<   2013年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

バシクルモン

d0125765_11154258.jpg

バシクルモンはキョウチクトウ科バシクルモン属の多年草である。
日本固有種である。
面白い名前はアイヌ語に由来する。
「パスクル(カラス)」+「ムム(草)」の転訛したものである。
別名を忍路草(オショロソウ)ともいう。
これは小樽市の忍路海岸に生えることからきた名前である。
北海道と本州の青森県から新潟県にかけての日本海側に分布し、海岸の草地に生える。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は40~80センチくらいである。
根茎は太く、木質化して広がる。
茎は赤味を帯びていて直立し、上部でよく枝分かれをする。
葉は長さ2~5センチの長い楕円形で、短い柄がある。
枝分かれした部分では向かい合って生え(対生)、幹の部分では互い違いに生える(互生)。
開花時期は6~7月である。
茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、淡い紅紫色の小さな花をつける。
花冠は狭い鐘形で、先は5つに裂ける。
なお、本種の基本種は中国などに分布する羅布麻(ラマフ)である。
薬草として知られる。
属名の Apocynum はギリシャ語の「apo(去って)+cyno(犬)」からきている。「犬除け」の意味で、その毒性から名づけられた。
種小名の venetum はイタリアの「ベネト州(Veneto)の」という意味である。
変種名の basikurumon は日本語の「バシクルモン」からきている。
写真は6月に氷見市海浜植物園で撮った。
まだ蕾である。
学名:Apocynum venetum var. basikurumon(=Trachomitum venetum var. basikururmon)


★海岸の草地が好きなバシクルモン
 潮風好きと戯れ遊び
d0125765_11164562.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-06-30 11:21 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

捩木(ネジキ)

d0125765_103346100.jpg

捩木(ネジキ)はツツジ科ネジキ属の落葉小高木である。
本州の岩手県から九州にかけて分布し、山地に生える。
海外では、台湾、中国にも分布する。
樹高は2~8メートルくらいである。
樹皮は白っぽい。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はなく、波打っている。
葉の先はよじれて尖る。
開花時期は5~6月である。
葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、小さな白い壺形の花をたくさん垂れ下げる。
花冠の長さは1センチくらいで、先は5つに浅く裂ける。
花の後にできる実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、上向きにつく。
和名の由来は、幹が捩れることからきている。
馬酔木(アセビ)と同様に葉には有毒成分を含む。
秋には紅葉をする。
属名の Lyonia はアメリカの植物収集家「ライオン(John Lyon, ?-1818)さん」の名からきている。
種小名の ovalifolia は「広楕円形の葉の」という意味である。
変種名の elliptica は「楕円形の」という意味である。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
学名:Lyonia ovalifolia var. elliptica


★葉の陰に鈴蘭思わす壺形の
 花がずらりと居並ぶように
d0125765_1034723.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-06-25 10:38 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

アメリカ防風(アメリカボウフウ)

d0125765_13591136.jpg

アメリカ防風(アメリカボウフウ)はセリ科アメリカボウフウ属の一年草ないし越年草である。
原産地は地中海沿岸地方からコーカサス地方にかけてである。
「アメリカ」の名がつくがアメリカ原産ではない。
「防風」は生薬に用いられる中国産のセリ科の植物名からきている。
別名をパースニップ(parsnip)という。
この名は英名からきている。
ギリシャ・ロ-マの時代から根菜として栽培されてきた。
草丈は70~110センチくらいである。
茎につく葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形である。
小葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)があり、頂上葉は浅く裂ける。
根際から生える葉には長い柄があり、束生する。
開花時期は5~6月くらいである。
茎先に複数の散形花序(たくさん枝が出て、先に1個つずつ花がつく)を組み合わせて出し、黄色い小さな花をたくさんつける。
花弁は5枚で内側に曲がる。
雄しべは5本である。
食用とされる根は長さが30~50センチくらいあり、人参(ニンジン)のような逆円錐形をしている。
色は黄白色で、甘みがある。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、2ブロックで構成される。
属名の Pastinaca はラテン語の「pastus(食物)」からきている。根茎を食用にすることから名づけられた。
種小名の sativa は「栽培された」という意味である。
写真は6月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Pastinaca sativa


