<< アカシア・ロンギフォリア ボーモンティア・グランディフローラ >>

桃色凌霄(モモイロノウゼン)

d0125765_11744.jpg

桃色凌霄(モモイロノウゼン)はノウゼンカズラ科タベブイア属の常緑高木である。
原産地はメキシコ、ベネズエラ、エクアドルなどである。
エルサルバドルでは国花とされている。
学名のタベブイア・ロセアで示すものもある。
樹高は10~30メートルくらいである。
葉は手のひら状の複葉で、向かい合って生える(対生)。
小葉は長い楕円形で、5枚で1セットとなるる
葉の質は角質で先は丸く、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は1~3月くらいである。
葉の脇から円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、ピンクの漏斗状の花をつける。
花冠は長さが6~8センチで、先は5つに裂ける。
花の後にできる実は円筒形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Tabebuia はブラジルでの現地名からきている。
種小名の rosea は「バラ色の」という意味である。
写真は3月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Tabebuia rosea


★皺皺でピンクの花が可愛いよ
 高い樹に咲く桃色凌霄
d0125765_1172489.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by sikino-hana | 2013-03-03 11:08 | 冬の花 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://sikihana.exblog.jp/tb/17920652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Rodrigo at 2016-02-15 07:43 x
*タベブイア・インペティギノーサとタベブイア・ロセア(モモイロノウゼン)の花の見分け方

タベブイア・インペティギノーサ(Tabebuia impetiginosa) は、花の喉元が黄色(固体によって濃淡がある)で、変化に富んだ色彩です。花付きのよいものは房状に咲くので見栄えがする。メキシコ~アルゼンチン北部にかけて広範囲に分布。

タベブイア・ロセア(Tabebuia rosea モモイロノウゼン)は、どちらかというと皺の多い淡いピンクの花で、花冠の外周が丸みがかっていています。花の喉元が白っぽくてその奥が淡い黄色。メキシコ南部~南米北部に分布。


<< アカシア・ロンギフォリア ボーモンティア・グランディフローラ >>