<   2011年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

瑠璃極楽鳥花(ルリゴクラクチョウカ)

d0125765_8165830.jpg

瑠璃極楽鳥花(ルリゴクラクチョウカ)はバショウ科ゴクラクチョウカ属(ストレリチア属)の常緑多年草である。
分類体系によってはゴクラクチョウカ科とされる。
原産地は南アフリカのケープ地方である。
学名のストレリチア・ニコライや近縁種のストレリチア・オーガスタ(Strelitzia augusta)の名でも流通している。
草丈は5メートルに達する。
長い茎のように見えるのは葉の柄である。
葉は長めの楕円形である。
開花時期は周年である。
沖縄では普通に見られるという。
白っぽい鶏冠のように見えるのが花(萼片)である。
紫色を帯びたくちばしのように見えるのは苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Strelitzia はイギリスのジョージ3世の皇后の出身家「ストレリッツ(Strelitz)家」の名からきている。
種小名の nicolai はロシア皇帝ニコライ一世の息子「ニコライ・ニコラエビッチ(Nikolai Nikolaievich)さん」の名からきている。
写真は2月に夢の島熱帯植物館で撮った。
学名:Strelitzia nicolai


★花の色変えてしまえばイメージも
 すっかり変わる仲間同士で
d0125765_8172058.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2011-12-31 08:21 | 観葉植物 | Trackback | Comments(2)

ネーブル

d0125765_8593598.jpg

ネーブル(navel)はミカン科ミカン属の常緑低木である。
原産地はインドのアッサム地方である。
中国を経てリスボンに伝わり、そこから世界中に伝播した。
別名をネーブルオレンジ、甘橙(アマダイダイ)とも言う。
樹高は1~2メートルである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5~6月である。
白い5弁花である。
実は柑果(多心皮性の液果)で、頂部にへそ(ネーブル)があるのが特徴である。
多汁で甘味が強い。
ポルトガルからブラジルに伝わったものの中から、へそがあって種がない枝変わりが生まれ、それがワシントンにある合衆国農務省の温室で増殖された。
これをワシントンネーブルといい、日本での流通の中心となっている。
属名の Citrus はレモンに対する古い呼び名である。
種小名の sinensis は「中国の」という意味である。
変種名の brasiliensis は「ブラジルの」という意味である。
写真は12月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:Citrus sinensis var. brasiliensis


★ネーブルの味の記憶をたどりつつ
 手にとってみる冬の日の午後
d0125765_90935.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2011-12-30 09:06 | 果物・野菜 | Trackback | Comments(0)

エリカ・クリスマスパレード

d0125765_854039.jpg

エリカ・クリスマスパレードはツツジ科エリカ属の常緑小低木である。
南アフリカ原産のヒエマリス系の園芸品種である。
樹高は30~100センチくらいである。
葉は杉の葉に似た柔らかな針形である。
開花時期は11~4月である。
花は長さ3センチくらいの筒状で、淡い紅色をしている。
枝の周りに輪状にびっしりと花をつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Erica はギリシャ語の「erion(軟毛)」からきている。全体に軟毛が生える種類の多いことから名づけられた。
種小名の hiemalis は「冬季の」という意味である。
写真は3月に川口グリーンセンターで撮った。
学名:Erica x hiemalis 'Christmas Parade'


★賑やかにお祭り騒ぎするように
 押すな押すなと薄紅の花
d0125765_86812.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2011-12-29 08:08 | 冬の花 | Trackback | Comments(0)

