<   2013年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

シェフレラ・ピュックレリ

d0125765_16532091.jpg

シェフレラ・ピュックレリはウコギ科フカノキ属の常緑小高木である。
原産地はマレーシア、インドである。
日本では鉢植えの観葉植物とされている。
旧学名からきたツピダンサス(Tupidanthus calyptratus)の名で流通している。
また、属は異なるがインド八手(インドヤツデ)という流通名も用いられている。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver. 2.3, 1994)では保全対策依存(CD)に指定されている。
樹高は6メートルから9メートルくらいである。
葉は手のひら状の複葉で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は長い楕円形で艶がある。
小葉の先は鋭く尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は冬から春である。
枝先に散形花序(枝先に1つずつ花がつく)を出し、緑白色の小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実は小さな球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、緑色から黒褐色に熟する。
属名の Schefflera はポーランドの医師「シェフラー(J. C. Scheffler, 1722-1811)さん」の名からきている。
種小名の pueckleri は人名からきているようだが由来ははっきりしない。ドイツにピュックラーの地名があり、ここからきているかもしれない。
写真は12月に夢の島熱帯植物館で撮った。
学名:Schefflera pueckleri

★ややこしいニックネームに首ひねる
 こんがらかった原因どこに

d0125765_16535644.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング


[PR]
by sikino-hana | 2013-12-31 16:56 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

細葉鬼ザミア(ホソバオニザミア)

d0125765_12163206.jpg

細葉鬼ザミア(ホソバオニザミア)はソテツ科オニザミア属(マクロザミア属)の常緑小高木である。
分類体系によってはザミア科とされる。
オニザミア属はオーストラリアに40種くらいが分布する。
本種の原産地はオーストラリアのクーインズランド州、ニューサウスウェールズ州である。
学名のマクロザミア・ミケリーで表示するものもある。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver.3.1, 2001)では軽度懸念(LC)に指定されている。
幹は主に地中生で、樹高は高くて40センチである。
葉は羽状複葉で、長さが80~180センチくらいである。
小葉の形は幅が狭くて長い線形である。
雌雄異株である。
雌花も雄花も松笠のような形をしている。
属名の Macrozamia はギリシャ語の「macros(大きい)+Zamia(ザミア属)」からきている。
種小名の miquelii はオランダ人の植物学者でオーストラリアとインドネシアの植物を研究した「ミケル(Friedrich Anton Wilhelm Miquel, 1811-1871)さんの」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Macrozamia miquelii

★いろいろな葉っぱがあるね鬼ザミア
 伸びる姿は椰子を思わせ

d0125765_12171916.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング


[PR]
by sikino-hana | 2013-12-29 12:19 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

ケラトザミア・パルマソラ

d0125765_11223719.jpg

ケラトザミア・パルマソラはソテツ科ケラトザミア属の常緑低木である。
分類体系によってはザミア科とされる。
ケラトザミア属はメキシコや中央アメリカに26種が分布する。
属名の読み方は「セラトザミア」とするものもある。
原種はほとんどが国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに登録されている。
本種は詳細は不明だが園芸品種の扱いになっている。
本種の原産地はメキシコ南西部のベラクルス州で、海岸に近い森林に生える。
樹高は120~180センチくらいである。
葉は羽状複葉で、放射状に広がる。
葉の質は革質で、小葉の形は線形である。
雌雄異株である。
雌花も雄花も松笠のような形をしている。
属名の Ceratozamia はギリシア語の「keratos(角)+Zamia(ザミア属)」からきている。
品種名の Palma Sola は地名からきている。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Ceratozamia 'Palma Sola'

★縁薄きケラトザミアが空の下
 沖縄の地は神秘に満ちて

d0125765_11231346.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング


[PR]
by sikino-hana | 2013-12-28 11:25 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

マクロザミア・レデュクタ

d0125765_10233953.jpg

マクロザミア・レデュクタはソテツ科オニザミア属(マクロザミア属)の常緑小低木である。
分類体系によってはザミア科とされる。
種小名の読み方は「レダクタ」とするものもある。
原産地はオーストラリア東南部のニューサウスウェールズ州である。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver.3.1, 2001)では軽度懸念(LC)に指定されている。
幹は主に地中生で、樹高は高くて40センチである。
葉は羽状複葉で、長さは70~150センチくらいである。
小葉の形は幅の狭い線形である。
雌雄異株である。
雌花も雄花も松笠のような形をしている。
属名の Macrozamia はギリシャ語の「macros(大きい)+Zamia(ザミア属)」からきている。
種小名の reducta は「縮小した」という意味である。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Macrozamia reducta

★いろいろな名前で呼ばれたレデュクタの
 歴史に思い馳せつ見つめて

d0125765_10240209.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング


[PR]
by sikino-hana | 2013-12-27 10:27 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

エンケファラルトス・ナタレンシス

d0125765_14304732.jpg

エンケファラルトス・ナタレンシスはソテツ科オニソテツ属の常緑低木である。
分類体系によってはザミア科とされる。
原産地は南アフリカの東ケープ州、クワズール・ナタール州で、標高200~1200メートルの地域に生える。
氷河期を生き延びた植物である。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver. 3.1, 2001)では準絶滅危惧(NT)に指定されている。
樹高6メートルくらいになる。
幹の太さは直径40センチくらいになる。
葉は羽状複葉で、長さは150~300センチくらいになる。
葉の色は濃い緑色で上にまっすぐ伸び、わずかにカーブする。
雌雄異株である。
開花時期は4~6月くらいである。
雄花も雌花も松笠のような形をしている。
属名の Encephalartos はギリシャ語の「en(中)+kephali(頭部)+artos(パン)」からきている。
種小名の natalensis は南アフリカの「ナタール(Natal)の」という意味である。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
園芸品種シルバーリーフ(Silver leafed)の表示があった。
学名:Encephalartos natalensis

