<   2014年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

茅萱(チガヤ)

d0125765_13164089.jpg

茅萱(チガヤ)はイネ科チガヤ属の多年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、河原や道端、荒れ地などに生える。
海外では、アジア大陸やオーストラリア大陸などに広く分布する。
草丈は30~80センチくらいである。
茎は直立している。
葉は幅広い線形でやや堅い。
粽(ちまき)は昔この葉で巻いた。
開花時期は5~6月である。
艶のある銀白色の花穂を出す。
これを茅花(ツバナ)と呼び、噛むと甘い味がする。
「万葉集」にも登場する古くからの植物である。
和名の由来には諸説があるが、茅も萱も屋根を葺くのに使われる草の総称である。
根茎は生薬名を茅根(ぼうこん)といい、利尿薬として使われる。
花言葉は「守護神」である。
広義の茅萱(チガヤ)が国際自然保護連合(IUCN)によって「世界の侵略的外来種ワースト100」に選定されている。
属名の Imperata はナポリの薬剤師「インペラタ(Ferrante Imperate, 1525?-1615?)さん」の名からきている。
種小名の cylindrica は「円筒形の」という意味である。
変種名の koenigii はドイツ人の植物学者「ケーニヒ(Johann Gerhard Koenig, 1728-1785)さんの」という意味である。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Imperata cylindrica var. koenigii(広義:Imperata cylindrica)


★緑葉の瑞々しさと穂の白さ
 コントラストよく茅萱は生えて

d0125765_13165333.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-06-27 13:18 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

ホヘンベルギア・ステラタ

d0125765_10143297.jpg

ホヘンベルギア・ステラタはパイナップル科ホヘンベルギア属の多年草である。
属名の読み方はホーエンベルギアとするものもある。
ホヘンベルギア属は中南アメリカに52種くらい分布する。
本種の原産地も中南アメリカである。
草丈は90~120センチくらいである。
根際から生える葉は幅の広い線形である。
葉には灰白色の鱗片が密生している(両面とも)。
開花時期は春から夏である。
ロゼット状に生える葉の真ん中から長い花茎を伸ばし、赤い苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)をイガのように固まって点々とつけ、中から濃い紫色の小さな花を咲かせる。
苞は長期間ついている。
属名の Hohenbergia はドイツの植物学への後援者「ホーエンベルグ王子(Prince Hohenberg, 1800's)」の名からきている。
種小名の stellata は「星形の」という意味である。
写真は6月に川口グリーンセンターで撮った。
学名:Hohenbergia stellata



★紅色の花と思えばさにあらず
 濃い紫の花顔を見せ

d0125765_1014551.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-06-26 10:17 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

ブラキコメ・マリウスブルー

d0125765_10273164.jpg

ブラキコメ・マリウスブルーはキク科ヒメコスモス属(ブラキコメ属)の多年草である。
ブラキコメ属はオーストラリアを中心に70種くらいが分布する。
属名の読み方は園芸的にはブラキカムとされる。
ブラキコメ・イベリディフォリア(Brachycome iberidifolia)に姫コスモス(ヒメコスモス)の和名があり、属名の和名はヒメコスモス属という。
一年草ないし多年草である。
夏の湿気に弱いので日本では栽培しにくいとされている。
マリウスブルーはその園芸品種である。
サイトを見ると、南フランスで改良されたもので夏の暑さに強いという記述もある。
ただし、国外のサイトを見てもその園芸品種名と思われる Marius Blue やそれに類似した名は発見できない。
ここから推測すると、日本だけで流通している名のようである。
草丈は15~20センチくらいである。
葉は羽状に細かく切れ込む。
開花時期は4~11月くらいである。
花径は2~3センチで、花(舌状花)の色は紫色である。
真ん中の筒状花は黄色い。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Brachycome は「brachys(短い)+come(毛)」からきている。実の冠毛が短いことから名づけられた。
写真は3月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:Brachycome spp.


★花壇にもハンギングにも似合ってる
 花期は長いよマリウスブルー

d0125765_10274564.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-06-25 10:29 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

