<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

花筏(ハナイカダ)

d0125765_583915.jpg

花筏(ハナイカダ)はミズキ科ハナイカダ属の落葉低木である。
北海道の南部から九州にかけて分布し、やや湿り気のある林の中に生える。
海外では、朝鮮半島、中国にも分布する。
樹高は1~2メートルである。
葉は長さ6~12センチくらいの長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には芒(のぎ:イネなどの小穂に見られる針のような棘)状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5~6月である。
葉の表面の中央に淡い緑色をした3~4弁の小さな花をつける。
雌雄異株である。
雄株では葉の上に数個の雄花が集まってつく。
雄しべは3~4本ある。
雌株には雌花が通常は1個、稀に2~3個つく。
雌しべは1本で、柱頭は4つに裂ける。
花の後にできる実は直径7~9ミリの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で黒く熟し、甘味がある。
和名の由来は、葉の上に載った花や実を筏に乗った人に見立てたものである。
若い芽は食用になる。
また、葉や果実つきの葉は生薬名を青莢葉(せいきょうよう)といい、下痢止めの薬効がある。
ママッコ、嫁の涙(ヨメノナミダ)などの別名がある。
属名の Helwingia はドイツの牧師「ヘルウィング(G. A. Helwing)さん」の名からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は5月に日比谷公園の野草展(むさしの山草会)で撮った。
学名:Helwingia japonica


★葉の上に鎮座まします花筏
 どうなってるのと首をかしげて
d0125765_59112.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2011-05-31 05:10 | 夏の花

アーリーセンセーション

d0125765_9412922.jpg

紫陽花(アジサイ)はユキノシタ科アジサイ属の落葉低木である。
分類体系によってはアジサイ科とされる。
日本原産の額紫陽花(ガクアジサイ)の改良品種の総称である。
アーリーセンセーション(Early Sensation)もそんな園芸品種の1つである。
特徴は開花時期が比較的早く、また花の色の変化を楽しめることである。
樹高は1~2メートルである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の色は艶のある淡い緑色で、葉脈がはっきりしている。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月である。
梅雨の時期と重なる。
一般に花と言われている部分は装飾花で、花びらのように見えるのは萼である。
花の色はピンクから紫色へと変化する。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名の macrophylla は「大きな葉の」という意味である。
品種名の Early Sensation は「早い感動」という意味である。
写真は6月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Hydrangea macrophylla 'Early Sensation'


★早々と梅雨の走りに花開き
 濡れて見せよう自在の変化
d0125765_9414990.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2011-05-30 09:42 | 夏の花

ロサ・カニナ

d0125765_10451542.jpg

ロサ・カニナはバラ科バラ属の落葉低木である。
ヨーロッパから西アジアにかけて分布し、普通に生える。
また、ローズヒップを生産するために栽培される。
イギリスで野薔薇といえばこの花を指すという。
英名はドッグローズ(dog rose)である。
樹高は1~3メートルくらいである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
弓なりに広がる枝には棘がある。
開花時期は5~6月である。
花径は4センチくらいで、一重咲きである。
花の色は白ないしピンクである。
結実期は9~10月である。
赤く熟した偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)にはビタミンCが多く含まれる。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
種小名の canina は「犬の、ごく普通の」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Rosa canina


★さり気なきドッグローズの花姿
 野にあるがよし薔薇と言えども
d0125765_10453028.jpg
d0125765_1045448.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2011-05-29 10:46 | 夏の花

白蝶草(ハクチョウソウ)

d0125765_617922.jpg

白蝶草(ハクチョウソウ)はアカバナ科ヤマモモソウ属の多年草である。
原産地は北アメリカである。
日本へは明治時代の中期に渡来した。
逸出したものが一部で野生化している。
草丈は80~100センチくらいである。
茎は細くて直立し、花の時期には弓なりになる。
根際から生える葉は披針形(笹の葉のような形)で、ロゼット状である。
茎につく葉は互い違いに生える(互生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5~11月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い4弁花をつける。
花の色は桃色のものもある。
花径は2~3センチである。
一日花で、下から順に咲き上がる。
雄しべは8本である。
雌しべは1本で、柱頭は4つに裂ける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
別名を山桃草(ヤマモモソウ)という。
属名のガウラでも流通している。
属名の Gaura はギリシャ語の「gauros(立派な)」からきている。
種小名の lindheimeri はドイツ人の植物学者「リンドハイマー(F. Lindheimer)さんの」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Gaura lindheimeri


