<   2014年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ペペロミア・グリセオアルゲンテア・バリエガタ

d0125765_1646056.jpg

ペペロミア・グリセオアルゲンテアはコショウ科サダソウ属(ペペロミア属)の多年草である。
ペペロミア属はコショウ属の近縁で、世界の熱帯・亜熱帯地方に1500種くらいが分布する。
日本にも暖地に佐田草(サダソウ:Peperomia japonica)が分布するので、属名の和名をサダソウ属という。
本種の原産地はブラジルである。
日本では観葉植物とされる。
英名はシルバーリーフ・ペペロミア(silver-leaf peperomia)という。
バリエガタ(Variegata)はその園芸品種である。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は卵円形で、ロゼット状に生える。
葉は灰色を帯びた緑色で艶がある。
葉の質は多肉質であり、葉脈は窪んで暗い色になる。
開花時期は夏である。
葉と対生して穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、小さな花をたくさんつけるが、あまり目立たない。
属名の Peperomia はギリシャ語の「peperi(胡椒)+homoios(似た)」からきている。
種小名の griseoargentea は「灰色を帯びた銀白色の」という意味である。
写真は2月に北大植物園で撮った。
学名:Peperomia griseoargentea 'Variegata'


★斑が入る丸い葉っぱは神秘的
 色合いさえも深みを見せて

d0125765_16463294.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-02-28 16:47 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

ペペロミア・クルシーフォリア・ジュエリー

d0125765_1651098.jpg

ペペロミア・クルシーフォリアはコショウ科サダソウ属(ペペロミア属)の多年草である。
ペペロミア属はコショウ属の近縁で、世界の熱帯・亜熱帯地方に1500種くらいが分布する。
日本にも暖地に佐田草(サダソウ:Peperomia japonica)が分布するので、属名の和名をサダソウ属という。
本種の原産地は西インド諸島やベネズエラである。
いくつかの園芸品種があり、日本ではそれらが観葉植物とされる。
ジュエリー(Jewelry)もそうした園芸品種の1つである。
草丈は20センチから25センチくらいである。
直立性である。
葉は幅の広い楕円形で、互い違いに生える(互生)か輪生する。
葉の色は濃い緑色で、淡い緑色の斑入りとなる。
また、周辺部に紅色が入る。
葉の質は多肉質で、先はやや尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は夏である。
葉と対生して穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、小さな花をたくさんつけるが、あまり目立たない。
属名の Peperomia はギリシャ語の「peperi(胡椒)+homoios(似た)」からきている。
種小名の clusiifolia は「(オトギリソウ科)クルシア属(Clusia)のような葉の」という意味である。
写真は2月に北大植物園で撮った。
学名:Peperomia clusiifolia 'Jewelry'


★斑の入る葉っぱが街に出回るが
 とても地味だねもとになる草

d0125765_1653511.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-02-23 16:09 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

ペペロミア・ペレスキーフォリア

d0125765_1617115.jpg

ペペロミア・ペレスキーフォリアはコショウ科サダソウ属(ペペロミア属)の多年草である。
ペペロミア属はコショウ属の近縁で、世界の熱帯・亜熱帯地方に1500種くらいが分布する。
日本にも暖地に佐田草(サダソウ:Peperomia japonica)が分布するので、属名の和名をサダソウ属という。
本種の原産地はコロンビア、ベネズエラ、ブラジルである。
日本では観葉植物とされる。
草丈は30センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、4枚くらいの葉が輪生する。
葉の質は革質で、先が尖る。
開花時期は夏である。
葉と対生して穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、小さな花をたくさんつける。
属名の Peperomia はギリシャ語の「peperi(胡椒)+homoios(似た)」からきている。
種小名の pereskiifolia は「コノハサボテン属(Pereskia)のような葉の」という意味である。
写真は2月に北大植物園で撮った。
学名:Peperomia pereskiifolia


★葉の先が尖っているのが違うかな
 仲間と言えど異なる個性

d0125765_16172454.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-02-22 16:21 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

ペペロミア・プテオラタ

d0125765_1782865.jpg

ペペロミア・プテオラタはコショウ科サダソウ属(ペペロミア属)の多年草である。
ペペロミア属はコショウ属の近縁で、世界の熱帯・亜熱帯地方に1500種くらいが分布する。
日本にも暖地に佐田草(サダソウ:Peperomia japonica)が分布するので、属名の和名をサダソウ属という。
本種の原産地はペルーである。
日本では観葉植物とされる。
英名はパラレル・ペペロミア(parallel Peperomia)という。
中国名を白脈椒草である。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、向かい合って生え(対生)、輪生する場合もある。
葉の質は革質で、淡い黄緑色の5本の筋が入る。
開花時期は夏である。
葉と対生して穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、小さな花をたくさんつける。
属名の Peperomia はギリシャ語の「peperi(胡椒)+homoios(似た)」からきている。
種小名の puteolata は「臭いのする」という意味である。
写真は2月に北大植物園で撮った。
学名:Peperomia puteolata



★細長い葉っぱが仲間と違ってる
 茎の様子も違っているね

d0125765_1784031.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-02-16 17:10 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

