<   2010年 03月 ( 40 )   > この月の画像一覧

李(スモモ)

d0125765_66494.jpg

李(スモモ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
原産地は中国である。
中国では桃とともに春の代表的な花として古来から愛されてきた。
日本へは奈良時代には渡来しており、大伴家持の歌が万葉集にも残されている。
樹高は5から10メートルくらいである。
葉は細長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は3月から4月である。
葉の展開に先立って白い五弁花をつける。
時期的には、「梅」が終わって「桜」が咲き出す寸前のころである。
葉のつけ根に、花径15から20ミリくらいの花を2、3輪ずつ密生して咲かせる。
花の後にできる実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、赤紫色ないし黄色に熟する。
実の酸味が強いことから「酢桃」とも書く。
生で食べるほか、ジャム、果実酒、乾果などに加工する。
俳句では、「李」が夏の季語、「李の花」が春の季語である。
花の写真は4月に市川市万葉植物園で撮った。
実の写真は6月に市川市万葉植物園で撮った。
学名:Prunus salicina


★春の陽にいといけなきはその姿
 李の花を君に見立てて
☆優しげな花びら揺らす李かな
 春風そよぐ君に抱かれ

d0125765_673021.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-03-31 06:08 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

早晩山(イツカヤマ)

d0125765_5555229.jpg

早晩山(イツカヤマ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
サトザクラ系の栽培品種である。
早晩桜(ソウバンザクラ)とも呼ばれる。
明治時代に桜の名所であった東京の荒川堤から全国に広まった品種である。
樹形は盃状で、横に拡がらない。
開花時期は4月である。
葉の展開と同時に花を咲かせる。
花弁数は10枚から15枚くらいで、八重咲きである。
花の色は白い。
花弁の先は2つに裂けて先が尖っている。
咲き進むと、花の真ん中から外側に向けて赤い線が出てくる。
写真は4月に神代植物公園で撮った。
学名:Prunus lannesiana cv. Sobanzakura


★名の由来調べてみたいいま少し
 遅かれ早かれ「いつか」に化けた?

d0125765_5562088.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-03-30 05:57 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

枝垂れ梅(シダレウメ)

d0125765_18502378.jpg

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
枝垂れ梅(シダレウメ)はその品種の1つである。
特徴は枝が垂れることである。
樹高は5から8メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は2月から3月である。
花の色には白や淡い紅色などのものがある。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Prunus mume form. pendula


★独特の風情を見せる枝垂れ梅
 大きく育てつくばの株も

d0125765_18504469.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-03-29 18:51 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

枝垂れ桜(シダレザクラ)

d0125765_8193535.jpg

枝垂れ桜(シダレザクラ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
本州から九州にかけて分布する。
海外では、朝鮮半島にも分布する。
江戸彼岸(エドヒガン)という品種の枝垂れ性のものの名称である。
枝垂れ桜(シダレザクラ)のほうが先に学名をつけられたので、江戸彼岸(エドヒガン)はその型の1つとされている。
別名を糸桜(イトザクラ)ともいう。
樹高は5~15メートルくらいである。
天然記念物に指定されているような巨木がたくさんある。
開花時期は4月上旬~中旬である。
小輪の一重咲きで、花の色は白か淡い紅色である。
八重咲きをする八重枝垂れ(ヤエシダレ)や紅色の濃い紅枝垂れ(ベニシダレ)などの園芸品種もある。
俳句の季語は春である。
写真は3月に神代植物公園で撮った。
学名:Prunus spachiana(=Prunus pendula)


★華やかに春爛漫を歌い上げ
 枝垂れ桜の春は短く

d0125765_8195147.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-03-28 08:20 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

入日の海(イリヒノウミ)

d0125765_6285660.jpg

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
入日の海(イリヒノウミ)はその栽培品種の1つである。
豊後系・豊後性のごく淡い紅色をした一重咲きの大輪(花径30から40ミリ)である。
花は下向き気味に咲く。
開花時期は2月から3月である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Prunus mume cv. Irihinoumi


