<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ホヤ・インペリアリス

d0125765_5583814.jpg

ホヤ・インペリアリスはガガイモ科サクララン属(ホヤ属)の蔓性常緑多年草である。
ホヤ属は太平洋諸島から東南アジアインドにかけて分布し、200種くらいある。
日本には桜蘭(サクララン:Hoya carnosa)1種が沖縄に自生する。
本種の原産地はカリマンタン島である。
種名のインペリアス(imperialis)には「威厳のある」という意味があるが、ホヤ属の中では最大級の花をつける。
花の大きさは桜蘭(サクララン)の3倍くらいある。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉には柄があり、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない(全縁)。
葉は肉質で分厚い。
開花時期は5月から11月である。
茎先から散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、数輪の花をつける。
花冠は肉厚で光沢があり、5つに深く裂ける。
花びら(花冠の裂片)の先は尖る。
花の真ん中に白い副花冠があり、5つに裂けて開く。
花の色は紅紫色である。
白、桃色、オレンジ、赤のものもあるという。
国内で開花が見られるのは非常に稀だという。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯ドリームセンターで撮った。
学名:Hoya imperialis


★日本ではなかなか見られぬ花開く
 沖縄の地は晩秋なれど
d0125765_559078.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-11-30 06:00 | 秋の花

ローゼル

d0125765_7115813.jpg

ローゼル(Roselle)はアオイ科フヨウ属(ヒビスクス属)の多年草である。
園芸的には一年草として扱われる。
原産地は北アフリカである。
日本では沖縄でハーブとして栽培されている。
草丈は150センチから200センチくらいである。
茎は円筒状で赤紫色を帯びる。
直立し上部でよく枝分かれをする。
葉は手のひら状に3つから5つに深く裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は10月から12月である。
花の色は白ないし淡い黄色で、花の真ん中は紅紫色である。
花は一日花である。
花の後に赤い実がだんだんと大きく膨らむ。
実の外側の赤い萼の部分をむいて利用する。
ハイビスカスティーは利尿、疲労回復などの薬効がある。
ジャムやソースに加工されるほか、全草が様々な用途に利用されている。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Hibiscus sabdariffa


★南国の青空の下儚げに
 咲くローゼルは一日の花
d0125765_7121528.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-11-29 07:13 | 秋の花

小葉の有明葛(コバノアリアケカズラ)

d0125765_10435687.jpg

有明葛(アリアケカズラ)はキョウチクトウ科アリアケカズラ属(アラマンダ属)の常緑低木である。
原産地は南アメリカブラジルギアナなどで、海辺に生える。
小葉の有明葛(コバノアリアケカズラ)はその園芸品種である。
葉の小さいのが特徴である。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は革質で、楕円形である。
開花時期は5月から12月である。
花は黄色くて花筒部が長い漏斗形をしており、先は5つに裂ける。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Allamanda cathartica cv. Grandiflora


★きらめきがブルーの空によく似合う
 灼熱の地に臆すことなく
d0125765_10442584.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-11-28 10:46 | 秋の花

黄花夾竹桃(キバナキョウチクトウ)

d0125765_1032290.jpg

黄花夾竹桃(キバナキョウチクトウ)はキョウチクトウ科キバナキョウチクトウ属(テベティア属)の常緑低木である。
原産地は南アメリカである。
種小名の peruviana には「ペルーの」という意味がある。
日本では沖縄で露地栽培をされている。
樹高は1メートルから4メートルくらいである。
原産地では10メートルくらいになるという。
葉は長い披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉に柄はなく、革質で艶がある。
開花時期は4月から11月である。
筒状の黄花で先は5つに裂けるが縁が重なったようになり、完全には開ききらない。
花にはよい香りがある。
花の後にできる実は角張った黄緑色で、やがて黒く熟する。
乳白色の樹液には毒が含まれている。
写真は12月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Thevetia peruviana


★黄の花は開ききらずに散るけれど
 仄かな香りせめての想い
d0125765_1033859.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-11-27 10:05 | 秋の花

大白素馨(オオシロソケイ)

d0125765_5304437.jpg

大白素馨(オオシロソケイ)はモクセイ科ソケイ属の常緑蔓性低木である。
原産地はパプアニューギニアである。
樹高は60センチから120センチくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は6月から10月である。
暖地ではほぼ周年開花をする。
花は白い星形で、よい香りがする。
写真は12月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Jasminum nitidum


★星形というが何やら違ってる
 クラゲのような大白素馨
d0125765_531087.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-11-26 05:32 | 四季咲きの花