胡椒(コショウ)

d0125765_14331210.jpg

胡椒(コショウ)はコショウ科コショウ属の蔓性常緑低木である。
原産地はインドである。
現在では、インドネシア、マレーシア、ブラジルなど世界の熱帯地域で栽培されている。
英名はペッパー(pepper)である。
蔓性で茎は木質化しており、蔓の長さは5メートルくらいになる。
茎には節があり、楕円形の葉が向かい合って生える(対生)。
開花時期は夏である。
葉と対生して穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、白い小さな花をたくさんつける。
花の後には小さな丸い液果(果皮が肉質で液汁が多い実)をつける。
実は緑色から熟して紅色になる。
未熟な実を乾燥させて磨りつぶしたものがブラックペッパー(黒胡椒)である。
熟したものを乾燥させてから外皮を剥がして磨りつぶしたものがホワイトペッパー(白胡椒)である。
特にヨーロッパでは貴重な香辛料であった。
属名の Piper は古いラテン語の「piper(コショウ)」からきている。
種小名の nigrum は「黒い」という意味である。
写真は2月に北大植物園で撮った。
学名:Piper nigrum


★数々の歴史を生んだ胡椒の実
 蔓性なのとしげしげ眺め

d0125765_14332938.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-02-15 14:35 | 商品作物 | Trackback | Comments(0)

ツリージャーマンダー

d0125765_1663761.jpg

ツリージャーマンダー(tree jarmaner)はシソ科ニガクサ属の常緑低木である。
原産地は南ヨーロッパである。
樹高は1~2メートルくらいである。
枝は横に広がって立ち上がる。
枝も葉も銀灰色を帯びる。
ただし、古くなると毛が落ちて、艶のある濃い緑色になる。
葉はよい香りがする。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5~6月である。
花の色は淡い青紫色である。
花の形は唇形で、下唇弁は大きく3つに裂ける。
雌しべ1本と雄しべ4本が花冠から突き出る。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
花はサラダに用いられ、葉はリーフティーとされる。
属名の Teucrium はギリシャ神話の英雄「テウクロス(Teukros)」の名からきている。
種小名の fruticans は「低木状の」という意味である。
写真は2月に北大植物園で撮った。
学名:Teucrium fruticans


★透き通るブルーの花と銀の葉が
 よくマッチする海の妖精

d0125765_1664978.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-02-14 16:13 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

大明竹(タイミンチク)

d0125765_1410935.jpg

大明竹(タイミンチク)はイネ科メダケ属の多年生常緑ササ類である。
原産地は沖縄で、人里近くや海岸に近い山林に生える。
海外では、台湾や中国にも分布する。
樹高は3~5メートルくらいである。
茎は密に束生する。
葉は線状の披針形で先が尖る。
葉の質はやや薄く、先が垂れ下がる。
属名の Pleioblastus はギリシャ語の「pleios(多い)+blastos(芽)」からきている。ササに比べて節に芽がたくさん集まることから名づけられた。
種小名の gramineus は「イネ科植物のような」という意味である。
写真は2月に小石川植物園で撮った。
学名:Pleioblastus gramineus


★うっそうと大明竹は生い茂る
 葉の先垂らしトンネルつくり

d0125765_14103690.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-02-13 14:12 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

東根笹(アズマネザサ)

d0125765_16535173.jpg

東根笹(アズマネザサ)はイネ科メダケ属の多年生ササ類である。
日本固有種である。
北海道の西南部から九州にかけて分布するが、特に関東、東北地方に多い。
それが名の由来ともなっており、西日本には根笹(ネザサ)が多い。
「篠竹」と呼ばれる小形のタケササ類の代表種である。
原野、土手、道瑞、鉄道沿いなど至る所に生える。
草丈は1~3メートルくらいである。
大きいものは4~5メートルにもなる。
根茎が地中を這って増える。
茎は中空で円筒形をしている。
枝は各節から密生する。
葉は線形ないし幅の狭い披針形で、先は次第に鋭く尖る。
葉には毛は生えず、互い違いに生える(互生)。
春には地下茎から細い筍が出る。
はびこると除去に苦労をするという。
開花時期は5月くらいである。
本種は比較的花をさかせることが多いという。
葉が食品の包装に用いられるほか、かごやざるなど細工物の材料として利用される。
属名の Pleioblastus はギリシャ語の「pleios(多)+blastos(芽)」からきている。ササに比べて節に芽がたくさん集まることから名づけられた。
種小名の chino は日本語の「篠竹(シノダケ)」からきている。
写真は7月に神代植物公園で撮った。
下の写真は1月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Pleioblastus chino


★はびこれば厄介らしい笹だけど
 東根笹の緑優しく

d0125765_16543331.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-02-02 16:56 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

プラティケリウム・コロナリウム

d0125765_1223790.jpg

プラティケリウム・コロナリウムはウラボシ科ビカクシダ属の常緑多年草である。
明治時代に日本へ渡来した麋角羊歯(ビカクシダ)と同じ仲間である。
ビカクシダ属は世界の熱帯・亜熱帯地方に18種くらいが分布するシダ植物である。
本種はフィリピン、タイ、インドネシア、マレーシアなどに分布し、樹木に着生する大形種である。
和名を大麋角羊歯擬き(オオビカクシダモドキ)とするものもある。
麋(び)はオオジカを意味する。
草丈は60~200センチくらいである。
葉は栄養葉と胞子葉の2種類がある。
胞子葉が主に鑑賞する部分で、鹿の角のような形をしている。
胞子葉には星状毛(放射状に伸びる毛)が生え、裏面は白い毛で覆われている。
本種では細長く垂れ下がる。
根茎から束になって生え(束生)ている腎円形の葉は栄養葉で冠のような形をしており、水を蓄える。
属名の Platycerium はギリシャ語の「platys(広い)+ceras(つの)」からきている。葉の様子がオオジカの角のように広がることから名づけられた。
種小名の coronarium は「冠をまとった」という意味である。
写真は11月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Platycerium coronarium


★だらりんと垂れた姿と違うけど
 きっとこれから育つのだろね

d0125765_12233197.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2014-02-01 12:26 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)