<< 薊芥子(アザミゲシ) イソトマ >>

蔓小桜(ツルコザクラ)

d0125765_10142929.jpg

蔓小桜(ツルコザクラ)はナデシコ科サボンソウ属の多年草である。
原産地はヨーロッパである。
アルプス山脈の標高2300メートルまでの地帯に分布し、岩礫地に生える。
学名のサポナリア・オキモイデスで表示するところもある。
英名はロックソープワート(rock soapwort)である。
ワートというのは草のことで、他の単語と合成して用いられることが多い。
ソープワートはサボン草(サボンソウ)のことである。
全草にサポニンを含み、石鹸がわりに使われる。
草丈は10~20センチくらいである。
よく枝分かれをし、匍匐して広がる。
葉は細長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は5~7月である。
花径1センチくらいの桃色の5弁花を株いっぱいに咲かせる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Saponaria はラテン語の「sapo(石鹸)」からきている。粘液質の汁が水に溶けると泡が出ることから名づけられた。
種小名の ocymoides は「メボウキ属(Ocimum)に似た」という意味である。
写真は5月に六甲高山植物園の野草展で撮った。
学名:Saponaria ocymoides


★岩肌を這って縄張り広げ咲く
 蔓小桜の花は桃色
d0125765_10152552.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by sikino-hana | 2012-06-23 10:18 | 夏の花 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sikihana.exblog.jp/tb/16118564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 薊芥子(アザミゲシ) イソトマ >>