<< 春虎の尾(ハルトラノオ) 水仙(スイセン)アイスフォーリス >>

黄花甘菜(キバナアマナ)

d0125765_541687.jpg

黄花甘菜(キバナアマナ)はユリ科キバナノアマナ属の多年草である。
黄花の甘菜(キバナノアマナ)とも言う。
北海道から本州の中部地方にかけて分布し、日が当たる草むらや土手などに生える。
名の由来は甘菜(アマナ)に似て黄花種であることからきている。
草丈は15センチくらいである。
葉は幅の広い線形で茎よりも長い。
開花時期は2~4月である。
茎の上部に花柄を何本か出し、その先に1つずつ花をつける。
花柄の長さは不揃いである。
アマナ属の甘菜(アマナ)は茎の先に1つの花しかつけない。
このため属が異なる。
花びらの外側はやや緑色をしている。
花柄の下に小さな葉があり、これが包である。
写真は3月に川口グリーンセンターで撮った(植栽)。
学名:Gagea lutea


★北国で陽射し求めて咲くという
 黄花甘菜は花柄を伸ばし

d0125765_5413544.jpg

花図鑑
[PR]
by sikino-hana | 2008-03-19 05:42 | 春の花 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sikihana.exblog.jp/tb/7516565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 春虎の尾(ハルトラノオ) 水仙(スイセン)アイスフォーリス >>