<   2012年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

蔓小桜(ツルコザクラ)

d0125765_10142929.jpg

蔓小桜(ツルコザクラ)はナデシコ科サボンソウ属の多年草である。
原産地はヨーロッパである。
アルプス山脈の標高2300メートルまでの地帯に分布し、岩礫地に生える。
学名のサポナリア・オキモイデスで表示するところもある。
英名はロックソープワート(rock soapwort)である。
ワートというのは草のことで、他の単語と合成して用いられることが多い。
ソープワートはサボン草(サボンソウ)のことである。
全草にサポニンを含み、石鹸がわりに使われる。
草丈は10~20センチくらいである。
よく枝分かれをし、匍匐して広がる。
葉は細長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は5~7月である。
花径1センチくらいの桃色の5弁花を株いっぱいに咲かせる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Saponaria はラテン語の「sapo(石鹸)」からきている。粘液質の汁が水に溶けると泡が出ることから名づけられた。
種小名の ocymoides は「メボウキ属(Ocimum)に似た」という意味である。
写真は5月に六甲高山植物園の野草展で撮った。
学名:Saponaria ocymoides


★岩肌を這って縄張り広げ咲く
 蔓小桜の花は桃色
d0125765_10152552.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-06-23 10:18 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

イソトマ

d0125765_10182095.jpg

イソトマ(Isotoma)はキキョウ科ラウレンティア属(イソトマ属)の多年草である。
属名でも流通している。
属名の読み方は「ローレンティア」とする場合もある。
かつてはイソトマ属に分類されていたため、イソトマの名で流通している。
園芸的には一年草として扱われる。
原産地はオーストラリアである。
乾燥した暖かい気候を好む。
草丈は20センチから30センチくらいである。
葉は細かく切れ込み、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5月から11月くらいである。
花径3センチくらいの白、ピンク、青などの花をつける。
花冠は筒状で、星形に深く5つに裂ける。
夏の暑さにも強く、長く咲き続ける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
茎や葉を傷つけると出る白い液は、皮膚につくと炎症を起こすことがあるので注意が必要である。
種小名の hybrida は「交配種の」という意味である。
写真はアバンギャルドブルー(Avant-garde Blue)とアバンギャルドピンク(Avant-garde Pink)という品種である。
写真は3月に京都府立植物園で撮った。
学名:Laurentia x hybrida


★ほんとはね雨はあんまり好きでない
 だけど咲きたいあなたのために
☆元気よく雨の中でも咲いている
 生まれ故郷を懐かしみつつ
d0125765_10183873.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-06-22 10:22 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

深山木天蓼(ミヤママタタビ)

d0125765_10491348.jpg

深山木天蓼(ミヤママタタビ)はマタタビ科マタタビ属の落葉蔓性木本である。
北方領土を含む北海道から本州の中部地方にかけて分布し、山地でほかの木に絡みついて伸びる。
海外では、朝鮮半島、中国、サハリン、東シベリアにも分布している。
蔓の長さは2~5メートルくらいである。
木天蓼(マタタビ)と似ているが、卵形ないし楕円形の葉の根元が心形をしており、開花時期には葉の先が白からピンク色になるところが異なる。
枝も赤みを帯びている。
葉には長い柄があり、互い違いに生える。
開花時期は5~6月である。
花径15ミリくらいの白い小さな花をつける。
花びらは5枚である。まれに4枚のものもある。
花の後にできる実は長い楕円形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、長さは15~20ミリくらいである。
10月ころ黄緑色に熟する。
未熟な実は果実酒とされ、完熟した実は生食ができる。
また、若い芽や茎は山菜として利用される。
蔓は編み物の材料となる。
和名の由来は、「疲れた旅人がこの実を食べたところ、また旅が続けられた」というところからきている。
属名の Actinidia はギリシャ語の「aktis(放射線)」からきている。柱頭が放射状に並ぶことから名づけられた。
種小名の kolomikta はシベリアでの現地名が語源である。
写真は6月に北大植物園で撮った。
学名:Actinidia kolomikta


★くらくらと眩暈するほど濃い香り
 存在感ある深山木天蓼
d0125765_10493874.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-06-21 10:54 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

