に現れる色の模様)には個体差がある。
花弁数は5枚だが、フリンジ咲きをするので八重咲きのように見える。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の wittrockkiana はスウェーデン人の植物学者「ウィットロック(Veit Brecher Wittrock, 1839-1914)さんの」という意味である。
写真は12月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Viora x wittrockkiana


★ふさふさの花びらどこか重たげで
 一つ一つが姿違えて

d0125765_7384278.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-12-30 07:42 | 冬の花

パンジー

d0125765_893569.jpg

パンジーはスミレ科スミレ属の園芸品種の総称である。
本来は多年草だが、日本では一年草として扱われる。
園芸名として三色菫(サンシキスミレ)の名が用いられる場合もある。
園芸品種の数は数千とも言われ、膨大である。
草丈は10~30センチくらいである。
葉は楕円形やハート形などで、互い違いに生える(互生)。
開花時期は11~5月くらいである。
花径は4~12センチくらいである。
花弁数は5枚である。
花の色や模様は多様で、八重咲きのものもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
なお、日本ではパンジーの小輪多花性の品種をビオラと呼んでいるが、両者の区別は曖昧である。
そのため、パンジー・ビオラとして並列に扱われることも多い。
花言葉は「物思い」である。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の wittrockkiana はスウェーデン人の植物学者「ウィットロック(Veit Brecher Wittrock, 1839-1914)さんの」という意味である。
写真は12月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
品種名はブルーフラッシュである。
花弁の縁が青紫色で真ん中が淡くなり、黒いブロッチが入る。ブロッチの周りの色はごく淡いクリーム色から黄色まで個体差がある。
花径は8センチくらいである。
サカタのタネから発売されているLRアリルシリーズのユニークカラー系である。
LRとはロングラン(Long Run)を略したもので、長期間咲くことから名づけられた。
学名:Viora x wittrockkiana


★物思いしているように見えないね
 寒さものかは弾けるように

d0125765_894976.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-12-28 08:11 | 冬の花

アンスリウム・ロンギフォリウム

d0125765_13421328.jpg

アンスリウム・ロンギフォリウムはサトイモ科ベニウチワ属(アンスリウム属)の常緑多年草である。
アンスリウム属は中南アメリカに1000種くらいが分布する。
日本にも明治時代には同属の紅団扇(ベニウチワ)が渡来しており、属名の和名をベニウチワ属という。
本種の原産地はブラジルである。
異名をアンスリウム・ハリシー(Anthurium harrisii)という。
草丈は60センチくらいである。
根際から生える葉は長い楕円形で、下部が2つに裂けて矢じりのような形になり、群がり生える(叢生)。
葉の先は尖り、両端の縁は波状となる。
葉の質は分厚く、表面は葉脈がへこむ。
開花時期は不定期である。
葉の間から花茎を伸ばして仏炎苞(サトイモ科の肉穂花序に見られる花序を被う大形の苞)に包まれた肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)を出すが、地味である。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)の集合果である。
属名の Anthrium はギリシャ語の「anthos(花)+oura(尾)」からきている。肉穂花序が尾のように見えることから名づけられた。
種小名の longifolium は「長い葉の」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Anthurium longifolium


★仲間とはかなり違った葉っぱだね
 地味だけれども個性たっぷり

d0125765_13423038.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-12-11 13:46 | 観葉植物

アンスリウム・キューベンセ

d0125765_1705299.jpg

アンスリウム・キューベンセはサトイモ科ベニウチワ属(アンスリウム属)の常緑多年草である。
アンスリウム属は中南アメリカに1000種くらいが分布する。
日本にも明治時代には同属の紅団扇(ベニウチワ)が渡来しており、属名の和名をベニウチワ属という。
本種の原産地はキューバやユカタン半島などである。
標高100メートルから700メートルまでの森に生える。
草丈は40センチくらいである。
根際から生える葉は倒卵形で、群がり生える(叢生)。
葉の先は尖り、両端縁は波状となる。
開花時期は不定期である。
葉の間から花茎を伸ばして緑色の仏炎苞(サトイモ科の肉穂花序に見られる花序を被う大形の苞)を出し、紅紫色の肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)を出すが、地味である。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)の集合果で、実の色は赤い。
属名の Anthrium はギリシャ語の「anthos(花)+oura(尾)」からきている。肉穂花序が尾のように見えることから名づけられた。
種小名の cubense は「キューバの」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Anthurium cubense


★この花はずいぶん長く咲いている
 地味だけれども不思議な魅力

d0125765_1711546.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-12-10 17:03 | 観葉植物

