<   2011年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

メキシコ朝顔(メキシコアサガオ)

d0125765_13554251.jpg

メキシコ朝顔(メキシコアサガオ)はヒルガオ科サツマイモ属の蔓性一年草である。
原産地はメキシコである。
日本では逸出したものが野生化している。
草丈は3メートルくらいになる。
葉はほこ形だが、切れ込まないものもある。
開花時期は8~9月である。
紅紫色をした漏斗状の花をつける。
花径は15~20ミリくらいと小さい。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Ipomoea はギリシャ語の「ips(芋虫)+homoios(似た)」からきている。物に絡みついて這い登る性質からから名づけられた。
種小名の trifida は「3つに分かれた」という意味である。
写真は9月に木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Ipomoea trifida


★朝顔と言うには少し小さいな
 薩摩芋の花こんならしいよ
d0125765_1356191.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





[PR]
by sikino-hana | 2011-09-30 13:58 | 秋の花

ルドベキア・トリロバ

d0125765_9483129.jpg

ルドベキア・トリロバはキク科オオハンゴンソウ属の多年草である。
種小名の読み方は「トリローバ」とするものもある。
原産地は北アメリカである。
和名は三葉大反魂草(ミツバオオハンゴンソウ)という。
別名を大三葉反魂草(オオミツバハンゴンソウ)という。
日本へは昭和時代の初期に渡来した。
栽培されていたものが逸出し、北海道から沖縄にかけて野生化している。
草丈は80~150センチくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
茎の下部につく葉は3つくらいに裂ける。
開花時期は6~10月くらいである。
枝分かれした先に1つずつ花(頭花)をつける。
花の真ん中にある筒状花はこげ茶色をしている。
周りにつく舌状花は8枚で、黄色ないしオレンジ色である。
花径は3センチくらいである。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
日本では園芸品種のタカオ(Takao)が流通している。
属名の Rudbeckia はリンネの後援者「ル-ドベック(Rudbeck)父子」の名からきている。
種小名の triloba は「三片の」という意味である。
写真は9月に木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Rudbeckia triloba


★仲間には図太いやつもいるけれど
 可憐な花は花壇に似合い
d0125765_9485443.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





[PR]
by sikino-hana | 2011-09-29 09:50 | 秋の花

蛍柴胡(ホタルサイコ)

d0125765_811094.jpg

蛍柴胡(ホタルサイコ)はセリ科ミシマサイコ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の岩場や草地に生える。
海外では、朝鮮半島、中国、シベリア東部にも分布する。
草丈は50センチくらいである。
根際から生える葉は長い楕円形である。
茎につく葉は幅の広い披針形で、茎を抱く。
開花時期は8~10月くらいである。
茎先や葉の脇から複数の散形花序(たくさん枝が出て、先に1個つずつ花がつく)を組み合わせて出し、黄色い小さな花を群がってつける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Bupleurum はギリシャ語の「bous(牡牛)+pleuron(肋骨)」からきている。葉のつき方の様子から名づけられた。
種小名の longiradiatum は「放射状に長い」という意味である。
変種名の elatius は「より背の高い」という意味である。
写真は9月に氷見市海浜植物園で撮った。
学名:Bupleurum longiradiatum var. elatius


★繊細な花の姿が目を奪う
 不思議なるかな蛍柴胡は
d0125765_812892.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





[PR]
by sikino-hana | 2011-09-28 08:03 | 秋の花

姫金水引(ヒメキンミズヒキ)

d0125765_8522724.jpg

姫金水引(ヒメキンミズヒキ)はバラ科キンミズヒキ属の多年草である。
北海道の南西部から鹿児島県の屋久島にかけて分布し、山地の谷沿いや林の中に生える。
海外では、韓国の済州島にも分布する。
草丈は40~80センチくらいである。
葉は羽状複葉である。
下部は5~7枚の小葉、上部は3枚の小葉で1組となる。
小葉の形は楕円形で、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8~9月である。
茎先に細長い穂状の総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、近縁種の金水引(キンミズヒキ)よりも小さな黄色い5弁花を疎らにつける。
花びらも細く、雄しべの数も少ない。
萼片は5枚である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Agrimonia はギリシャ語の「argemone(アザミゲシ属)」からきている。棘が多くて似ているためだが、転用する際に綴りを間違えたという。
種小名の nipponica は「日本の」という意味である。
写真は8月に日光植物園で撮った。
学名:Agrimonia nipponica