★くるくると回る思いは風車
 夢に羽ばたく彼方めざして
d0125765_6173456.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2011-05-28 06:18 | 夏の花

二色空木(ニシキウツギ)

d0125765_9273749.jpg

二色空木(ニシキウツギ)はスイカズラ科タニウツギ属の落葉低木である。
日本固有種である。
北海道の南西部から九州にかけての太平洋岸に分布し、山地に生える。
樹高は1~3メートルである。
若い枝には毛が生えている。
葉は細長い卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の裏面には葉脈に沿って毛が生える。
開花時期は5~6月である。
葉の脇や枝先に2~3輪ずつ、白い漏斗形の花をつける。
花は淡い黄色を帯びており、花冠の先は5つに裂ける。
花は咲き進むと紅色に変わる。
初めから花の色が紅色のものもあり、紅花二色空木(ベニバナニシキウツギ)と呼ばれる。
花の後につく実は硬い円筒形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、11月ころに熟して裂ける。
同じように花の色が変化するものに箱根空木(ハコネウツギ)がある。
こちらは太平洋側の海岸に近い傾斜地に生える。
若い枝には毛が生えないなどの違いがあるが、中間型のものもあって区別しにくいという。
属名の Weigela はドイツの科学者「ウェイゲル(Weigel)さん」の名からきている。
種小名の decora は「美しい」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Weigela decora


★名前だけ聞いていたけどこの花か
 二色空木をどう見分けるの
d0125765_9275671.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2011-05-27 09:28 | 夏の花

海桐(トベラ)

d0125765_851814.jpg

海桐(トベラ)はトベラ科トベラ属の常緑低木である。
太平洋側では岩手県以南、日本海側では新潟県以南の本州と四国、九州、沖縄に分布し、海岸の崖地などに生える。
また、公園、道路の緑化帯などに植えられる。
海外では、台湾や中国の広東省、福建省などにも分布する。
「海桐(かいどう)」は漢名である。
樹高は2~3メートルである。
葉は幅の狭い卵形で、枝先付近に集まって互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖らず、縁にぎざぎざはない(全縁)。
つけ根の部分は次第に幅が狭くなり、縁はわずかに肥厚している。
質は厚く、表面は艶があり、裏面は灰色を帯びる。
開花時期は5~6月である。
雌雄異株である。
枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、白い5弁花をつける。
花の後につく実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、熟すと黒褐色になって3つに裂ける。
中の種子は赤く、粘り気のある物質に包まれている。
別名を扉の木(トビラノキ)ともいう。
節分の日に扉にはさんで魔よけをする風習があったことに由来する。
そのトビラがトベラに転訛したようである。
俳句では、「海桐の花」が夏の季語である。
属名の Pittosporum はギリシャ語の「pitta(黒いねばねばした)+spora(種子)」からきている。種子が真っ黒で艶があり粘着性のあることから名づけられた。
種小名の tobira は「トベラ」のことである。
花の写真は5月につくば植物園で撮った。
実の写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Pittosporum tobira


★束になり生える葉っぱの真ん中に
 海桐の花は埋もれるように
d0125765_853611.jpg

d0125765_86714.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2011-05-26 08:07 | 夏の花

谷空木(タニウツギ)

d0125765_8502517.jpg

谷空木(タニウツギ)はスイカズラ科タニウツギ属の落葉低木である。
北海道の西部から本州にかけて分布し、山地の谷間や渓流沿いに生える。
海外では、中国や朝鮮半島にも分布する。
樹高は2~3メートルくらいである。
地際から良く枝分かれをし、株立ち状となる。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には低いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉には艶があり、裏面には白い毛が生える。
幹や枝が中空になっていることから「空木」の名があるが、白い花を咲かせる空木(ウツギ)はユキノシタ科で、仲間が異なる。
開花時期は5~6月である。
葉の脇に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、漏斗状の淡いピンクの花を咲かせる。
花の色は変わらない。
萼片は5枚、雄しべは5本である。
雌しべの花柱は糸状で長く突き出ている。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Weigela はドイツの科学者「ウェイゲル(Weigel)さん」の名からきている。
種小名の hortensis は「庭園栽培の」という意味である。
写真は7月に尾瀬で撮った。
学名:Weigela hortensis