山丹花(サンタンカ)

d0125765_5445638.jpg

山丹花(サンタンカ)はアカネ科サンタンカ属(イクソラ属)の常緑小低木である。
原産地は中国南部やマレーシアである。
日本へは江戸時代に琉球を経由して渡来した。
樹高は20センチから100センチくらいである。
葉は長い楕円形で、向かい合ってつける(対生)。
葉は革質で濃い緑色をしており、やや艶がある。
開花時期は5月から8月である。
暖地では周年開花をする。
枝先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、赤い小さな花をたくさんつける。
花冠は皿形で、先が4つに裂ける。
多くの園芸品種があり、白、黄色、紅色、淡紅色、橙色などのものがある。
沖縄では三段花(サンダンカ)とする場合もある。
写真は12月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Ixora chinensis


★寄せ合ってボールのように丸くなり
 咲く山丹花葉は照り映えて
d0125765_5451665.jpg


花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-11-25 05:46 | 四季咲きの花

秋の忘れ草(アキノワスレグサ)

d0125765_6281219.jpg

秋の忘れ草(アキノワスレグサ)はユリ科ワスレグサ属(キスゲ属)の常緑多年草である。
本州の近畿地方南部から沖縄にかけて分布する。
海外では、台湾、中国にも分布する。
別名を常葉萱草(トキワカンゾウ)という。
沖縄方言では「クワンソー」という。
分類上は、野萱草(ノカンゾウ)の変種とされる。
草丈は60センチから80センチくらいである。
葉は線形で根際から生える。
開花時期は10月から11月である。
茎先に花被片6枚の黄橙色をした漏斗状の花をつける。
花は一日花である。
根茎は薬用とされる。
不眠症や食欲不振などに効くという。
また、花の蕾や葉、根などは、お浸しや味噌汁などに利用される。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Hemerocallis fulva var. sempervirens(=Hemerocallis sempervirens)


★南国に咲く忘れ草めずらしく
 じっと見つめる違いはどこと
d0125765_6283471.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-11-24 06:29 | 秋の花

小葉の莢迷(コバノガマズミ)

d0125765_953116.jpg

小葉の莢迷(コバノガマズミ)はスイカズラ科ガマズミ属の落葉低木である。
「迷」の字は正しくはクサカンムリがつくのだが仮に用いた。
日本固有種である。
本州の東北地方南部から九州にかけて分布し、山地の林の中などに生える。
樹高は2メートルから4メートルくらいである。
葉は細長い卵形で先が尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の柄は短く、葉は向かい合って生える(対生)。
葉の長さは4センチから10センチくらいの楕円形で、近縁種の莢迷(ガマズミ)に比べて小さい。
それが和名の由来にもなっている。
葉の表裏ともに星状毛(放射状に伸びる毛)が生えるのが特徴で、葉に触るとビロードのような感じがする。
開花時期は4月から5月である。
枝先に白い小さな花を密につける。
花序径は5センチくらいあって、花は横に平べったい感じにつく(散房花序)。
花径は5ミリくらいで、花冠の先が5つに裂け、その裂片が平たく開くので、5弁花のように見える。
雄しべは5本あり、花冠より長く突き出している。
実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、秋になると真っ赤に熟する。
実の写真は11月につくば植物園で撮った。
花の写真は5月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Viburnum erosum


★雨の中小さく白い花びらを
 精一杯に広げる姿
d0125765_96795.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-11-23 09:07 | 果実

野路菊(ノジギク)

d0125765_6492873.jpg

野路菊(ノジギク)はキク科キク属の多年草である。
兵庫県以西の本州と四国、九州に分布し、海に近い山野に生える。
栽培種の小菊(コギク)の原種の1つである。
草丈は50センチから90センチくらいである。
葉は幅広い卵形で、5つに中裂する。
葉は厚く、裏面には毛が密生して灰白色になる。
開花時期は10月から12月である。
舌状花の白い花(頭花)を咲かせる。
写真は12月に板橋区立赤塚植物園で撮った。
学名:Chrysanthemum japonense


★瀬戸内を眺めるように咲くという
 野路菊の花可憐に白く
d0125765_6494667.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-11-22 06:50 | 秋の花

花アナナス(ハナアナナス)

d0125765_7235165.jpg

花アナナス(ハナアナナス)はパイナップル科ハナアナナス属の多年草である。
学名のティランドシア・キアネアの名称も使われている。
学名の片仮名表記は「チランジア」とするものもある。
原産地は南アメリカである。
木の幹などに着生する。
葉は細長い線形である。
茎先につく苞(葉の変形したもの)は扁平でピンク色をしており、長持ちをする。
この苞から紫色の花を咲かせる。
花被片は6枚だが、外花被片3枚は小さくて見えないこともある。
花は一日花だが次々と咲く。
開花時期は周年である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Tillandsia cyanea


★鮮やかな苞もなかなかいいけれど
 花が開けばそこは南国
d0125765_7241420.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-11-21 07:25 | 四季咲きの花