カテゴリ:コニファー( 2 )

沼杉(ヌマスギ)

d0125765_16184499.jpg

沼杉(ヌマスギ)はヒノキ科ヌマスギ属の落葉高木である。
分類体系によってはスギ科とされる。
原産地は北アメリカで、湿地に生える。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver. 2.3, 1994)では軽度懸念(LC)に指定されている。
メタセコイアに似るが、膝根(しっこん)という呼吸根を地上に出すのが特徴である。
和名の由来は、沼などの湿地に生える杉に似た樹木ということから名づけられた。
別名を落羽松(ラクウショウ)という。
この名は、鳥のような羽根を持ち、落葉する松に似た樹木ということでつけられた。
樹高は10~20メートルくらいである。
枝から出る側枝に、扁平な線形の葉が互い違いに生える(互生)。
メタセコイアの場合は向かい合って生える(対生)。
秋には側枝ごと落葉する。
雌雄同株である。
開花時期は4月である。
雄花序は尾状になり、雌花序は小さく目立たない。
花の後にできる実は球形の球果(マツカサ)である。
若い緑色の実はメタセコイアよりも大きく目立つ。
10~11月ころに緑白色から褐色に熟す。
材は器具材、船舶材、建築材などに利用される。
属名の Taxodium はギリシャ語の「Taxus(イチイ属)+eidos(似る)」からきている。
種小名の distichum は「2列になった」という意味である。
写真は7月に水戸市植物公園で撮った。
学名:Taxodium distichum

★めずらしい姿かたちの落羽松
 つまずきそうな膝根伸ばし

d0125765_16192604.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング


[PR]
by sikino-hana | 2013-12-05 16:22 | コニファー

島南洋杉(シマナンヨウスギ)

d0125765_6211015.jpg

島南洋杉(シマナンヨウスギ)はナンヨウスギ科ナンヨウスギ属(アローカリア属)の常緑高木である。
オーストラリアのノーフォーク島のみに自生する。
現地では樹高が60メートルにも達する。
アローカリア属は南アメリカ、ポリネシア、オーストラリアなどに約15種がある。
マツ属やモミ属に似ているが、雌雄異株であることが大きな違いである。
ピラミッド型の美しい樹形となる。
成長は遅く、毎年新しい枝を輪生状に一層増やすだけである。
別名を小葉の南洋杉(コバノナンヨウスギ)という。
英名はノーフォーク・アイランド・パイン(Norfolk island pine)である。
写真は11月に沖縄県沖縄市の東南植物楽園で撮った。
学名:Araucaria heterophylla


★暖かい土地が大好きすくすくと
 育てば見事な樹形となりて

d0125765_6212914.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2009-01-08 06:21 | コニファー