★清らかな水の流れがよく似合う
 谷空木の花鐘を鳴らして
d0125765_8504232.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2011-05-25 08:52 | 夏の花

月桃(ゲットウ)

d0125765_8464537.jpg

月桃(ゲットウ)はショウガ科ハナミョウガ属の常緑多年草である。
九州の南部から沖縄にかけて分布する。
海外では、台湾、中国、インドなどにも分布する。
「月桃」の名は台湾での現地名である。
沖縄では「サンニン」という。
英名はシェルジンジャー(shell ginger)である。
草丈は1~3メートルくらいである。
葉は楕円状の披針形(笹の葉のような形)で、長さは40~70センチ、幅は5~10センチくらいである。
葉の先は鋭く尖り、縁には密に毛が生える。
葉の表面には艶がある。
葉は爽やかな香りを放ち、防虫・抗菌作用がある。
そのため、沖縄ではご飯を包む料理に葉を使う。
また、様々な加工品に利用されている。
開花時期は4~7月である。
花茎を伸ばして総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径2センチくらいの白ないし淡いピンクを帯びた花をつける。
花冠は3つに裂け、黄色い唇弁の真ん中には赤い筋が入る。
花の後にできる実はさく果(熟すと果皮が裂開する果実)で、熟すと赤くなり、褐色の毛を密生する。
属名の Alpinia はイタリアの植物学者「アルピーニ(P. Alpini)さん」の名からきている。
種小名の zerumbet の意味はまだ解明できていない。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Alpinia zerumbet


★美ら島の暮らしに深く根づきたる
 月桃の花季節迎えて
d0125765_8471112.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2011-05-24 08:48 | 夏の花

大衝羽根空木(オオツクバネウツギ)

d0125765_11563811.jpg

大衝羽根空木(オオツクバネウツギ)はスイカズラ科ツクバネウツギ属の落葉低木である。
日本固有種である。
本州の東北地方南部から九州にかけて分布し、山地に生える。
和名の由来は、衝羽根空木(ツクバネウツギ)よりも大きな花を咲かせることからきている。
別名を雌衝羽根空木(メツクバネウツギ)という。
樹高は1~2メートルである。
樹皮は灰褐色をしている。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には不揃いなぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5~6月である。
花は長さ2~3センチの漏斗状で、先は唇形に裂ける。
花の色は白く、下の唇の内側に橙色の網状紋がある。
萼片は5枚で、そのうちの1枚が極端に小さい。
これが衝羽根空木(ツクバネウツギ)との区別点でもある。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Abelia はイギリス人の医師「アベル(C. Abel)さん」の名にちなむ。
種小名の tetrasepala は「萼片が4つある」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Abelia tetrasepala


★アベリアの仲間で大きな花咲かす
 萼を比べて違い確かめ
d0125765_11565968.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2011-05-23 11:58 | 春の花

アルカネット

d0125765_728820.jpg

アルカネット(alkanet)はムラサキ科ウシノシタグサ属の多年草である。
原産地はヨーロッパである。
日本へは明治時代の中期に渡来した。
属名のアンチューサの名でも流通している。
草丈は30~100センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
茎や葉には軟毛が生える。
葉には白い毛が生える。
開花時期は5~7月である。
茎先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、青紫色の花を密につける。
花冠の先は5つに深く裂けて横に開く。
萼片は5枚、雄しべは5本である。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
根は染料の原料となる。
また、根を煎じたものには去痰、浄血などの薬効がある。
花や葉はサラダやポプリにする。
属名の Anchusa はギリシャ語の「anchusa(化粧原料)」からきている。この属の1種の根が化粧原料とされた。
種小名の officinalis は「薬用の」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Anchusa officinalis


★柔らかな産毛たくさん生えている
 アルカネットは紫の花
d0125765_7283545.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2011-05-22 07:29 | 夏の花