マホニア・ナリヒラ

d0125765_1142337.jpg

マホニア・コンフーサはメギ科ヒイラギナンテン属(マホニア属)の常緑低木である。
原産地は中国の西部で、貴州省、湖北省、四川省などに分布する。
ナリヒラ(Narihira)はその園芸品種である。
業平柊南天(ナリヒラヒイラギナンテン)の名でも流通している。
樹高は1~2メートルである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、枝先に集まって互い違いに生える(互生)。
小葉の形は細長い楕円形である。
小葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の質が軟らかいので、触っても近縁種の柊南天(ヒイラギナンテン)の葉のように痛くはない。
開花時期は10~12月くらいである。
枝先に複数の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄色い小さな花をたくさんつける。
花の少ない時期に咲くことから人気がある。
花弁は6枚、萼片は9枚、雄しべは6本である。
花の後にできる実は球形の液果(水分が多く柔らかい果皮をもつ果実)で、4~6月くらいに黒紫色に熟する。
属名の Mahonia はアメリカの植物学者「マクマホン(B. Mc. Mahon)さん」の名からきている。
種小名の confusa は「混乱した」という意味である。
写真は11月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Mahonia confusa 'Narihira'


★花のない季節彩る業平は
 花穂きらめく小春日の午後
d0125765_11422520.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2011-12-28 11:51 | 冬の花 | Trackback | Comments(0)

辺塚蘭(ヘツカラン)

d0125765_8383384.jpg

辺塚蘭(ヘツカラン)はラン科シュンラン属の多年草である。
鹿児島県から沖縄県にかけて分布し、常緑樹林内の樹上に生える着生蘭である。
海外では、台湾、中国、フィリピン、ベトナム、インドネシア、マレーシア、ヒマラヤ、インドなどにも分布する。
台湾からインドにかけて分布する寒鳳蘭(カンポウラン)の変種で、やや小形ある。
和名の由来は、鹿児島県肝属郡佐多町辺塚で発見されたことからきている。
しかし、自生地では愛好家による乱獲によって絶滅状態に近いという。
環境省のレッドデータリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
草丈は30~40センチくらいである。
線形の葉が5~6枚出て、緩やかに反り返る。
葉は革質で艶がある。
開花時期は10~12月である。
花茎が弓状に下垂する。
3枚の萼片と花弁のうち2枚は白く、中央に紅紫色の筋が入る。
もう1枚の花弁を唇弁という。
唇弁は黄白色で、浅く3つに裂ける。
2枚の側裂片には赤紫色の筋が数本入る。
真ん中の裂片には幅の広い赤紫色の縁取りが入る。
花径は4~5センチである。
属名の Cymbidium はギリシャ語の「cymbe(舟)+eidso(形)」からきている。唇弁の形から名づけられた。
種小名の dayanum はイギリス人のラン愛好家「ダイ(John Day)さんの」という意味である。
変種名の austro-japonicum は「南日本の」という意味である。
写真は10月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Cymbidium dayanum var. austro-japonicum


★南国のムード伝える赤い筋
 燃えるがごとく辺塚蘭咲く
d0125765_8385269.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2011-12-27 08:40 | 秋の花 | Trackback | Comments(0)

靫葛(ウツボカズラ)

d0125765_1024557.jpg

靫葛(ウツボカズラ) はウツボカズラ科ウツボカズラ属(ネペンテス属)の常緑蔓性低木である。
原産地はスマトラ島、カリマンタン島などである。
調査が進むにつれて新種が次々に発見されているという。
代表的な食虫植物で、壷状の袋に落ちた虫を消化して栄養にする。
生育している場所が十分な栄養のとれない環境なので、足りない養分を虫を食べて補っているのである。
樹高は1~2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉は薄い革質である。
葉の先が細長く伸び、その先端に壷状の捕虫器をつける。
雌雄異株で、雄花と雌花は別の株につく。
花は小さく、目立たない。
名の由来は、壷状の袋を靫(矢を入れる筒状の容器)に見立てたものである。
日本では、観賞用として温室栽培されている。
属名の Nepenthes はギリシャ語の「ne(無)+penthos(憂)」からきている。捕虫嚢にある液体を例えたものと思われる。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Nepenthes sp.