★防風と思えぬような姿して
 だけど根っこは食べられるとさ
d0125765_13592789.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-06-24 14:01 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

ベロニカ・ゲンチアノイデス

d0125765_15232815.jpg

ベロニカ・ゲンチアノイデスはゴマノハグサ科クワガタソウ属の多年草である。
分類体系によってはオオバコ科とされる。
原産地はイラン、トルコ、コーカサス地方などである。
山地の草地に生える。
日本へは昭和時代の初期に渡来した。
草丈は30~50センチくらいである。
根際から生える葉は楕円形ないし披針形(笹の葉のような形)で、ロゼット状(茎から葉が重なり合って出て地に接し、円座形になったもの)となる。
葉には艶があり、濃い緑色である。
茎につく葉は小さく、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5~7月である。
花茎をのばして緩やかな総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、下から順に咲き上る。
花径は5ミリくらいで、花冠は4つに裂けて皿形に開く。
花の色は淡い青紫色で、花冠の内側には縦に青い筋が入る。
萼片は4枚、雄しべは2本、雌しべは1本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Veronica は聖者ベロニカに捧げられた名である。
種小名の gentianoides は「リンドウ属(Gentiana)に似た」という意味である。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Veronica gentianoides


★薄っすらと青みを帯びた花の色
 お洒落な筋がとても似合うよ
d0125765_15234769.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-06-23 15:25 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

ジャカランダ・プベルラ

d0125765_1134967.jpg

ジャカランダ・プベルラはノウゼンカズラ科キリモドキ属の常緑低木ないし高木である。
キリモドキ属は南アメリカに50種くらいが分布する。
本種の原産地はブラジル、パラグアイ、アルゼンチンである。
一般名はカロベイラ(carobeira)という。
樹高は3~10メートルである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5~6月である。
花冠は漏斗状で、先が5つに裂ける。
花の色は淡い紫色である。
花の後にできる実は莢状のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Jacaranda はブラジルでの呼び名からきている。
種小名の puberula は「短い軟毛で覆われた」という意味である。
写真は6月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Jacaranda puberula


★鬱蒼と垂れ下がる花ベルのよう
 傷みやすいが南国気分
d0125765_114111.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-06-22 11:08 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

鬼サルビア(オニサルビア)

d0125765_123021100.jpg

鬼サルビア(オニサルビア)はシソ科アキギリ属の越年草である。
原産地は南ヨーロッパから西アジアである。
英名をクラリセージ(clary sage)という。
草丈は60~90センチくらいである。
葉は長さが15センチくらいの大きな楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5~7月である。
茎先に長くて大きな総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、ピンクの苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)に包まれた花を咲かせる。
花の色には、淡い青紫色や桃色などのものがある。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
葉から採る精油は調味料や香料のほか、薬用にも用いられる。
また、葉もスープに入れたりして食べる。
属名の Salvia はラテン語の「salvare(治療)」からきている。薬用になるものが多いことから名づけられた。
種小名の sclarea は「清浄な」という意味である。
写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Salvia sclarea


★ふくよかな香り漂う花の精
 鬼サルビアの咲くころとなり

d0125765_12311323.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-06-21 12:18 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

鼬萩(イタチハギ)

d0125765_13281791.jpg

鼬萩(イタチハギ)はマメ科イタチハギ属の落葉低木である。
原産地は北アメリカで、カナダからメキシコにかけて分布する。
英名はインディゴ・ブッシュ(indigo bush)である。
日本へは砂防用、護岸用として大正時代に渡来した。
現在は野生化しており、繁殖するのでほかの植物に影響をおよぼす恐れがある。
そのため日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。
外来生物法でも要注意外来生物に指定されている。
樹高は1~4メートルくらいである。
枝には弱い棘がある。
葉はやや大きな奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形である。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は5~6月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、暗い紫色をした小さな蝶形の花をたくさんつける。
黄色の葯(雄しべの花粉を入れる袋)が目立つ。
花の後にできる実は長さ1センチくらいの豆果(莢の中に種子が入るもの)で、種子が1個あり、熟しても弾けない。
和名の由来は、花序の姿からイタチの尾を連想したものである。
別名を黒花槐(クロバナエンジュ)という。
属名の Amorpha はギリシャ語の「amorphos(不格好な)」からきている。花が旗弁のみで、翼弁や竜骨弁がないことから名づけられた。
種小名の fruticosa は「低木状の」という意味である。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
学名:Amorpha fruticosa