★ごく淡い色を入日に喩えたる
 花は一重で雄しべの目立ち

d0125765_6291553.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-03-28 06:30 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

紅縮緬(ベニチリメン)

d0125765_656948.jpg

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
紅縮緬(ベニチリメン)はその栽培品種の1つである。
豊後系・豊後性の淡い紅色をした一重咲きの大輪(花径30から40ミリ)である。
遅咲きの品種である。
椿にも同じ名前の園芸品種がある。
開花時期は3月から4月である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Prunus mume cv. Benichirimen


★桜かと見紛うような紅縮緬
 遅咲きなれば尚更のこと

d0125765_6565990.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-03-27 06:57 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

片栗(カタクリ)

d0125765_4455659.jpg

片栗(カタクリ)はユリ科カタクリ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の林の中に生える。
海外では、朝鮮半島や中国、サハリンにも分布する。
草丈は10~20センチくらいである。
種子が地中に入ってから8年ほどの間は花をつけない片葉の状態が続き、それからやっと2枚の葉を出して開花する。
葉の形は長い楕円形ないし卵形である。
葉は厚くて軟らかい。
葉の色は淡い緑色で、暗い紫色や白い斑が入るものが多い。
開花時期は3月から4月である。
茎先に1つずつ下向きに淡い紅紫色の花をつける。
花被片は6枚で、上に向かって強く反り返る。
ただし、反り返るのは日中の陽射しがあるときで、夕方には傘のように閉じる。
花被片のつけ根の部分にはW字形をした濃い紫色の斑が入る。
雄しべは6本、雌しべは1本である。
花の色が白いものもあり、白花片栗(シロバナカタクリ)という。
花を咲かせた後、5月ころには葉も枯れて、地中で球根のまま休眠する。
昔は片栗粉の原料とされたが、今はジャガイモ、サツマイモにとって代わられて、本物の片栗粉は薬局でしか手に入らないという。
病後の滋養用に使われているそうである。
俳句では「片栗の花」が春の季語である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Erythronium japonicum


★柳腰揺らし片栗一人咲き
 かげろうような命火燃やし
☆儚げな片栗の花出会えたる
 妖精の君永久に変わらず

d0125765_4461489.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-03-27 04:47 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

蝶の花形(チョウノハナガタ)

d0125765_5545827.jpg

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
蝶の花形(チョウノハナガタ)はその栽培品種の1つである。
系・性は不明である。
桃色をした八重咲きの中輪(花径20から25ミリ)である。
椿にも同じ名前の園芸品種がある。
開花時期は2月から3月である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Prunus mume cv. Chounohanagata


★どこをどう蝶の姿に見立てたか
 ちょっと不思議な思いに駆られ

d0125765_5552168.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-03-26 05:56 | 春の花 | Trackback | Comments(0)

文殊(モンジュ)

d0125765_625631.jpg

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
文殊(モンジュ)はその栽培品種の1つである。
野梅系・難波性の淡い桃色をした八重咲きの中輪(花径20から25ミリ)である。
難波性の特徴は枝が細かく出ることである。
開花時期は2月から3月である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Prunus mume cv. Monju


★かすかだが色づき咲いた花姿
 夢の儚さ重ねるごとく

d0125765_631197.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-03-25 06:04 | 春の花 | Trackback | Comments(1)

鴇の羽重(トキノハガサネ)

d0125765_5451022.jpg

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
鴇の羽重(トキノハガサネ)はその栽培品種の1つである。
野梅系・紅筆性の淡い桃色をした八重咲きの中輪(花径20から25ミリ)である。
椿にも同名の園芸品種がある。
開花時期は2月から3月である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Prunus mume cv. Tokinohagasane


★ほんのりと染まるピンクが愛らしく
 触れたくなるね鴇の羽重

d0125765_5452750.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2010-03-24 05:46 | 春の花 | Trackback | Comments(0)