<   2008年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

薙刀香需(ナギナタコウジュ)

d0125765_66864.jpg

薙刀香需(ナギナタコウジュ)はシソ科ナギナタコウジュ属の一年草である。
漢字の「需」の字には正しくは「クサカンムリ」がつく。
北海道から九州にかけて分布し、日当たりのよい野原などに生える。
海外では、朝鮮半島、中国、シベリアなどにも分布する。
草丈は30~60センチくらいである。
茎は断面が四角形で直立し、上部でやや枝分かれをする。
全体に軟毛が生える。
葉は長めの卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は9~10月である。
茎先に太い花穂を出し、淡い紫色の唇形をした花を片側だけに密につける。
この様子を「薙刀」に見立てたのが名の由来である。
茎葉を乾燥させたものを生薬で香需(こうじゅ)といい、解熱、発汗、利尿などの薬効がある。
全草に精油を含み、強い香りがある。
写真は10月に箱根の仙石原で撮った。
学名:Elsholtzia ciliata


★個性ある花の姿で顔を出す
 秋の野原の薙刀香需

d0125765_663258.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2008-10-31 06:08 | 秋の花

アノダ・クリスタータ

d0125765_559847.jpg

アノダ・クリスタータはアオイ科アノダ属の多年草である。
原産地は北アメリカ、中央アメリカである。
草丈は60~120センチくらいである。
葉は三角形で、互い違いに生える(互生)。
葉と茎には粗い毛が生える。
開花時期は6~11月である。
葉の脇に淡い赤紫色の5弁花を1つずつつける。
花は一日花である。
花はつけ根のところで雄しべとくっつき、5本の雄しべも合着して筒状になる。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Anoda cristata


★一日の命なれども次々と
 花を咲かせて霜下りるまで

d0125765_5594851.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2008-10-30 06:01 | 秋の花

大文字草(ダイモンジソウ)

d0125765_6101261.jpg

大文字草(ダイモンジソウ)はユキノシタ科ユキノシタ属の多年草である。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山地の湿った岩場などに生える。
海外では、朝鮮半島、中国、サハリンなどにも分布する。
草丈は10~40センチくらいである。
根際から生える葉は円形で、手のひら状に粗く切れ込む。
葉には長い柄があり、つけ根の部分は心形である。
開花時期は9~11月である。
茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白い花を疎らにつける。
花弁は5枚で、そのうちの2枚がほかよりも長く「大」の字に似ている。
雄しべは10本、雌しべは2本である。
山野草としても人気があり、鉢花として出回っている。
花の色も赤、桃、白などがあり、多くの園芸品種がある。
写真は9月に日光植物園で撮った。
俳句の季語は秋である。
学名:Saxifraga fortunei var. incisolobata


★岩肌にへばりつき咲くその姿
 どこかユニーク大股開き

d0125765_6104118.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2008-10-29 06:11 | 秋の花

綿(ワタ)ドワーフ・コットン

d0125765_5505397.jpg

綿(ワタ)ドワーフ・コットンはアオイ科ワタ属の多年草である。
木立綿(キダチワタ)系の園芸品種で、(株)サカタのタネから発売されている。
草丈20~25センチで咲き始める矮性品種である。
園芸上は一年草として扱われる。
原産地はインド、パキスタンである。
草丈は20~60センチくらいである。
開花時期は8~10月である。
花径4センチくらいの黄色い5弁花で、花の真ん中が赤褐色をしている。
花は一日花である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
ひと月くらいで熟して裂開し、白い綿毛が露出する。
写真は9月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Gossypium cv. Dwarf Cotton


★綿だって園芸用になるんだよ
 ドワーフの名もどこか可愛く

d0125765_5512418.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2008-10-28 05:52 | 秋の花

屋久島大文字草(ヤクシマダイモンジソウ)

d0125765_68720.jpg

屋久島大文字草(ヤクシマダイモンジソウ)はユキノシタ科ユキノシタ属の多年草である。
鹿児島県屋久島の固有品種である。
標高1000m以上の湿った岩上に生える。
分類上は、団扇大文字草(ウチワダイモンジソウ)の型の1つとされている。
草丈は5~10センチくらいである。
根際かせ生える葉は直径1センチくらいで小さい。
葉は5回くらい切れ込み、つけ根の部分が心形なのが特徴である。
開花時期は9~10月である。
茎の上部に散状花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、白い小さな花をたくさんつける。
花は短い花弁3枚と長い花弁2枚とで大の字に見える。
写真は10月に箱湿生花園で撮った。
学名:Saxifraga fortunei var. obtusocuneata form. minima


★小ささに目を細め見る花なれど
 自然の姿見るは難題
d0125765_682920.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2008-10-27 06:17 | 秋の花

