<   2012年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

沖縄姫菜切り(オキナワヒメナキリ)

d0125765_15374693.jpg

沖縄姫菜切り(オキナワヒメナキリ)はカヤツリグサ科スゲ属の多年草である。
沖縄の固有種である。
沖縄本島、石垣島、西表島に分布し、山地の渓流沿いの岩上に生える。
別名を沖縄姫菜切り萱(オキナワヒメナキリスゲ)という。
分類上は神宮萱(ジングウスゲ)の地域変種とされている。
神宮萱(ジングウスゲ)は別名を姫菜切り萱(ヒメナキリスゲ)という。
環境省のレッドデータブックでは、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。
草丈は40~60センチくらいである。
葉は線形である。
葉の質は硬く、長さが35~50センチくらいある。
つけ根の部分の鞘は濃い褐色をした繊維状となる。
開花時期は8~9月である。
小穂は長い楕円状の円柱形である。
和名は、沖縄に分布して小形であり、葉がざらついて菜っ葉が切れるほどだというところからきている。
花の後にできる実は小堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)である。
属名の Carex はギリシャ語の「keirein(切る)」からきている。葉が鋭いことから名づけられた。
種小名の sacrosancta は「神聖な場所の」という意味である。
変種名の tamakii は植物学者「玉城松栄さんの」という意味である。
写真は8月につくば植物園で撮った。
学名:Carex sacrosancta var. tamakii


★目立たぬが菅の仲間も面白い
 地域に応じ姿を変えて
d0125765_15381014.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-08-31 15:40 | 秋の花

エリカ・バガンス

d0125765_1157857.jpg

エリカ・バガンスはツツジ科エリカ属の常緑小低木である。
種小名の読み方は「ヴァカンス」や「ワガンス」とするものもある。
原産地はイギリスである。
一般名はコーニッシュ・ヒース(Cornish heath)である。
コーニッシュは「イギリスのコーンウォール地方の」という意味である。
樹高は30~80センチくらいである。
葉は針形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は8~10月くらいである。
葉の脇に2輪ずつ小さな鐘形の花をつける。
花の色は白や桃色のものがある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Erica はギリシャ語の「erion(軟毛)」からきている。全体に軟毛が生える種類の多いことから名づけられた。
種小名の vagans は「広がった、変化した」という意味である。
写真はミセスD・F・マクスウェル(Mrs. D. F. Maxwell)という園芸品種である。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Erica vagans


★エリカにいろんな種類あるんだね
 背丈の低いこれはバガンス
d0125765_1157297.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-08-30 12:00 | 秋の花

蝦夷刺草(エゾイラクサ)

d0125765_13381724.jpg

蝦夷刺草(エゾイラクサ)はイラクサ科イラクサ属の多年草である。
北方領土を含む北海道から本州の岡山県にかけて分布し、山地の林の中や沢沿いの湿地に生える。
海外では、シベリア、カムチャツカ、サハリンなどにも分布する。
草丈は50~180センチくらいである。
茎は赤味を帯び、角張っていて、棘状の毛が下向きに生える。
葉は卵形で、2枚ずつ向かい合って生える(対生)。
縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉も棘状の毛で覆われ、触ると痛い。
開花時期は7~9月である。
雌雄異株(ときに同株)である。
花の色は緑色である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
若芽は山菜として食べることができる。
アイヌの人びとは、茎から繊維を取り出して糸をつくり、織物の材料とした。
属名の Urtica はラテン語の「uro(ちくちくする)」からきている。
種小名の platyphylla は「広い葉の」という意味である。
写真は9月に北大植物園で撮った。
学名:Urtica platyphylla


★役に立つ草だったんだ刺草は
 薬にもなり糸にもなって
d0125765_13383964.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-08-29 13:42 | 夏の花