★これもまた南アフリカ育ちだよ
 ここにしかない不思議のエリア

d0125765_14310542.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング


[PR]
by sikino-hana | 2013-12-26 14:33 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

ザミア・バリエガタ

d0125765_15123565.jpg

ザミア・バリエガタはソテツ科ザミア属の常緑低木である。
分類体系によってはザミア科とされる。
原産地はメキシコ、ベリーズ、グアテマラ、ホンジュラスである。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver.3.1, 2001)では絶滅危惧IB類(EN)に指定されている。
異名をザミア・ピクタという。
幹は地上に20センチくらい出る半地中生である。
葉は羽状複葉で、長さは100~200センチくらいである。
小葉の形は披針形(笹の葉のような形)で硬く、先は尖る。
葉には小さな黄色の斑点があり、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
雌雄異株である。
雌花も雄花も松笠のような形をしている。
属名の Zamia はラテン語の「zamia(マツの実)」からきている。
種小名の variegata は「斑入りの」という意味である。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Zamia variegata(syn. Zamia picta)

★斑点はどれかはっきりわからぬが
 自然のままの姿を見せて

d0125765_15131341.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング


[PR]
by sikino-hana | 2013-12-25 15:15 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

ディオーン・ルゼドウスキー

d0125765_13444314.jpg

ディオーン・ルゼドウスキーはソテツ科ディオーン属の常緑高木である。
分類体系によってはザミア科とされる。
ディオーン属は10種類がメキシコや中央アメリカに生育する。
本種の原産地はメキシコ南西部のオアハカ州で、650~850メートルの森に生える。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(2001, ver. 3.1)では絶滅危惧IB類(EN)に指定されている。
樹高は5メートルくらいである。
幹の直径は40センチくらいである。
140~180センチくらいある羽状葉は固くて艶がある。
属名の Dioon はギリシャ語の「dis(2つの)+oon(卵)」からきている。
種小名の rzedowskii はメキシコの植物学者「ルゼドウスキ(Jerzy Rzedowski, 1926-)さんの」という意味である。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Dioon rzedowskii

★メキシコに残る原始のその姿
 なくしたくないこれから先も

d0125765_13452696.jpg

花図鑑 植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
 


[PR]
by sikino-hana | 2013-12-24 13:49 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

長葉ザミア(ナガバザミア)

d0125765_11524720.jpg

長葉ザミア(ナガバザミア)はソテツ科ザミア属の常緑低木である。
分類体系によってはザミア科とされる。
原産地はメキシコの東部で、標高1000メートルまでの乾いた森に生える。
学名のザミア・ロディゲシィで表示するものもある。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver.3.1, 2001)では準絶滅危惧(NT)に指定されている。
幹は地上に20センチくらい出る半地中生である。
葉は羽状複葉で、長さは40~150センチくらいである。
小葉の形は細長い楕円形で硬く、先は尖っている。
葉柄に刺がある。
雌雄異株である。
雌花も雄花も松笠のような形をしている。
属名の Zamia はラテン語の「zamia(マツの実)」からきている。
種小名の loddigesii はイギリスの園芸業者「ロディゲス(Joachim Conrad Loddiges, 1738-1826)さんの」という意味である。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Zamia loddigesii

★立ち上がる葉っぱの様子滝のよう
 長葉ザミアは豪快そのもの

d0125765_11543153.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング 


[PR]
by sikino-hana | 2013-12-23 11:57 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

細葉鱗ザミア(ホソバウロコザミア)

d0125765_12130854.jpg

細葉鱗ザミア(ホソバウロコザミア)はソテツ科レピドザミア属の常緑低木である。
分類体系によってはザミア科とされる。
レピドザミア属はオーストラリアの固有種で、2種が知られる。
本種の原産地はオーストラリアの東部で、クイーンズランド州やニューサウスウェールズ州に分布する。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver.3.1, 2001)では軽度懸念(LC)に指定されている。
樹高は4~7メートルくらいである。
幹は太さが40~80センチになり、樹皮は鱗状となる。
葉は羽状複葉で、長さは150~300センチくらいである。
小葉の形は細長い線形で艶があり、暗い緑色をしている。
属名の Lepidozamia はギリシャ語の「lepidos(麟片)+Zamia(ザミア属)」からきている。
種小名の peroffskyana はサンクトペテルブルグ植物園の後援者だったロシアの将軍「ペロフスキー(Count Peroffsky, 1794-1857)さんの」という意味である。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Lepidozamia peroffskyana

★いろいろな土地に分布が広がると
 改めて知るザミアの仲間

d0125765_12135749.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング

[PR]
by sikino-hana | 2013-12-22 12:16 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

広葉ザミア(ヒロハザミア)

d0125765_13592942.jpg

広葉ザミア(ヒロハザミア)はソテツ科ザミア属の常緑低木である。
分類体系によってはザミア科とされる。
原産地はメキシコ東部のベラクルズ州である。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver.3.1, 2001)では絶滅危惧IB類(EN)に指定されている。
樹高は1メートルくらいである。
葉や茎には毛が密生している。
葉は羽状複葉で、長さは50~150センチくらいである。
小葉の形は楕円形で硬く、先は丸い。
属名の Zamia はラテン語の「zamia(マツの実)」からきている。
雌雄異株である。
雌花も雄花も松笠のような形をしている。
種小名の furfuracea は「粉だらけの」という意味である。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Zamia furfuracea

★葉の様子仲間と少し違ってる
 ずっしりしてる広葉ザミアは

d0125765_14001617.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング


[PR]
by sikino-hana | 2013-12-21 14:03 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)