錦野葡萄(ニシキノブドウ)

d0125765_1312937.jpg

野葡萄(ノブドウ)はブドウ科ノブドウ属の蔓性落葉木本である。
北方領土を含む北海道から沖縄にかけて分布し、山地や丘陵、野原などに生える。
錦野葡萄(ニシキノブドウ)はその品種の1つである。
特徴は、葉に乳白色の斑が入り美しいことである。
蔓は長さが3~5メートルくらいになる。
茎のつけ根は太く木質化する。
葉の形はほぼ円形で、3つから5つに裂ける。
葉は互い違いに生え(互生)、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉のつけ根の部分はハート形である。
開花時期は6~7月である。
葉の脇に集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、淡い黄緑色の小さな花をたくさんつける。
花弁は5枚である。
雄しべ5本と雌しべ1本がある。
花の後にできる実は球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、淡い緑色から紫色、空色などに変化する。
この実は食べられない。
茎や葉をすりつぶしたものは生薬の蛇葡萄(じゃほとう)といい、湿布薬となる。
根を乾燥したものは生薬の蛇葡萄根(じゃほとうこん)といい、関節痛などに効く。
属名の Ampelopsis はギリシャ語の「amperos(ブドウ)+opsis(外観)」からきている。ブドウに外観が似たという意味で名づけられた。
種小名の glandulosa は「腺のある」という意味である。
変種名の heterophylla は「いろいろの形の葉の」という意味である。
品種名の elegans は「優美な」という意味である。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Ampelopsis glandulosa var. heterophylla f. elegans


★ミルクでも零したような葉の姿
 驚き見れば花も咲いてる

d0125765_13122744.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-06-24 13:16 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

プリムラ・カピタタ

d0125765_18413123.jpg

プリムラ・カピタタはサクラソウ科サクラソウ属(プリムラ属)の多年草である。
プリムラ属は北半球の温帯や寒帯に500種くらい分布する。
また、多くの園芸品種が作出されているる
日本にも桜草(サクラソウ)などが分布するので、属名の和名をサクラソウ属という。
原産地は中国の南西部からチベット、ブータンにかけてである。
草丈は25~35センチである。
根際から生える葉はへら形で、ロゼット状(茎から葉が重なり合って出て地に接し、円座形になったもの)となる。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5~6月である。
茎先に散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、濃いバイオレット色の花を玉咲きさせる。
花は白い粉をふいている。
1つ1つの花冠は5つに裂け、5枚の萼片がある。
雄しべは5本、雌しべは1本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Primula はラテン語の「primos(最初)」縮小形である。プリムラ・ベリスが早春に他に花に先駆けて咲くことから名づけられた。
種小名の capitata は「頭状の」という意味である。
写真は6月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Primula capitata


★たたえたる水の深さを示すよう
 カピタタの花神秘に満ちて

d0125765_1841534.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-06-23 18:45 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

八ガ岳薺(ヤツガダケナズナ)

d0125765_14583559.jpg

八ガ岳薺(ヤツガダケナズナ)はアブラナ科イヌナズナ属の多年草である。
日本固有種である。
南アルプス白嶺三山の北岳、鳳凰山、八ガ岳、奥秩父などに分布し、高山の岩場などに生える。
このため、北岳薺(キタダケナズナ)、白鳳薺(ハクホウナズナ)の別名もある。
環境省のレッドリスト(2012)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
YListは北岳薺(キタダケナズナ)を、レッドリストは八ガ岳薺(ヤツガダケナズナ)を採用している。
草丈は5~10センチくらいである。
葉や茎に毛が密生して全体が白っぽく見える。
ルーペで見ると星のように放射状に生える毛(星状毛)である。
茎は茶色っぽく、葉がついた節ごとにジグザグに折れ曲がっている。
葉は幅の狭い卵形で、互い違いに生える(互生)。
根際から生える葉の縁には突起状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
茎につく葉は小さく、3~7枚くらい生える。
自生地での開花時期は6~7月である。
花径5~8ミリくらいの白い小さな4弁花をつける。
花の後にできる実は角果(雌しべの中にある仕切りを残して左右の殻がはがれるもの)である。
属名の Draba はギリシャ語の「draba(辛い)」からきている。他の植物につけられた名が後に転用された。
種小名の oiana は発見者である「大井一男さんの」という意味である。
写真は4月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Draba oiana(syn. Draba kitadakensis)


★ひっそりと岩場の隙に咲くという
 白鳳薺そっと眺めて

d0125765_1459745.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-06-22 15:03 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

長葉草(ナガハグサ)

d0125765_104484.jpg

長葉草(ナガハグサ)はイネ科ナガハグサ属の多年草である。
ナガハグサ属は別名イチゴツナギ属ともいい、世界に500種くらいが分布する。
本種の原産地はユーラシア大陸およびアフリカ北部で、北アメリカにも広く帰化している。
日本へは明治時代の初期に牧草として渡来した。
現在では北海道から沖縄にかけて野生化している。
北海道のブルーリストではA3ランク(北海道に定着しており、生態系等への影響が報告または懸念されている外来種)に選定されている。
草丈は30~80センチくらいである。
根際から生える葉は細長い線形で、長さが20~30センチくらいある。
開花時期は5~7月である。
穂は茎先に輪生するように枝が出て、その先に花がつく。
花の後にできる実はえい果(イネ科の果実で薄い木質の果皮が種子に密着している)である。
別名をケンタッキーブルーグラス(Kentucky bluegrass)という。
これは英名からきたものである。
刈り込みに強く、この名称で芝生として利用されている。
属名の Poa はギリシャ語の「paein(牧草)」からきている。
種小名と亜種名の pratensis は「草原に生える」という意味である。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Poa pratensis subsp. pratensis