★イタチの尾ぴんと伸ばして咲く姿
 変わってるねと首をかしげて
☆イタチの尾花粉をつけてにょきにょきと
 花と思わず奇妙な姿
d0125765_13283598.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-06-20 13:35 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

シレネ・ビリディフローラ

d0125765_114786.jpg

シレネ・ビリディフローラはナデシコ科マンテマ属の多年草である。
原産地は中央アジアである。
草丈は40~70センチくらいである。
茎はよく枝分かれをする。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5~8月である。
細長くて緑色がかったクリーム色の花びらが反り返って茎から垂れ下がる。
花弁は5枚だが、それぞれの花弁が深く2つに裂けているので、10枚の花びらのように見える。
筒状の萼は緑色である。
花の雰囲気は霞草(カスミソウ)に似ている。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Silene はギリシャ神話の「シレネス(Silenes、バッカスの養父)」からきている。この属には粘液性の分泌液を出すものが多いので、これを酔って泡だらけになった様子にたとえた。
種小名の viridiflora は「緑色の花の」という意味である。
写真は6月に富山県中央植物園で撮った。
同植物園では平成17年に種子交換でフランスのブザンソン大学植物園から入手したという記録が公開されている。
学名:Silene viridiflora


★謎多い花の秘密を知りたくて
 鍵はどこかとネットをめぐり
d0125765_11473058.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-06-19 11:50 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

ヒヨス

d0125765_11121844.jpg

ヒヨスはナス科ヒヨス属の一年草である。
原産地はヨーロッパ、北アフリカ、シベリア、ヒマラヤ、中国などである。
日本には野生種はなく、製薬原料として栽培されている。
草丈は20~100センチくらいである。
茎は直立し、上部で疎らに枝分かれをする。
全体に腺毛(粘着物質を出す毛)が密生する。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5~9月である。
花は黄色い漏斗形で、花冠の内側には紫色の脈がある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
ヒヨスチアミンなどのアルカロイドを含み、葉を鎮痛、鎮静、鎮痙薬とする。
ただし、劇薬である。
ホメロスの「オデッセイヤ」やシェークスピアの「ハムレット」の中にもヒヨスは登場する。
また、魔女とのつながりも深いそうである。
和名の由来は、属名であるヒヨスキアムス(Hyoscyamus)の上の部分からつけられたものである。
属名の Hyoscyamus はギリシャ語の「hyos(豚)+cyamos(豆)」からきている。豚にも毒性を持つという意味で名づけられた。
種小名の niger は「黒い」という意味である。
写真は8月に小石川植物園で撮った。
学名:Hyoscyamus niger


★この花の色の深さがどことなく
 魔界思わすふと誘われて
d0125765_11123443.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-06-18 11:14 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

白藜(シロザ)

d0125765_1225319.jpg

白藜(シロザ)はアカザ科アカザ属の一年草である。
分類体系によってはヒユ科とされる。
原産地はヨーロッパである。
日本へは旧い時代に渡来した。
現在は日本全土に分布し、道端や畑地に生える。
北海道ブルーリストでは、Bランクに登録されている。
草丈は60~150センチくらいである。
葉は下部は菱形状の卵形、上部は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には波形の切れ込みがある。
若葉の真ん中は白い粉粒に覆われ、白く見える。
開花時期は9~10月である。
黄緑色をした粒状の花を穂状につける。
花の後にできる実は球形の胞果(薄皮のような果皮の中に種子が1個入っているもの)である。
変種に藜(アカザ:Chenopodium album var. centrorubrum)がある。
属名の Chenopodium はギリシャ語の「chen(ガチョウ)+podion(小さい足)」からきている。葉の形から名づけられた。
種小名の album は「白い」という意味である。
写真は6月に木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Chenopodium album


★白粉と言うには少し野暮だけど
 まま事ならばそれもまた善し
d0125765_1231283.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル






花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-06-17 12:05 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)