チョコレートコスモス

d0125765_12383120.jpg

チョコレートコスモスはキク科コスモス属の多年草である。
原産地はメキシコである。
コスモスは一年草だが、チョコレートコスモスは多年草で、地中にはダリアのような塊根ができる。
日本にも大正時代に輸入されたが、そのころは増えにくいため普及しなかったという。
草丈は40~60センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
茎の上部につく葉は羽状に切れ込むが、コスモスのように細かく切れ込むことはない。
開花時期は6~9月である。
花径は4センチくらいで、舌状花は8枚である。
花の色はチョコレート色である。
香りもチョコレートにそっくりである。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Cosmos はギリシャ語の「cosmos(飾り)」からきている。
種小名の atrosanguineus は「濃い血のように赤い色の」という意味である。
写真は7月に国営昭和記念公園で撮った。
学名:Cosmos atrosanguineus


★色も香もチョコレートを思わせる
 不思議な花が虫を集めて
d0125765_12385276.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-08-28 13:11 | 夏の花

長葉北薊(ナガバキタアザミ)

d0125765_13262689.jpg

長葉北薊(ナガバキタアザミ)はキク科トウヒレン属の多年草である。
北方領土を含む北海道から本州の岩手県(早池峰山が南限)にかけて分布し、亜高山や高山の砂礫地や草地に生える。
青森県、岩手県ではRDBのAランクに指定されている。
海外では、クルリ列島のウルップ島にも分布する。
草丈は10~40センチくらいである。
葉は三角状の卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉のつけ根の部分は細い翼状になって茎につながる。
開花時期は7~8月である。
茎先に散房花序を出し(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)、淡い紅紫色をした花(頭花)をたくさんつける。
属名の Saussurea はスイスの科学者「ソシュール(H. B. de Saussure)さん」の名からきている。
種小名の riederii は採集者「リーデル(Rieder)さんの」という意味である。
亜種名の yezoensis は「北海道の」という意味である。
写真は8月に北大植物園で撮った。
学名:Saussurea riederii subsp. yezoensis


★北の地で撮った変種も数多い
 花の姿を惚れ惚れ眺め
d0125765_13264351.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-08-27 13:29 | 夏の花

セロジネ・ベッカリー

d0125765_10503973.jpg

セロジネ・ベッカリーはラン科セロジネ属の多年草である。
ニューギニア島、ソロモン諸島、ビスマルク諸島に分布し、標高1500メートルまでの地域に生える着生種である。
草丈は50センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は夏である。
花径は7~8センチあり大輪である。
花の色はクリーム色である。
唇弁は白く、つけ根のほうは赤褐色をしている。
属名の Coelogyne はギリシャ語の「coelos(空洞)+gyne(雌)」からきている。柱頭が窪んでいることから名づけられた。
種小名の beccarii はイタリア人の植物学者「ベッカリ(O. Beccari)さんの」という意味である。
写真は9月につくば植物園で撮った。
学名:Coelogyne beccarii


★涼しげなクリーム色の大輪が
 とても目を引く南国の花
d0125765_10505488.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-08-26 10:52 | 夏の花

深山塔花(ミヤマトウバナ)

d0125765_1214872.jpg

深山塔花(ミヤマトウバナ)はシソ科トウバナ属の多年草である。
北海道から本州の近畿地方にかけて分布し、山地や亜高山の林の中や林の縁に生える。
海外では、サハリンにも分布する。
草丈は20~70センチくらいである。
茎は直立する。
葉は下部は幅広い卵形、上部は細長い卵形で、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)があり、向かい合って生える(対生)。
開花時期は7~9月である。
茎先や葉の脇に淡い紅紫色をした唇形の花を数段輪生状につける。
上唇は浅く2つに裂け、下唇は3つに裂ける。
萼は5つに裂け、裂片は尖る。
萼には疎らに毛が生える。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
属名の Clinopodium はギリシャ語の「cline(床)+podion(小足)」からきている。
種小名の sachalinensis は「サハリンの」という意味である。
写真は8月に岩手県の八幡平で撮った。
学名:Clinopodium sachalinense


★膝屈めそっと覗いて見てごらん
 深山塔花段々に咲く
d0125765_12142549.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-08-25 12:17 | 夏の花