定家葛(テイカカズラ)

d0125765_11424012.jpg

定家葛(テイカカズラ)はキョウチクトウ科テイカカズラ属の蔓性常緑低木である。
本州から沖縄にかけて分布し、山野の樹木や岩に絡みついて生える。
また、庭木ともされる。
海外では、朝鮮半島、中国などにも分布する。
蔓の長さは5~10メートルくらいになる。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の質は分厚く艶がある。
開花時期は5~9月である。
花の色は最初は純白で、終わりに近づくと黄色くなる。
スクリューのような形をしている合弁花で、5つに裂けている。
花のつけ根の筒には雄しべ5本と雌しべが入っている。
花の後にできる実は弓形をしたさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
実の中から白い毛のついた種子が出てくる。
茎や葉は薬用にされ、鎮痛・強壮などの効果がある。
なお、名は藤原定家にちなんでいる。
また、古名を真拆の葛(マサキノカズラ)という。
天岩戸の神話にちなむ名だという。
属名の Trachelospermum はギリシャ語の「trachelos(首)+sperma(種子)」からきている。種子がくびれていることから名づけられた。
種小名の asiaticum は「アジアの」という意味である。
写真は7月につくば植物園で撮った。
学名:Trachelospermum asiaticum


★絡みつく塀一面に咲く花は
 天をめざすかプロペラ回し
d0125765_11431689.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-06-20 11:48 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

懐慶地黄(カイケイジオウ)

d0125765_1429594.jpg

懐慶地黄(カイケイジオウ)はゴマノハグサ科ジオウ属で多年草ある。
分類体系によってはオオバコ科とされる。
中国の華北などに自生する赤矢地黄(アカヤジオウ)から改良された栽培種である。
主産地の河南省懐慶にちなんで名づけられた。
中国や朝鮮半島で栽培されている。
日本へは1940年に渡来し、研究機関などで保存されてきた。
草丈は10~30センチくらいである。
全体に灰白色をした軟毛を密生している。
地下茎は太く赤褐色で、横に這う。
根際から生える葉は長い楕円形で皺が多く、裏面は紫色を帯びる。
茎につく葉は疎らで互い違いに生える(互生)。
開花時期は6~7月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、淡い紅紫色をした筒状の花を横向きにつける。
花冠は先で浅く5つに裂ける。
特徴は株が大きく、根茎がよく肥大していることである。
根茎を生薬の地黄(じおう)といい、補血、強壮、解熱、緩下、止渇などの薬効がある。
近縁種の赤矢地黄(アカヤジオウ)は奈良県で栽培されている。
属名の Rehmannia はロシア皇帝の侍医だった「レーマン(J. Rehmann)さん」の名からきている。
種小名の glutinosa は「ねばついた」という意味である。
品種名の hueichingensis は地名由来の言葉である。
写真は4月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Rehmannia glutinosa f. hueichingensis


★パワフルな力を土の下に秘め
 懐慶地黄花は優しく
d0125765_1430452.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-06-18 14:32 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

燕水仙(ツバメズイセン)

d0125765_12554554.jpg

燕水仙(ツバメズイセン)はヒガンバナ科スプレケリア属の多年草である。
スプレケリア属は1属1種である。
かつてはアマリリス属に分類されていた。
原産地はメキシコである。
日本へは明治時代に渡来した。
草丈は30~40センチである。
茎は中空である。
葉は根際から生え、細長い線形である。
開花時期は5~6月である。
葉があるうちに花が咲く。
1本の花茎に1つの花がつく。
花の色は赤く、花径は10センチくらいある。
花被片は6枚で、反り返る。
このうち下側3枚は、重なり合って間隔が狭くなっている。
雄しべは6本である。
雌しべの花柱の先は3つに裂ける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
名の由来は、花の形が燕のように見えることからきている。
属名の Sprekelia はドイツ人の植物学者「スプレケル(Dr. Sprekel)さん」の名からきている。
種小名の formosissima は「非常に美しい」という意味である。
写真は6月に千葉県野田市の清水公園花ファンタジアで撮った。
学名:Sprekelia formosissima


★ユニークな花の姿で色も派手
 メキシコの花燕水仙
d0125765_12573353.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-06-17 13:00 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

ロードデンドロン・パキサンツム

d0125765_9525517.jpg

ロードデンドロン・パキサンツムはツツジ科ツツジ属の常緑低木である。
原産地は台湾である。
中国名は「台湾山地杜鵑」である。
標高3000~3200メートルの高山に生える。
樹高は120センチくらいである。
枝は軟毛で被われる。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
若い葉には黄褐色の軟毛が密生する。
やがて毛は落ちて表面は濃い緑色になる。
葉の裏面は淡い茶色で、赤褐色の軟毛が生える。
開花時期は春から夏である。
花径4センチくらいの広い漏斗状の花を10~20輪ずつつける。
花の色は白ないし淡い紅色で、紫ないし紅色の斑点が入る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の pachysanthum は「太い花の」という意味である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Rhododendron pachysanthum