キカス・シアメンシス

d0125765_1062059.jpg

キカス・シアメンシスはソテツ科ソテツ属(キカス属)の常緑低木である。
キカス属は旧世界に95種くらい分布する。
日本にも蘇鉄(ソテツ)が分布し、属名の和名はソテツ属という。
本種の原産地はミャンマー、タイ、ベトナムなど、標高300メートル以上の山地に生える。
和名はシャム蘇鉄(シャムソテツ)とするものもある。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(2010, ver. 3.1)では絶滅危惧II類(VU)に指定されている。
樹高は1~2メートルである。
幹は太い。
葉は羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、幹の先に輪生状につく。
小葉の形は線状である。
属名の Cycas はギリシャ名の「cykas(ソテツ)」からきている。
種小名の siamensis は「シャム(タイ)の」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Cycas siamensis


★日本の蘇鉄とどこが違うかな
 葉っぱはどうか幹の様子は

d0125765_1063844.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-12-08 10:12 | 観葉植物

紅葉葉団扇(モミジバウチワ)

d0125765_14275198.jpg

紅葉葉団扇(モミジバウチワ)はサトイモ科ベニウチワ属(アンスリウム属)の蔓性常緑多年草である。
アンスリウム属は中南アメリカに1000種くらいが分布する。
日本にも明治時代には紅団扇(ベニウチワ:Anthurium scherzerianum)が渡来しており、属名の和名をベニウチワ属という。
本種の原産地はコロンビア、エクアドル、ペルー、ブラジルなどである。
本種は蔓性で、気根を伸ばして樹木や岩に着生する。
葉は手のひら状に裂け、小葉は7枚から15枚になる。
小葉の形は線状の披針形(笹の葉のような形)である。
小葉の先は尖り、縁は波状になる。
仏炎苞(棒状の花を包み込む苞を仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたもの)は淡い緑色、肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)も緑色で、花はあまり目立たない。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)の集合果である。
もっぱら葉を観賞する。
属名の Anthrium はギリシャ語の「anthos(花)+oura(尾)」からきている。肉穂花序が尾のように見えることから名づけられた。
種小名の polyschistum は「たくさん深裂した」という意味である。
写真は10月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Anthurium polyschistum


★仲間とはちょっと違った姿だね
 アンスリウムの葉っぱも裂ける

d0125765_14284622.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-12-07 14:30 | 観葉植物

ニッパ椰子(ニッパヤシ)

d0125765_13363091.jpg

ニッパ椰子(ニッパヤシ)はヤシ科ニッパヤシ属の常緑小高木である。
1属1種のマングローブ植物である。
日本では沖縄県の西表島にのみ分布する。
環境省のレッドリスト(2012)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
海外では、フィリピン、マレーシア、インド、南太平洋諸島、オーストラリアなどに分布する。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver.3.1, 2010)では軽度懸念(LC)に指定されている。
樹高は9メートルくらいまで育つ。
根茎はマングローブ湿地の土の中を這う。
葉は披針形(笹の葉のような形)の羽状葉である。
開花時期は7月から8月くらいである。
雌雄同株で、雄花序と雌化序がある。
雄花序は尾状花序、雌花序は頭状花序で、花弁は6枚である。
果実は球状の集合果である。
種子は海流散布によって分布を広げる。
和名は属名の読みからきている。
属名の Nypa はマレーシアなどでの現地名からきている。
種小名の fruticans は「低木状の」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Nypa fruticans


★名前だけ知っていたけど調べれば
 そうだったのかと出合いの喜び

d0125765_13364823.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-12-06 13:40 | 観葉植物

ツンベルギア・キルキー

d0125765_954753.jpg

ツンベルギア・キルキーはキツネノマゴ科ヤハズカズラ属(ツンベルギア属)の常緑小低木である。
読み方は流儀によって異なり、ツンベルギア・カーキーとするものもある。
ツンベルギア属はアフリカや南アジアの熱帯地域に100種くらいが分布する。
同属のツンベルギア・アラタ(Thunbergia alata)に矢筈葛(ヤハズカズラ)の和名があり、属名の和名もヤハズカズラ属という。
本種の原産地は東アジアである。
樹高は1メートルに満たない。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、葉の縁の真ん中あたりに突起がある。
開花時期は周年である。
葉の脇に濃い青紫色をした漏斗状の花をつける。
花の長さは3~6センチくらいである。
花冠の先は5つに裂け、喉の部分は淡い黄色である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Thunbergia はスウェーデンの植物学者「ツンベルク(Carl Peter Thunberg, 1743-1828)さん」の名からきている。
種小名の kirkii はイギリス人の医師で自然科学者だった「カーク(John Kirk, 1832-1922)さんの」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Thunbergia kirkii


★新しいツンベルギアに出合ったよ
 カーキーの名はどこかで聞いた

d0125765_96128.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-12-04 09:08 | 四季咲きの花