<   2013年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

小楢(コナラ)

d0125765_1249209.jpg

小楢(コナラ)はブナ科コナラ属の落葉高木である。
北海道から九州にかけて分布し、里山などに生える。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
別名を柞(ハハソ)という。
「ははそ」は古い言葉で、「母」にかかる枕詞でもあった。
樹高は15~30メートルくらいである。
幹には銀白色の縦筋が不規則に走る。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の裏面は軟毛が生えて、やや灰白色を帯びる。
乾いた場所に生える葉は小さく、湿った場所では大きくなる。
和名の由来は、水楢(ミズナラ)と比べて葉が小さいところからきている。
水楢(ミズナラ)は別名を大楢(オオナラ)ともいう。
開花時期は4~5月である。
葉の展開と同時に花を咲かせる。
雌雄同株である。
雄花序は長さが6~10センチくらいあり、長く垂れ下がる。
雌花序は短く、新しい枝の葉の脇につく。
色はいずれも黄緑色である。
花の後にできる実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、秋に熟して細長い楕円形のドングリとなる。
かつて東北地方の山村では、小楢(コナラ)のドングリは重要な食料であった。
材は木炭の原料とされるほか、椎茸(シイタケ)の原木などに使われる。
属名の Quercus はケルト語の「quer(良質の)+cuez(材木)」を語源とするこの属の一種のラテン古名からきている。
種小名の serrata は「鋸歯のある」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Quercus serrata


★生活とつながり深い小楢の木
 雄花垂らして風に揺ら揺ら

d0125765_12494434.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-09-30 12:55 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

霧島岩杪羅(キリシマイワヘゴ)

d0125765_11132846.jpg

霧島岩杪羅(キリシマイワヘゴ)はオシダ科オシダ属の常緑多年草である。
「羅」の文字にはキヘンがつくが、ここでは仮に用いている。
徳島県、宮崎県に分布し、山地の林の中や渓流沿いに生えるシダ植物である。
海外では、中国の浙江省にも分布する。
ニホンジカの食害で個体数を急速に減らしている。
環境省のレッドリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
根茎は短くて直立する。
葉身は披針形(笹の葉のような形)で、長さは35~60センチくらいある。
上部の半分くらいが幅が広く、先のほうは鋭く尖る。
胞子嚢群は中筋と葉の縁の間に並ぶ。
属名の Dryopteris はギリシャ語の「dry(樫)+pteris(羊歯)」からきている。樫の木に着生するということから名づけられた。
種小名の hangchowensis は中国の「杭州の」という意味である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Dryopteris hangchowensis


★その数がどんどん減っているようだ
 シダの仲間も大変だよね

d0125765_11174566.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-09-29 11:19 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

孟宗竹(モウソウチク)

d0125765_1348173.jpg

孟宗竹(モウソウチク)はイネ科マダケ属の常緑高木である。
原産地は中国である。
日本へは1736年に中国から薩摩藩に伝えられたという。
現在では、北海道の松前から南西諸島にかけて各地に植栽され、竹林を形成している。
しかし、伝わった場所の影響で西に多い。
和名の由来は、病床にある母のために寒中に筍を掘った三国時代の人物、孟宗にちなむ。
樹高は10~20メートルくらいになる。
葉の長さは4~8センチで、枝先に8枚くらいまでつける。
「竹の秋」という言葉があるように春に黄葉し、新しい葉に入れ替わる。
開花するのは数10年に一度で、開花すると枯れる。
俳句では、「竹の秋」が春の季語、「筍」が夏の季語である。
属名の Phyllostachys はギリシャ語の「phullon(葉)+ stachys(穂)」からきている。葉片のついた苞に包まれた花穂の形から名づけられた。
種小名の edulis は「食用の」という意味である。
写真は5月に鎌倉の長谷寺で撮った。
学名:Phyllostachys edulis


★話には聞いていたけど凄いのは
 孟宗竹の伸びる勢い

d0125765_13483695.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-09-28 13:50 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