千手岩菲(センジュガンピ)

d0125765_148862.jpg

千手岩菲(センジュガンピ)はナデシコ科センノウ属の多年草である。
日本固有種である。
本州の東北地方から中部地方にかけて分布し、山地や亜高山の林の中などに生える。
和名の由来は、花が岩菲(ガンピ)に似ており、また花弁が千手観音の手を思わせることからきている。
中禅寺湖の千手ガ浜で発見されたからという説もある。
草丈は30~100センチくらいである。
葉は長い披針形(笹の葉のような形)で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は7~8月である。
花径2センチくらいの白い5弁花を咲かせる。
花びらの先は浅く切れ込んでいる。
茎が細くしなやかなので、風に揺られて咲いている。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Lychnis はギリシャ語の「lychnos(ランプ)」からきている。アリストテレスの弟子のテオフラストスが用いた。
種小名の gracillima は「非常に細長い」という意味である。
上の写真は7月に箱根湿生花園で撮った。
下の写真は8月に志賀高原の東館山高山植物園で撮った。
学名:Lychnis gracillima


★しなやかに千手岩菲は風に揺れ
 涼しさ運ぶ林の中に
d0125765_1484437.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





[PR]
by sikino-hana | 2012-08-24 14:10 | 夏の花

グロキシニア

d0125765_1295822.jpg

グロキシニア(Gloxinia)はイワタバコ科オオイワギリソウ属(シンニンギア属)の非耐寒性多年草である。
グロキシニアの名は旧属名からきている。
和名を大岩桐草(オオイワギリソウ)という。
原産地はブラジルである。
18世紀に発見された。
この花は高村光太郎の「智恵子抄」にも登場する。
ヨーロッパに持ち込まれて品種改良をされ、日本へは明治時代の初期に持ち込まれた。
しかし、一般に温室栽培されるようになるのは明治末期以降だという。
草丈は10~20センチくらいである。
根際から生える葉は広い卵形である。
葉には柄があって先は尖り、縁には鈍いぎざぎざ(鋸歯)がある。
厚ぼったく、ビロード状である。
開花時期は6~10月である。
花茎の先に横向きにそれぞれ1つの花をつける。
花冠は鐘形で先が5つに裂ける。
雄しべは5本、雌しべは1本である。
花の色には赤や紫色が基本だが、園芸品種には白や桃色のものがあり、一重咲き、八重咲き、覆輪咲き(花びらに縁取りが入る)など多彩である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Sinningia は19世紀のドイツ人の園芸家「シンニング(Wilhelm Sinning)さん」の名からきている。
種小名の speciosa は「華やかな」という意味である。
写真は7月に山中湖村の花の都公園で撮った。
学名:Sinningia speciosa


★大正のロマン伝えるグロキシニア
 華麗な姿進化を遂げて
d0125765_12101769.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-08-23 12:12 | 夏の花

姫虎の尾(ヒメトラノオ)

d0125765_11593197.jpg

姫虎の尾(ヒメトラノオ)はゴマノハグサ科ルリトラノオ属の多年草である。
分類体系によってはオオバコ科とされる。
日本固有種である。
本州の東北地方から九州の北部にかけて分布し、山地の草原に生える。
草丈は40~90センチくらいである。
葉は披針形で、向かい合って生える(対生)。
葉のつけ根には短い柄がある。
開花時期は8~9月である。
茎の上部に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、青紫色の小さな花をたくさんつける。
花は合弁花で、先が4つに裂ける。
花穂は10~20センチくらいある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
長い花穂を虎の尾に見立てたのが名の由来である。
「姫」とつくが全体に大きく、小さいのは1つ1つの花である。
属名の Pseudolysimachion はギリシャ語の「pseudo(偽)+Lysimachia(オカトラノオ属)」からきている。オカトラノオ属に似たという意味合いである。
種小名の rotundum は「円形の」という意味である。
種小名の petiolatum は「葉柄のある」という意味である。
写真は8月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Pseudolysimachion rotundum var. petiolatum


★なるほどと姫虎の尾を眺めやる
 あれも虎の尾これも虎の尾
d0125765_11595063.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-08-22 12:03 | 夏の花