★ほっそりと伸びた花穂にぱらぱらと
 小花をつける姫金水引
d0125765_8525469.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





[PR]
by sikino-hana | 2011-09-27 08:59 | 秋の花

富士薊(フジアザミ)

d0125765_7351254.jpg

富士薊(フジアザミ)はキク科アザミ属の多年草である。
日本固有種である。
本州の関東地方と中部地方に分布し、山地から亜高山にかけて砂礫地や河原などに生える。
フォッサマグナ要素の植物の1つである。
和名の由来は、富士山の周辺に多いことからきている。
日本産のアザミの中では最も大きな花をつける。
草丈は60~100センチくらいである。
茎の上につく葉は小さく、下へいくほど大きくなる。
根際から生える葉は羽状に大きく切れ込む。
どの葉にも縁には鋭い棘がたくさんある。
開花時期は8~9月である。
茎の上部で少しだけ枝分かれをし、先に大きな花(頭花)を下向けにつける。
花の色は紅紫色で、大きなものは花径10センチにも達する。
花は筒状花が集まったもので、総苞(花序全体を包む葉の変形したもの)は球形である。
総苞片は反り返り、縁には棘状の毛が生える。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Cirsium はギリシャ語の「cirsos(静脈腫)」からきている。静脈腫に薬効のある植物につけられた名が転用された。
種小名の purpuratum は「紅紫色の」という意味である。
写真は10月に六甲高山植物園で撮った。
学名:Cirsium purpuratum


★富士薊大きな花を持て余し
 垂れる頭(こうべ)は地面睨んで
d0125765_7353032.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





[PR]
by sikino-hana | 2011-09-26 07:37 | 秋の花

蜂蜜草(ハチミツソウ)

d0125765_11183167.jpg

蜂蜜草(ハチミツソウ)はキク科ハネミギク属の多年草である。
原産地は北アメリカである。
1960年代に養蜂用の蜜源植物として北海道へ導入された。
1980年代から長野県などに野生化し、道ばたや草地、林の縁などに生える。
現在では全国的に帰化しているが、数は少ないという。
草丈は100~150センチくらいである。
全草に短くて硬い毛が生える。
茎は円柱形で狭い翼が5つくらいある。
葉は細長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
茎の下部では向かい合って生え(対生)たり、3枚が輪のようになって生え(輪生)たりする。
葉の先は尖り、縁には鈍いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の両面に毛が生えていてざらつく。
開花時期は7~10月である。
茎先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、花径4センチくらいの黄色い頭花をたくさんつける。
舌状花は3~8枚で、反り返り下を向く。
花の後にできる実は扁平なそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)で翼がある。
和名を羽実菊(ハネミギク)という。
これは実に翼があるところからつけられた名である。
属名の Verbesina は属名の「Verbena(クマツヅラ属)」の変形である。
種小名の alternifolia は「互生葉の」という意味である。
写真は7月に軽井沢町植物園で撮った。
学名:Verbesina alternifolia


★寄って来る蜂はまだかと羽実菊
 蜂蜜のもとたくさんあるよ
d0125765_11191728.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





[PR]
by sikino-hana | 2011-09-25 11:21 | 秋の花

メキシカンブッシュセージ

d0125765_9115759.jpg

メキシカンブッシュセージ(Mexican bush sage)はシソ科アキギリ属の多年草(半低木)である。
メキシカンセージ(Mexican sage)とも呼ぶ。
原産地は北アメリカから中南アメリカにかけてで、ポピュラーな観賞用ハーブである。
別名をアメジストセージ(amethyst sage)という。
ベルベットセージ(velvet sage)と呼ばれることもある。
草丈は100~150センチくらいである。
茎の断面は四角形で、2年目から下部は木質化する。
葉は長い披針形(笹の葉のような形)で、十の字状に向かい合って生える(十字対生)。
葉には軟毛が生えており、先は鋭く尖る。
葉の色は淡い緑色で、よい香りがする。
開花時期は9~11月である。
短日植物で、日差しが短くなると花を開く。
茎先に10~30センチくらいの総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を斜めに出し、唇形の花をつける。
萼は紅紫色で、ビロード状の軟毛に覆われている。
花の色は白いものと紫色のものがある。
雄しべは5本あるが、そのうちの3本は退化している。
雌しべは1本で、先は2つに裂ける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
葉を乾燥させたものを生薬でセージ葉といい、芳香性健胃薬とされる。
属名の Salvia はラテン語の「salvare(治療)」からきている。薬用になるものが多いことから名づけられた。
種小名の leucantha は「白い花の」という意味である。
写真は10月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Salvia leucantha


