<   2008年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

杜鵑蘭(トケンラン)

d0125765_7314338.jpg

杜鵑蘭(トケンラン)はラン科サイハイラン属の多年草である。
北海道から四国にかけて分布し、山地のやや湿った林の中に生える。
海外では、朝鮮の済州島にも分布する。
環境省のレッドデータブックでは、「ⅠA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
草丈は20~40センチくらいである。
地下にある球形の偽球茎が地下茎でつながる。
葉は長い楕円形で、偽球茎から1枚ないし2枚生える。
葉は紫色の斑点のあるものが多い。
開花時期は5~6月である。
花茎を出し、黄褐色の花を疎らに数輪つける。
花は上向きか横向きに半開状につく。
萼片と側花弁は黄褐色をした線形で、暗い紫色の斑点がある。
唇弁は白く、紅紫色の斑点がある。
「杜鵑」はホトトギスのことで、葉の斑をホトトギスの胸などの斑に譬えたものである。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Cremastra unguiculata


★薄闇にひっそり咲いた杜鵑蘭
 地味な配色目映く見えて
d0125765_732877.jpg

花図鑑
[PR]
by sikino-hana | 2008-05-31 07:32 | 夏の花

紫千代萩(ムラサキセンダイハギ)

d0125765_6202693.jpg

紫千代萩(ムラサキセンダイハギ)はマメ科ムラサキセンダイハギ属の多年草である。
原産地は北アメリカである。
日本では園芸植物として栽培されるほか、各地で野生化している。
草丈は70~120センチくらいである。
地下茎が這って伸びる。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は楕円形である。
葉の裏面には軟毛が生え、白っぽい。
開花時期は5~8月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、青紫色をした蝶形の花をつける。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Baptisia australis


★うららかな千代萩の舞い姿
 一目見たしと足を運びて

d0125765_6204961.jpg

花図鑑
[PR]
by sikino-hana | 2008-05-30 06:21 | 夏の花

連理草(レンリソウ)

d0125765_6135334.jpg

連理草(レンリソウ)はマメ科レンリソウ属の多年草である。
本州から九州にかけて分布し、河原など湿った草地に生える。
海外では、朝鮮半島、中国、ロシアのシベリア東部、アムール地方、ウスリー地方などにも分布する。
「連理」とは男女の深く睦まじい契りのことであり、葉の様子を譬えたものである。
草丈は30~80センチくらいである。
茎は直立し、両側に翼がある。
葉は羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、先は巻きひげとなって絡みつく。
小葉の形は披針形で、3対くらいつく。
開花時期は5~6月である。
葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、紅紫色の蝶形をした花を5~8輪くらいつける。
花の長さは2センチくらいである。
萼片は5枚である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Lathyrus quinquenervius


★名ばかりを聞いて覚えた連理草
 やっと出合いの時を迎えて
d0125765_6141518.jpg

花図鑑
[PR]
by sikino-hana | 2008-05-29 06:14 | 夏の花

柳虎の尾(ヤナギトラノオ)

d0125765_6161677.jpg

柳虎の尾(ヤナギトラノオ)はサクラソウ科オカトラノオ属の多年草である。
北海道から本州の中部地方にかけて分布し、低地や山地の湿地に生える。
和名の由来は、葉を「柳」に譬え、花序の様子を「虎の尾」に譬えたものだが、本種の花序はそれほど長くはない。
草丈は30~80センチくらいである。
葉は披針形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5~7月くらいである。
葉の脇から短い総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄色い小さな花を密につける。
花冠は長さ5ミリくらいで、6つに深く裂ける。
雄しへは6本、雌しべは1本である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Lysimachia thyrsiflora


★咲く姿見つけられずに見過ごせば
 妻がしっかりフォローをして

d0125765_6164411.jpg

花図鑑
[PR]
by sikino-hana | 2008-05-28 06:17 | 夏の花

豆軍配薺(マメグンバイナズナ)

d0125765_5445070.jpg

豆軍配薺(マメグンバイナズナ)はアブラナ科グンバイナズナ属の越年草である。
原産地は北アメリカである。
日本へは明治時代の中期に渡来した。
日本各地に帰化しており、道端や荒れ地などに普通に生える。
草丈は20~60センチくらいである。
茎は直立し、毛は生えていない。
根際から生える葉はへら形で、羽状に裂ける。
根際から生える葉は花期には枯れる。
茎につく葉は披針形で、互い違いに生える(互生)。
茎につく葉の先は尖らず、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5~6月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い小さな花をたくさんつける。
花弁は4枚で十字状となる。
萼片は4枚で、お椀のような形である。
実は軍配のような形をしている。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Lepidium virginicum