★おびき寄せ虫を捕らえる不思議花
 靫葛は静けさの中
d0125765_1031770.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2011-12-26 10:06 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)

カランコエ・ウェンディ

d0125765_13132918.jpg

カランコエ・ウェンディはベンケイソウ科リュウキュウベンケイ属(カランコエ属)の多年草である。
原産地はマダガスカルである。
本種はカランコエ・ミニアタ(Kalanchoe miniata)とカランコエ・ポルフィロカカリス(Kalanchoe porphyrocacalyx)との交配によって生まれた園芸品種である。
オランダのワーゲン大学で作出された。
草丈は10~20センチくらいである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の質は多肉質で、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は1~3月くらいである。
濃い紅紫色をした釣鐘形の花を吊り下げて咲かせる。
花弁の先は外側に反り、黄色い。
属名の Kalanchoe は、中国名の「加籃菜」の音に由来するという説がある。
品種名の Wendy は女の子の名前である。
写真は2月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:Kalanchoe 'Wendy'


★愛らしい姿を見せてウェンディ
 外の寒さを忘れるように
d0125765_13135419.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2011-12-25 13:16 | 冬の花 | Trackback | Comments(0)

レッドジンジャー

d0125765_6245533.jpg

レッドジンジャー(red ginger)はショウガ科ハナミョウガ属の常緑多年草である。
ニューカレドニアやソロモン諸島などの太平洋諸島に分布している。
また、現在では熱帯地方の各地で植栽され、あるいは帰化している。
草丈は2~4メートルである。
葉は長さ60センチくらいの長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6~10月である。
白色の小さな花が咲く。
鮮やかな赤い苞が特徴で、苞は長く残る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名は赤穂月桃(アカボゲットウ)という。
属名の Alpinia はイタリアの植物学者「アルピーニ(P. Alpini)さん」の名からきている。
種小名の purpurata は「紅紫色の」という意味である。
写真は11月に沖縄市の東南植物楽園で撮った。
学名:Alpinia purpurata


★熱帯の雰囲気伝うその姿
 レッドジンジャー天に向かって
d0125765_6251122.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2011-12-24 06:27 | 冬の花 | Trackback | Comments(0)

真珠の木(シンジュノキ)

d0125765_9325946.jpg

真珠の木(シンジュノキ)はツツジ科シラタマノキ属(ゴーテリア属)の常緑小低木である。
ゴーテリア属の異名であるペルネティア(Pernettya)の名でも流通している。
原産地は南アメリカのチリで、山地や海岸近くに生える。
樹高は70~100センチくらいである。
葉は小さな卵形で先が尖り、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5~6月である。
白い小さな壺形の花をつける。
実の観賞時期は9~2月である。
赤、桃色、紫、赤褐色、白など多彩な色の丸い実を鈴なりにつける。
属名の Gaultheria はカナダの自然科学者「ゴーティエ(J. F. Gaulthier)さん」の名からきている。
種小名の mucronata は「微凸頭の」という意味である。
写真は12月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:Gaultheria mucronata(=Pernettya mucronata)


★とりどりの色に輝く真珠の木
 南の海の香り運ぶや
d0125765_9333052.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2011-12-23 09:37 | 果実 | Trackback | Comments(0)

お多福南天(オタフクナンテン)

d0125765_751532.jpg

南天(ナンテン)はメギ科ナンテン属の常緑低木である。
お多福南天(オタフクナンテン)はその園芸品種で矮性種である。
樹高は30~60センチくらいである。
葉は羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、向かい合って生える(対生)。
小葉の形は披針形(笹の葉のような形)である。
南天(ナンテン)と違って実はつかない。
見所は鮮やかに紅葉する葉である。
常緑樹なので、秋から翌年の春まで紅葉を楽しめる。
「難を転ずる」縁起木でもあり、人気がある。
属名の Nandina は南天(ナンテン)の和名に基づいてつけられ、
種名の domestica は「国産の」や「家庭の」を意味する。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Nandina domestica 'Otafukunanten'


★葉の色は燃え立つように美しく
 温もり招くお多福南天
d0125765_7514892.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2011-12-22 07:54 | 観葉植物 | Trackback | Comments(0)