マクロザミア・パウリグイリエルミ

d0125765_16511448.jpg

マクロザミア・パウリグイリエルミはソテツ科オニザミア属(マクロザミア属)の常緑小低木である。
分類体系によってはザミア科とされる。
原産地はオーストラリアの北東部である。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver.3.1, 2001)では絶滅危惧IB類(EN)に指定されている。
幹は主に地中生である。
葉は羽状複葉で、長さが1メートルくらいである。
小葉の形は幅の狭い線形である。
属名の Macrozamia はギリシャ語の「macros(大きい)+Zamia(ザミア属)」からきている。
種小名の pauli-guilielmi は人名由来と思われるがまだ解明できていない。
写真は1月に新宿御苑で撮った。
学名:Macrozamia pauli-guilielmi


★背は低く地中深くに根を張って
 羽を広げる原始の姿

d0125765_16513394.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-09-27 16:53 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

薄の木(ススキノキ)

d0125765_1751666.jpg

薄の木(ススキノキ)はユリ科ススキノキ属の常緑低木である。
分類体系によってはススキノキ科に分類される。
ススキノキ科はAPG IIIの分類体系でツルボラン科やキスゲ科も含められるようになって注目されている。
本種の原産地はオーストラリアの南西部である。
樹高は1~2メートルである。
成長は非常に遅い。
葉は銀白色で細長く、長さは1メートルにもなる。
開花するのは数年に一度である。
茎先に長い穂状の花序を出し、黄白色の花を咲かせる。
属名の Xanthorrhoea はギリシャ語の「xanthos(黄色い)+rheo (流れ)」からきている。
種小名の preissii はオーストラリアに住んだドイツ人の博物学者「プレイス(Ludwig Preiss, 1811-1883)さんの」という意味である。
写真は1月に新宿御苑で撮った。
学名:Xanthorrhoea preissii


★滅多には花を咲かせぬ木だという
 いろいろあるね不思議の世界

d0125765_17512275.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-09-26 17:54 | 不定期に咲く花 | Trackback | Comments(0)

山椒藻(サンショウモ)

d0125765_15552061.jpg

山椒藻(サンショウモ)はサンショウモ科サンショウモ属の一年草である。
本州から九州にかけて分布し、池沼や水田、溝などに生えるシダ植物である。
環境省のレッドリスト(2007)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。
海外では、アジア、ヨーロッパ、アフリカに広く分布する。
茎の長さは5~10センチくらいである。
茎は疎らに枝分かれをし、3枚の葉を車軸状につける(輪生)。
そのうちの1枚は水中に垂れ下がり、2枚が水面に浮かぶ。
水面に浮かぶ葉の表面には細かな突起がたくさんあって水を弾く。
水中に垂れ下がる葉のつけ根付近に胞子嚢果が集中してつく。
生育期間は3~12月くらいである。
和名の由来は、葉の様子を山椒(サンショウ)の羽状複葉に見立てたものである。
属名の Salvinia はイタリアの植物学者「サルビニ(Antonio Maria Salvini, 1633-1729)さん」の名からきている。
種小名の natans は「水に浮かぶ」という意味である。
写真は9月につくば植物園で撮った。
学名:Salvinia natans


★水面にぷかり浮かんだ山椒藻
 なるほど似てる山椒の葉に

d0125765_155538100.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-09-25 15:58 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

アメリカ柿(アメリカガキ)

d0125765_11244945.jpg

アメリカ柿(アメリカガキ)はカキノキ科カキノキ属の落葉高木である。
原産地は北アメリカの東部である。
英名はコモン・パーシモン(common persimmon)である。
実は小さいが、ネイティブアメリカンはこの実を乾燥させて一年中利用したという。
樹高は18メートルに達する。
樹皮は暗い褐色である。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は鋭く尖る。
葉の表面は艶のある濃い緑色、裏面は淡い緑色である。
開花時期は5~6月くらいである。
葉の脇に白っぽいクリーム色の花をつける。
花冠は鐘形で、先が4つに裂ける。
秋に実る液果(果皮が肉質で液汁が多い実)の大きさは直径2~4センチくらいである。
材はゴルフのクラブなどの原料となる。
属名の Diospyros はギリシャ語の「Dios(ジュピター)+pyros(穀物)」からきている。おいしい果実を「神の食べ物」として称え名づけた。
種小名の virginiana は「バージニアの」という意味である。
写真は9月と6月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Diospyros virginiana


