<< ナルキッスス・ブルボコディウム鯛釣草(タイツリソウ) >>

マグノリア・バルカン


マグノリア・バルカンはモクレン科モクレン属の落葉高木である。
1990年にニュージーランドで作出された。
木蓮(モクレン)と白木蓮(ハクモクレン)を交雑させたものを更紗木蓮(サラサモクレン)というが、その仲間の1つである。
樹高は5~10メートルくらいである。
開花時期は4月である。
紅色の大輪の品種で、セミダブルの花の形が美しい。
花は白木蓮(ハクモクレン)の形質を受け継いで丸みを帯びており、キャンベリータイプと呼ばれる。
花はよい香りがする。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
Magnolia x soulangeana cv. Vulucan


★バルカンは味わい深い色をして
 形もいいよ香りもいいよ


花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
■  [PR]
by sikino-hana | 2009-04-05 06:36 | 春の花 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sikihana.exblog.jp/tb/9555044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ナルキッスス・ブルボコディウム 鯛釣草(タイツリソウ) >>