★ビロードがぽんと弾けて顔を出す
 紅紫は夕陽に染まり
d0125765_9121625.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





[PR]
by sikino-hana | 2011-09-24 09:14 | 秋の花

矢の根梵天花(ヤノネボンテンカ)

d0125765_106437.jpg

矢の根梵天花(ヤノネボンテンカ)はアオイ科ヤノネボンテンカ属(パポニア属)の常緑低木である。
原産地は南アメリカである。
日本へ渡来した時期は不明である。
日本でも帰化していて、道ばたなどに生える。
草丈は100~150センチくらいである。
茎は下部でよく枝分かれをして、横に広がる。
葉はくさび形で矢じりの形に似ている。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
この葉の形が「矢の根」の名の由来になっている。
「梵天」は婆羅門天のことだが、同時に山伏の峰入り行列の先頭に立てたりする御幣(ごへい)をも意味する。
花の形をこの「梵天」に見立てたものであろう。
同じアオイ科に梵天花(ボンテンカ)という花がある。
開花時期は8~9月である。
花径は5~7センチくらいで、花びらは白く真ん中が濃い赤褐色をしている。
また、花びらの裏側にはきれいな濃い赤色の筋が入っている。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
別名を高砂芙蓉(タカサゴフヨウ)という。
属名の Pavonia はスペインの植物学者「パボン(J. A. Pavon)さん」の名からきている。
種小名の hastata は「鉾形の」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Pavonia hastata


★あっさりと咲いているよな振りをして
 花の裏には綺麗な模様
d0125765_1063554.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





[PR]
by sikino-hana | 2011-09-23 10:09 | 秋の花

リコリス・アフリカーナ

d0125765_8541881.jpg

リコリス・アフリカーナはヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。
異名をリコリス・アウレアという。
原産地は香港や中国の南部などである。
アフリカーナの名は、南アフリカ産と誤認されてつけられたようである。
草丈は50センチくらいである。
根際から生える葉は線形で、開花と同時に展開する。
葉の先は鋭く尖り、裏面は粉白色を帯びる。
葉は翌春に枯れる。
開花時期は9~10月である。
花の色はクリーム色で、上向きに咲く。
花被片は6枚で強く反り返り、雄しべと雌しべが突き出る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
鍾馗水仙(ショウキズイセン)の名でも流通しているが、鍾馗水仙(ショウキズイセン)の学名は Lycoris traubii で本種とは異なる。
属名の Lycoris はギリシャ神話の海の女神「リコリス(Lycoris)」の名からきている。花の美しさを称えて名づけられた。
種小名の africana は「アフリカの」という意味である。
写真は9月につくば植物園で撮った。
学名:Lycoris africana(=Lycoris aurea)


★あれこれは鍾馗蘭かと見紛うて
 違いを知れば楽しさ広がり
d0125765_855967.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





[PR]
by sikino-hana | 2011-09-22 08:57 | 秋の花

匙面高(サジオモダカ)

d0125765_9121163.jpg

匙面高(サジオモダカ)はオモダカ科サジオモダカ属の多年草である。
漢字では「匙沢瀉」とも書く。
北海道から本州の中部地方にかけて分布し、水田や池沼などに生える。
海外では、朝鮮半島や中国の東北部にも分布する。
草丈は50~80センチくらいである。
根際から生える葉には長い柄があり、楕円形(さじ形)である。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は6~10月くらいである。
雌雄同株である。
花径2センチくらいの白い3弁の単性花をつける。
茎の上部につくのが雄花で、下部につくのが雌花である。
それぞれ3枚の花びらの真ん中に黄色い雄しべ、黄緑色の雌しべがつく。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
塊茎を生薬で沢瀉(たくしゃ)といい、利尿剤などに用いられる。
属名の Alisma はギリシャ語で「海水(alis)」からきているとの説がある。
種小名の plantago-aquatica は「オオバコ属に似た水生の」という意味である。
変種名の orientale は「東方の」という意味である。
写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Alisma plantago-aquatica var. orientale


★面高を区別するのはむずかしい
 どんな葉なのか覚えていこう
d0125765_9123232.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





[PR]
by sikino-hana | 2011-09-21 09:32 | 秋の花