★柿の木とパーシモンとがつながった
 面白いよね文化辿ると

d0125765_11253767.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-09-24 11:37 | 果実 | Trackback | Comments(0)

アロエ・ラウヒイ

d0125765_14202226.jpg

アロエ・ラウヒイはユリ科アロエ属の常緑多年草である。
分類体系によってはススキノキ科に分類されることもある。
マダガスカルに分布する多肉植物である。
本種を基に多くの園芸品種が生まれている。
英名はスノーフレーク・アロエ(snowflake aloe)である。
本種もワシントン条約で保護され、研究目的以外の輸出入は禁止されている。
種小名の読み方はワシントン条約附属書に基づく。
このほかに「ラウイ」や「ラウヒー」などの読み方が見られる。
草丈は10~15センチくらいである。
葉は剣状で、縁に棘がある。
葉の色は濃い緑色で、白い斑点が入る。
陽光を浴びると葉の色は紫がかったオレンジ色になる。
日本での開花時期は秋である。
花は穂状につき、黄色ないし黄橙色をした筒状の花である。
花被片は6枚、雄しべも6本である。
属名の Aloe は、アラビア語の「alloeh(苦味のある)」からきている。葉に苦い汁液があることから名づけられた。
種小名の rauhii はマダガスカルの植物の研究者であるドイツ人の「ラウー(Werner Rauh, 1913-2000)さんの」という意味である。
写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Aloe rauhii


★こじんまりまとまるアロエまたよきと
 園芸的な姿に見とれ

d0125765_14203988.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-09-23 14:25 | 秋の花 | Trackback | Comments(0)

深山楢(ミヤマナラ)

d0125765_1033715.jpg

深山楢(ミヤマナラ)はブナ科コナラ属の落葉低木である。
日本固有種である。
本州の東北地方から中部地方にかけての日本海側と九州(霧島山)に分布し、亜高山に生える。
分類上は水楢(ミズナラ)の変種とされている。
水楢(ミズナラ)の名は材に水分を多く含むことからきており、その高山型というのが和名の由来である。
基本種との違いは葉が小さくて縁が尖り、果実も小さいことなどである。
樹高は1~5メートルくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は分厚くて艶がある。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4~5月である。
雌雄同株である。
黄緑色をした穂状の花序をつける。
花の後にできる実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、秋に熟してドングリとなる。
属名の Quercus はケルト語の「quer(良質の)+cuez(材木)」を語源とするこの属の一種のラテン古名からきている。
種小名の crispula は「やや縮みがある」という意味である。
変種名の horikawae は植物学者「堀川富弥さんの」という意味である。
写真は8月に福島県のあだたら高原で撮った。
学名:Quercus crispula var. horikawae


★深山には深山に似合う深山楢
 このドングリを次は見たいと

d0125765_10332079.jpg

d0125765_10333686.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-09-22 10:38 | 果実 | Trackback | Comments(0)

栗(クリ)

d0125765_10475740.jpg

栗(クリ)はブナ科クリ属の落葉高木である。
北海道から九州にかけて分布し、山野に生える。
また、栽培をされる。
海外では、朝鮮半島の南部にも分布する。
樹高は10~20メートルくらいである。
樹皮は淡い黄褐色で、老木になると縦に大きな溝が入る。
葉は細長い楕円形で先が尖り、縁には針状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月くらいである。
雌雄同株である。
枝先に白い紐状の雄花をつけ、そのつけ根に緑色の雌花をつける。
花の後にできる実は「いが」に1~3個の堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)がくるまれていて、9~10月に熟する。
材は耐久性に優れ、家の土台や橋梁、枕木などに用いられる。
縄文時代の遺跡からも多く出土しており、古代から貴重な食料として栽培されてきた。
花言葉は「満足」である。
属名の Castanea はギリシャ語の「kastaneon(栗)」からきている。
種小名の crenata は「円鋸歯状の」という意味である。
写真は10月と8月につくば植物園で撮った。
写真は6月に三郷市で撮った。
学名:Castanea crenata


★栗の実はこんな形につくのかと
 じっと見つめるただ面白く

d0125765_10482910.jpg

d0125765_10485821.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル






花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-09-21 10:51 | 果実 | Trackback | Comments(0)