<< アネモネ 喇叭花(ラッパバナ) >>

椿寒桜(ツバキカンザクラ)

d0125765_9194252.jpg

椿寒桜(ツバキカンザクラ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
原木は愛媛県松山市の伊予豆比古命(いよずひこのみこと)神社(別名は椿宮)にある。
支那実桜(シナミザクラ)と寒緋桜(カンヒザクラ)の交雑種と考えられている。
樹高は5~10メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、葉の縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
開花時期は3月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
花径は3センチくらいの中輪である。
蕾の色は紅色である。
花は一重で、濃くて明るい桃色をしている。
花弁の形は卵形で、内側に曲がる。
散り際には花芯が赤みを増す。
写真は2月に埼玉県立花と緑の振興センターで撮った。
Prunus x introrsa cv. Introrsa


★咲く花は小さいけれど鮮やかな
 紅の眩しき椿寒桜

d0125765_920017.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by sikino-hana | 2009-03-01 09:22 | 春の花
<< アネモネ 喇叭花(ラッパバナ) >>