★高山に這うようにして咲くという
 石楠花の花けな気に見えて
d0125765_9531177.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-06-16 09:55 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

大山苧環(オオヤマオダマキ)

d0125765_12181125.jpg

大山苧環(オオヤマオダマキ)はキンポウゲ科オダマキ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の草地や林の縁などに生える。
海外では、朝鮮半島、中国東北部、シベリアなどにも分布する。
草丈は30~60センチくらいである。
根際から生える葉には長い柄があり、2回3出複葉である。
3出複葉というのは1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形のことである。
それをもう1回繰り返すので、1つの葉は9枚の小葉で構成される。
小葉は扇形で2つか3つに裂ける。
開花時期は5~7月である。
茎の上部に花径3~4センチの花を下向きにつける。
萼弁5枚は紅褐色または淡い黄色である。
花弁5枚は淡い黄色である。
花弁のつけ根の部分は長く伸びて距となる。
距の先が内側に強く巻き込んでいるのが特徴である。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Aquilegia はラテン語の「aquila(鷲)」からきている。曲がった距がワシの距に似ていることから名づけられた。
種小名の buergeriana はシーボルトの弟子で日本植物採集家であったドイツ人の「ブュルゲル(H. Buerger)さんの」という意味である。
変種名の oxysepala は「鋭い萼片のある」という意味である。
写真は5月に日比谷公園の野草展(むさしの山草会)で撮った。
学名:Aquilegia buergeriana var. oxysepala


★ぐるりんと巻き込むように距をまげて
 大山苧環何を思うや
d0125765_12183236.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-06-14 12:20 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

ゲンチアナ・ベルナ

d0125765_848851.jpg

ゲンチアナ・ベルナはリンドウ科リンドウ属の多年草である。
読み方は「ゲンチアナ・ヴェルナ」や「ゲンチアナ・ウェルナ」とするものもある。
ヨーロッパからシベリアにかけて分布する。
アルプスを代表する花の一つで、アルプスでは標高600~3000メートルの地域に分布し、牧草地や石灰質の土地に生える。
草丈は5~10センチくらいである。
根際から生える葉はロゼット状(茎から葉が重なり合って出て地に接し、円座形になったもの)となる。
開花時期は4~7月である。
濃い青色の花を咲かせる。
花は筒形で先が5つに裂け、日が当たると花の先の裂片が開く。
花の色は空色や白花のものもある。
花の中には真ん中に花柱(雌しべ)があり、その周りに5本の雄しべがある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Gentiana は紀元前のイリリア王「ゲンティウス(Gentius)」の名にちなむ。
種小名の verna は「春咲きの」という意味である。
写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Gentiana verna


★アルプスの牧場に咲く青い花
 ゲンチアナ・ベルナいつか見ようと
d0125765_8482639.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-06-13 08:55 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)

鹿子草(カノコソウ)

d0125765_939714.jpg

鹿子草(カノコソウ)はオミナエシ科カノコソウ属の多年草である。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、湿った草地などに生える。
海外では、台湾、朝鮮半島、中国東北部、サハリンにも分布する。
和名の由来は、花の咲いている様子が鹿の子しぼりに見えることからきている。
また、女郎花(オミナエシ)に似た姿で淡い紅色の花を咲かせるところから春女郎花(ハルオミナエシ)の別名がある。
草丈は50~60センチくらいである。
茎は直立する。
葉は向かい合って生え(対生)、羽状に分ける。
開花時期は6~7月である。
茎先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、淡い紅紫色の小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
根茎を乾かしたものが生薬の吉草根(きっそうこん)で、ストレスによる病気に効果がある。
俳句の季語は春である。
属名の Valeriana はラテン語の「valere(強くなる)」からきているという説がある。
種小名の fauriei は明治時代のフランス人宣教師で日本の植物を採集した「フォーリー(U. Faurie)さんの」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Valeriana fauriei


★なよやかな花の姿に安らぎて
 辛い思いをしばし忘れて
d0125765_9392991.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-06-12 09:42 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)