★長い葉はきっと美味しい長葉草
 深い緑に野を彩って

d0125765_10442725.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-06-20 10:47 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

スノーベリー

d0125765_12222343.jpg

スノーベリー(snowberry)はスイカズラ科シンフォリカルポス属の落葉低木である。
原産地は北アメリカ大陸の太平洋岸である。
日本へは明治時代の末期に渡来した。
樹高は1~2メートルである。
よく枝分かれをする。
葉は幅の広い卵形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5~6月である。
長さが1センチに満たない淡い紅色をした小さな釣鐘形の花が群がるように咲くが、あまり目だたない。
結実期は9~11月である。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
直径15ミリくらいの大粒の真珠のような白い実を房状につける。
属名の Symphoricarpos はギリシャ語で「symphorein(共に生ずる)+karpos(果実)」からきている。
種小名の albus は「白い」という意味である。
変種名の laevigatus は「無毛で滑らかな」という意味である。
写真は6月に北大植物園で撮った。
実の写真は9月に北大植物園で撮った。
撮影地ではガーデン・コモン・スノーベリー(garden common snowberry)の名で表示している。
学名:Symphoricarpos albus var. laevigatus


★秋の日に訪ねて来るよもう一度
 大粒の実を見てみたいから

d0125765_1223593.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-06-19 12:24 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

マルバストルム・ラテリティウム

d0125765_9522377.jpg

マルバストルム・ラテリティウムはアオイ科エノキアオイ属(マルバストルム属)の多年草である。
マルバストルム属はアメリカ大陸に300種くらいが分布する。
同属のマルバストルム・コロマンデリアヌム(Malvastrum coromandelianum)に榎葵(エノキアオイ)の和名があり、属名の和名をエノキアオイ属という。
サイト上では、アニソドンテア属とシノニムで、マルバストルム属は旧属名だとする記述も見かける。
事実関係は調べきれていないが、YListでは Malvastrum を取り上げており、Anisodontea は取り上げていない。
本種の原産地はアルゼンチン、ウルグアイである。
草丈は10~40センチくらいである。
地面を這って横に広がる。
葉は手のひら状に3つから5つに深く裂け、互い違いに生える(互生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6~7月である。
葉の脇に花径4センチくらいの淡いオレンジ色の花を1輪ずつつける。
1つの花は1~2日花だが、次々と花を咲かせる。
5弁花で花の真ん中は黄色い。
また、その外側が赤くて、蛇の目のようになる。
葯(雄しべの花粉を入れる袋)は黄色い。
柱頭(雌しべの先端で花粉の付着する部分)は紅色である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Malvastrum はラテン語の「Malva(ゼニアオイ属)+astrum(似た)」からきている。
種小名の lateritium は「レンガ色の」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Malvastrum lateritium


★葉も花もふんわりとして可愛いよ
 遠路ようこそマルバストラム

d0125765_9525674.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-06-18 09:56 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

グレビレア・ムーンライト

d0125765_12523511.jpg

グレビレア・ムーンライトはヤマモガシ科ハゴロモノキ属(グレビレア属)の常緑低木である。
グレビレア属はオーストラリア、ニュージーランド、ニューギニアに250種以上が分布する。
同属のグレビレア・ロブスタ(Grevillea robusta)の和名を羽衣の木(ハゴロモノキ)といい、属名の和名をハゴロモノキ属という。
同属には園芸品種も多い。
ムーンライト(Moonlight)はそうした園芸品種の1つである。
樹高は5メートルくらいである。
葉は松葉のように深く切れ込み、互い違いに生える(互生)。
開花時期は春から秋である。
暖地では周年開花をする。
花弁のように見える総苞から、長い花柱の突きだした花を咲かせる。
総苞の色は黄白色である。
ブラシ状の花序の長い大輪で、長さは15センチから25センチくらいある。
花の後にできる実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)である。
属名の Grevillea はイギリスの植物収集家「グレビル(Charles Francis Greville, 1749-1809)さん」の名からきている。
品種名の Moonlight は「月明かり」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Grevillea 'Moonlight'


★大きくてとても立派な姿だよ
 クリーム色のムーンライトは

d0125765_12525355.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-06-17 12:53 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)