沖縄雀瓜(オキナワスズメウリ)

d0125765_992341.jpg

沖縄雀瓜(オキナワスズメウリ)はウリ科オキナワスズメウリ属の蔓性一年草である。
吐加羅列島から沖縄にかけて分布し、林の縁で木に絡みつく。
海外では、熱帯から亜熱帯にかけて広く分布する。
葉は心形で、長さと幅はともに10センチくらいである。
手のひら状に5つから7つに裂ける。
裂片は卵形ないし卵状披針形で、先は鋭く尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は周年である。
花は葉の脇につき、雌雄同株である。
花径は1センチくらいで、色は淡い黄緑色である。
実は球形の液果(水分を多く含み中に種が1つある)で、径は2センチくらいである。
赤や緑、茶色に白い縦縞模様が入る。
若芽は食用にする。
根や果実は有毒である。
花の写真は7月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
実の写真は9月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Diplocyclos palmatus(=Bryonopsis laciniosa)


★三色のベースの色にストライブ
 お洒落な模様とても似合って

d0125765_910585.jpg

d0125765_9102620.jpg

d0125765_9104650.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2008-10-26 09:12 | 四季咲きの花

黄胡蝶(オオゴチョウ)

d0125765_7534376.jpg

黄胡蝶(オオゴチョウ)はジャケツイバラ科ホウオウボク属の常緑低木である。
マメ科ジャケツイバラ属に分類する場合もある。
漢字では「大胡蝶」とも書く。
鳳凰木(ホウオウボク)と似るが、本種のほうが小振りである。
原産地は西インド諸島である。
カリブ海の小国バルバドスでは国花とされている。
また、沖縄では三段花(サンダンカ)、梯梧(デイゴ)とともに三大名花とされ、「県の花」に指定されている。
樹高は2~3メートルである。
枝分かれは少なく、幹には鋭い棘がある。
葉は2回羽状複葉である。
羽状複葉というのは、鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成されるもののことである。
それが、もう1回枝分かれをして1枚の葉となる。
合歓の木(ネムノキ)の葉に似て柔らかい感じがする。
開花時期は6~10月だが、暖地では周年開花をする。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、赤橙色の花をつける。
雄しべと花柱(雌しべ)が長く突き出しており、蝶が群舞しているように見える。
それが名の由来でもある。
鮮黄色の花を咲かせるものもあり、黄花の黄胡蝶(キバナノオオゴチョウ)と呼ばれる。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
実や根は染料とされる。
英名はピーコックフラワー(peacock flower)である。
写真は10月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Poinciana pulcherrima(=Caesalpinia pulcherrima)


★陽射し浴び燃え立つ赤が舞う如く
 黄胡蝶咲く楽園の地に

d0125765_7541984.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2008-10-25 07:56 | 秋の花

黄花黄耆(キバナオウギ)

d0125765_695954.jpg

黄花黄耆(キバナオウギ)はマメ科ゲンゲ属の多年草である。
原産地は朝鮮半島や中国大陸で、石灰岩地に生える。
根を乾燥させたものを生薬の黄耆(おうぎ)といい、強壮、制汗、利尿作用などがある。
草丈は60~100センチくらいである。
茎は枝分かれをして伸び、株状となる。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形である。
葉の裏面には白い毛が生える。
開花時期は7~10月くらいである。
葉の脇から花茎を伸ばし、淡い黄色の蝶形をした花をたくさんつける。
花の長さは15~20ミリくらいである。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
写真は10月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Astragalus membranaceus


★漢方の奥の深さを感じつつ
 黄花黄耆の姿見詰めて

d0125765_6102119.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2008-10-24 06:11 | 秋の花

細葉野菊(ホソバノギク)

d0125765_616427.jpg

細葉野菊(ホソバノギク)はキク科シオン属の多年草である。
本州の和歌山県と三重県に分布し、熊野川支流域の湿った岩の上に生える。
別名を紀州菊(キシュウギク)という。
環境省のレッドデータブックでは、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧ⅠA類(CR)に登録されている。
草丈は30~60センチくらいである。
茎に毛は生えていない。
葉は幅の狭い披針形で、互い違いに生える(互生)。
葉には艶があり、葉脈がへこむ。
開花時期は8~10月くらいである。
花径2センチに満たない小さな白い花(頭花)をつける。
学名:Aster sohayakiensis


★めずらしい花に出合えた幸運に
 胸ときめかせシャッターを切る

d0125765_617170.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2008-10-23 06:18 | 秋の花

ラベンダーミント

d0125765_604493.jpg

ラベンダーミント(lavender mint)はシソ科ハッカ属の多年草である。
分類上は、西洋薄荷(セイヨウハッカ)の園芸品種とされる。
草丈は30~50センチくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は7~10月くらいである。
葉の脇に淡い紫色をした花を球状に数段つける。
花はラベンダーに似た強い香りがする。
香料、ティー、ポプリなどに利用される。
写真は10月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Mentha piperita cv. Lavendula


★美しい姿に誘われ近寄れば
 強い香りが辺りに漂い

d0125765_61450.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2008-10-22 06:02 | 秋の花