★雑草と思えぬような花姿
 こんもり咲けば笑みもこぼれて
d0125765_5451374.jpg

花図鑑
[PR]
by sikino-hana | 2008-05-27 05:45 | 夏の花

毛空木(ケウツギ)

d0125765_674798.jpg

毛空木(ケウツギ)はスイカズラ科タニウツギ属の落葉低木である。
関東地方の西部から中部地方にかけて分布し、山地に生える。
富士山の周辺などに見られるフォッサマグナ要素の植物の1つである。
樹高は2~4メートルくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には低いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の両面には毛が生えている。
開花時期は5~6月である。
葉の脇に長さ3センチくらいの濃い紅色をした漏斗状の花を数輪ずつつける。
花の先は5つに裂けている。
雄しべは5本である。
長い雌しべが花冠から突き出している。
二色空木(ニシキウツギ)とよく似ているが、花の色で区別できる。
なお、藪空木(ヤブウツギ:Weigela floribunda)の別名を「毛空木」とする場合もあるが、本種とは異なる。
写真は5月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Weigela sanguinea


★限られた地域に育ちつ毛空木の
 花は色濃く産毛きらめき

d0125765_681442.jpg

花図鑑
[PR]
by sikino-hana | 2008-05-26 06:08 | 夏の花

犬芥子(イヌガラシ)

d0125765_8354331.jpg

犬芥子(イヌガラシ)はアブラナ科イヌガラシ属の多年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、野原、畦道、道端などに普通に生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国、インド、フィリピンなどにも分布する。
草丈は10~50センチくらいである。
茎は赤みを帯びている。
全草に毛はない。
根際から生える葉は長い楕円形で、羽状に裂けて地表に広がる。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
茎につく葉は粗いぎざぎざ(鋸歯)のある披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は4~9月である。
枝先に花径4~5ミリの黄色い小さな十字花を総状(柄のある花が花茎に均等につく)につける。
花弁は4枚、萼片も4枚である。
雄しべは6本で、そのうち4本が長い。
雌しべは1本である。
実は円柱形の長角果である。
名の由来は、芥子菜(カラシナ)に似るが食用にならないというところからきている。
写真は5月に市川万葉植物園で撮った。
学名:Rorippa indica


★雑草の親分なのさ犬芥子
 数で勝負と野を彩って

d0125765_836833.jpg

花図鑑
[PR]
by sikino-hana | 2008-05-25 08:36 | 夏の花

小豆梨(アズキナシ)

d0125765_5385688.jpg

小豆梨(アズキナシ)はバラ科ナナカマド属の落葉高木である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の斜面などに生える。
海外では、中国にも分布する。
和名の由来は、実が梨(ナシ)に似て小さいというところからきている。
別名を秤の目(ハカリノメ)ともいう。
樹高は10~15メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は鋭く尖り、縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
葉の表面は緑色、裏面は淡い緑色である。
葉にははっきりとした側脈がある。
開花時期は4~6月である。
枝先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、白い小さな花をたくさんつける。
花径は10~15ミリくらいで、花弁数は5枚である。
写真は5月に埼玉県立花と緑の振興センターで撮った。
学名:Sorbus alnifolia


★びっしりと白い花つけ小豆梨
 実のなるころにまた来てみてね

d0125765_5392197.jpg

花図鑑
[PR]
by sikino-hana | 2008-05-24 05:40 | 夏の花

透かし田牛蒡(スカシタゴボウ)

d0125765_6072.jpg

透かし田牛蒡(スカシタゴボウ)はアブラナ科イヌガラシ属の越年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、道端や畦などやや湿った場所に生える。
海外では、北半球に広く分布する。
草丈は20~50センチくらいである。
茎はよく枝分かれをする。
根際から生える葉は羽状に切れ込み、不規則なぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の間から田が透かして見えるというのが和名の由来である。
葉のつけ根の部分はやや茎を抱く。
開花時期は5~7月くらいである。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄色い小さな花をつける。
花径は3~4ミリと小さく、4弁花である。
花の後にできる実は円柱形のころりとした長角果である。
写真は5月に埼玉県三郷市で撮った。
学名:Rorippa islandica


★小さくて撮ってみなけりゃわからない
 この実の形透かし田牛蒡

d0125765_603447.jpg

花図鑑
[PR]
by sikino-hana | 2008-05-23 06:01 | 夏の花

姫萱草(ヒメカンゾウ)

d0125765_69418.jpg

姫萱草(ヒメカンゾウ)はユリ科ワスレグサ属の多年草である。
原産地ははっきりしない。
中国の東北部ないしロシアのアムール地方と言われている。
日本では江戸時代から植栽されてきた。
分類上は、蝦夷萱草(エゾカンゾウ)の基本種とされている。
草丈は30~80センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
開花時期は5~6月である。
茎先に花径5~7センチくらいの黄橙色の花をつける。
花被片は6枚である。
和名の由来は、全体に小型というところからきている。
写真は5月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Hemerocallis dumortierii


★北の地の生まれらしいとわかるけど
 姫萱草は謎多き花

d0125765_693142.jpg

花図鑑
[PR]
by sikino-hana | 2008-05-22 06:10 | 夏の花